上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    R0014698.jpg
    台風が通過して翌々日。万願寺とうがらしが昨日よりも更に落葉してます。

    R0014700.jpg
    赤く熟した万願寺は酸味があってあまり好きじゃないのに、ほとんどが赤くなって
    しまうほど収穫をサボっているくらいなので、まあ終了でもいいけど(笑)

    R0014696.jpg R0014697.jpg
    今年はほとんどブログに登場してませんが、香川本鷹も今日になって落葉。
    垂れ下がった枝には葉っぱがほとんど無い。
    こちらもほとんどが真っ赤になっているので終了かな。

    昨日よりも今日の方が何故こんなに状態が悪いのか?
    雨が降った翌日の晴天でグッタリすることはよくあるが落葉まではしない。
    昨日は晴天で、いつもだと2Lのペットボトル養液槽が1日でほぼ空になるのに
    今日の朝に給水しようと思ったらほとんど減ってなかった。
    原因はたぶん酸欠で根腐れ。基本的にうちはブクブク有りのドブ漬け水耕。
    それが22時間も停電していたのでエアレーションもストップ。
    雨が養液槽に入って満水状態でブクブクも22時間無し。

    で、トウガラシの耐水性について検索したら下記の資料がありました。
    広島県の農業資料「露地・施設野菜における湛水・冠水害について」の一部を抜粋
    kansui_hiroshima.jpg
    トウガラシはピーマンと同様だと思うので1日で被害。22時間はほぼ1日だよね。
    1日と言っても、同じ欄のトマトやキュウリは下記の別表だと7~8時間になって
    いるので、トウガラシ類も短いかも?

    熊本県の農業資料「長雨・豪雨に伴う農作物技術対策」の一部を抜粋
    kansui_kumamoto.jpg
    この表だとメロンが7~8時間なので、マクワウリも同じくらいだろうなぁ。

    R0014702.jpg R0014703.jpg
    白い丸莢オクラも昨日よりも更に、かなりの葉っぱが落ちてしまいました。
    オクラの資料はよくわからないのですが、酸欠に弱そうな感じです。

    台風による被害と言うか、台風が原因の停電による2次被害ですね。
    9月4日の日没前には既にほとんど雨も降っておらず、そのタイミングで養液槽の水を
    抜いて、半分くらいの根っこを水中から出してあげればよかったのかなぁ?
    でも水道が使えなかったので、ベランダの片付けとかも含めて、手が汚れる作業は
    極力したくなかったんだよなぁ(^^;

    R0014701.jpg
    山科ナスは台風の風の被害も少なかったし、その後の酸欠の影響もなさそうです。
    関連記事
    この記事へのコメント
    hiroさんこんばんは。
    台風による塩害かもしれませんね。海水を含んだ水滴が乾燥すると、そこに塩の結晶が析出して、降雨条件で結晶が融解して浸透圧で葉が萎んでいったと推測します。浸透圧に変化を生じさせる結晶性物質(塩類)が葉に付着している可能性があれば丁寧に洗い流した方が良かったのかも知れません。

    青唐辛子もそうですがトマトの葉も塩害には弱いです。重曹オイルで葉を枯らした経験と実績があります(自慢)。1000ppmほどの重曹でも析出して結晶が融解すると葉が萎びて落ちました。海水の塩分濃度の1/30の水でも水滴が乾燥すれば植栽の種類によっては葉が萎れる可能性が高まります。
    2018/09/07(金) | osamu [ 編集]
    【osamuさん】
    なるほど、塩害かぁ。
    葉っぱを洗うと言っても水が出なかったし・・・。
    水道が使える様になってからでも、階下に水を撒き散らすわけにもいかないので、
    ベランダでは難しいですね。
    風が弱くなってから、もっと雨が降ってくれていたら良かったのかな?(笑)
    ちょうど今、凄く雨が降ってます。洗い流してくれるかな?でももう遅いか?
    2018/09/07(金) | hiro [ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://oyasai00831.blog.fc2.com/tb.php/856-af8efcf7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック