(9月3日 追記有り)

    トマトは全て撤収しちゃいました。微肥料土耕の泉州水ナスも撤収。

    R0014189.jpg R0014190.jpg
    で、トマトの発芽テスト
    今年は7品種のトマトを栽培しましたが、ショコラは形質が違っていたので採種せず。
    他の6品種のタネを8粒ずつ、8月20日に催芽スタート
    上の写真は昨日(8月23日)の撮影
    アロイは5粒、プチぷよF6は8粒全て発根

    R0014191.jpg
    これも昨日(8月23日)の撮影
    ジャーマン・ジャイアントが3粒、パープル・バンブル・ビーが1粒だけ発根

    R0014192.jpg
    今日(8月24日)の撮影
    ジャーマン・ジャイアントが4粒、パープル・バンブル・ビーは6粒が発根してます。
    でも、リドルタとプラムレモンが全く発根してません。

    --- 9月3日 追記 --------
    催芽スタートから2週間、最終的に
    アロイ、プチぷよF6、パープル・バンブル・ビーは8粒全て発根
    ジャーマン・ジャイアントは7粒、リドルタは3粒だけ発根
    プラムレモンは全く発根しませんでした。また後日テストしよう。
    ---追記ここまで----------

    R0014185.jpg
    ついでに、ナスの採種果

    R0014186.jpg R0014187.jpg
    賀茂ナスの採種果は1果だけで良かったのですが、ついつい採り遅れてしまったのを
    残して各株から1果ずつ。でも、タネを残すのは大きいだけかな?

    R0014188.jpg
    泉州水ナスは微肥料土耕2代目の採種果

    ナスはもうしばらく室内で追熟してから採種します。
    R0014179.jpg R0014181.jpg
    一番背が高い株の草丈が150cmくらいになりました。
    でも、生長点付近に葉っぱが無い。

    R0014182.jpg R0014183.jpg R0014184.jpg
    他の3株は、左から約120cm、約130cm、約140cmで花も咲かせているのですが、
    140cmの株の生長点付近にも葉っぱが無い。
    いつもはもっと背が高くなってからって思ったんだけど、過去記事を見ると楊貴妃も
    島オクラも八丈オクラも、主枝の天辺の葉っぱが無くなるのは確かにもっと背が高く
    なってから。でも、時期的には8月下旬から9月上旬頃なのでこんなもんなのかなぁ?
    品種説明の通り、白い丸莢オクラは他の丸莢品種よりも背が低くめってことですね。

    これまでの収穫数は4株合計で83本。う~ん、今年は途中で大規模な落蕾があって、
    その分だけ昨年の同時期(楊貴妃)よりも少ない。
    とりあえず来年も白い丸莢オクラかなぁ。
    R0014177.jpg R0014178.jpg
    十六ササゲは7月12日から収穫をしてますが、初収穫の記事も書かないまま
    既に最盛期をチョット過ぎたかも?(^^;

    R0014174.jpg
    最近はあまり長くならないまま莢の中の豆が膨らんで来ちゃってます。
    既に採種用の完熟莢も。

    R0014175.jpg
    採種は60cmくらいの長い莢から。
    R0014162.jpg R0014166.jpg
    あっカマキリっと思ったら、その前方にはテントウムシが・・・。
    で、テントウムシが自分でカマキリに近づいて・・・、あ~あ、捕まっちゃった。
    う~ん、益虫同士はやめて欲しい。まあ仕方がないけど。
    採り遅れてしまった1本を採種果に。

    R0014167.jpg R0014168.jpg
    その採種果のすぐ上の節は14日に収穫してますが、その上から7節続けて落蕾。

    R0014163.jpg R0014164.jpg
    今の草丈はちょうど1mくらい。
    やっとまた天辺のツボミも充実してきて、また花も咲き始めました。

    R0014170.jpg R0014171.jpg R0014172.jpg
    他の株も同じ様に6節・7節・7節が落蕾してしまいました。
    10日に4本、14日に1本を収穫してから収穫が止まってます。(これまでに24本を収穫)
    4株合わせて27節が落蕾なので、これまでに収穫した本数以上に落蕾。orz
    いつも収穫が始まる前にはそれなりに落蕾するけど、それでもこんなに多くはない。
    1株で数本以上を収穫した後のこれだけの落蕾なんて初めて。

    養液槽が空に近かった事は有っても、葉っぱがグッタリする程の失敗はしてないし、
    養液濃度もそんなに酷い状態で放置した事も無いと思うんだけど・・・。
    6月前半の平均気温が5月後半よりも低い日が多かった所為なのか?
    原因が何であれ、今年が良くなかったのか?この品種が環境に敏感なのか?
    でも、やっと復活してきたかな?
    R0014158.jpg
    ハダニが酷かったキュウリですが、7月6日にコロマイトを散布してから半月

    R0014157.jpg
    半月だと蔓下ろしを40~50cmくらいしてますかねぇ?
    株元はいつもの様にグルグル巻きになってきました。

    R0014156.jpg
    下の方の葉っぱもだいぶ綺麗になり、ぼちぼち収穫もしてます。
    今日までに千成F7が30本+35本、千成F6は35本+39本。4株の合計で139本。
    5月25日から収穫が始まって6月末で116本なので、7月の21日間では23本だけ(^^;

    R0014152.jpg R0014151.jpg
    そして、待望の雄花です。これは千成F7。
    じつは・・・、昨日も雄花が3輪咲いてました。人工授粉の最適時刻は8~10時頃なのに
    雄花に気付いたのが午後になってから。もう大失敗。(左写真はその花がら)
    で、今日は1輪だけ(^^;

    R0014154.jpg
    とりあえず人工授粉

    R0014153.jpg
    千成F6にも雄花が1輪

    R0014155.jpg
    こちらも人工授粉

    昨年採種のF7のタネは残り3粒だけ。今年F7からの採種に失敗しちゃったら来年は
    もうあとが無く、来年も失敗したらF6に逆戻り。
    なんとかF8になるタネが採れればいいんだけど、せめてF7になるタネを再採種したい。