上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    R0014636.jpg
    南ベランダのトマトとキュウリ
    連日の猛暑でベランダでの作業をしたくない。とりあえず給水だけはしているが、
    ほとんど放置していたので・・・

    R0014637.jpg R0014638.jpg
    トマトがハダニだらけで、特にプチぷよF7が酷い状態。

    R0014639.jpg
    キュウリもハダニだらけで、葉っぱも小さいまま大きくならず。

    とりあえずコロマイト散布しておきました。
    関連記事
    この記事へのコメント
    ウチもハダニの天国と化していました。お久しぶりです。

    今日、アロイトマトと甘トウ2種、接木ナス、イタリアンパセリに粘着くんもどきを散布しました。
    空芯菜は収穫を兼ねて風呂場でシャワーでしたね。

    アロイトマトがとんでもなく大株なので、狭いベランダで飛沫がたくさんかかることもあり、
    化学農薬は使えませんので、全部まとめて、粘着くんもどきを動噴で15リットル撒きました。
    ハンドスプレーだと半分も使わないんだけど、デンプンだしタダみたいな物だから、動噴で豪快に。
    サビダニの被害が止まらなければ、イオウフロアブルを使う予定です。
    2018/08/26(日) | osamu [ 編集]
    【osamuさん】
    お久しぶりです。
    最近はブログ更新をサボっていて、写真だけ撮ってブログは後日に書こうって感じで、
    先週分でまだ書いてない記事が有るのですが・・・(近日中には書くつもり)(^^;
    で、じつはすぐにまたハダニがぶり返してしまったので、台風20号が来る前にトマトも
    キュウリも全て撤収しちゃいました。

    ほんとハダニは厄介ですよねぇ。
    卵から親ハダニになってまた卵を産むまでのサイクルが10日くらいらしいので、回数
    制限が無い気門封鎖系や、葉水だけでも毎週定期的にちゃんとやってればだいぶ抑え
    られるんじゃないかとは思っているのですが、「今日は風が強い」「今日は暑い」と
    ついついサボってしまって・・・。

    イオウフロアブルはうどんこ病対策で使うことが有るのですが、イオウフロアブルを
    使うとアザミウマが凄く増えませんか?たぶんアザミウマの天敵も退治してしまうん
    でしょうねぇ。
    2018/08/27(月) | hiro [ 編集]
    粘着くんもどきの致死率はハダニで95%程度、甘トウについていたハダニはほぼ見られなくなりましたが、
    ナスのハダニは復活の呪文があるみたいです。誘引する匂いでもあるのかな。

    一方、トマトサビダニは脱皮前の活動休止期になっていたようで活動が止まってしまいました。明らかに
    死んでいるものは3割程度です。ちなみに薬害は発見できませんでした。
    アーリーセーフなどの油系の気門封鎖系農薬だとその強力な浸透性が仇となって薬害が出て、甘トウは吸汁の
    被害を受けた葉に薬害を激発し落葉が酷くなります。

    粘着くんもどきの散布でトマトサビダニがどこまで減らせるか、無謀な戦いが続きます(笑い
    がしかし、ナスには殺ダニ剤を散布する予定です(笑い

    >イオウフロアブルを使うとアザミウマが凄く増えませんか?たぶんアザミウマの天敵も退治してしまうんでしょうねぇ。

    粘着くんもどきでも、カブリダニ類は死んでしまいますので、害虫激発時は致し方のないこととして諦めています。
    2018/08/27(月) | osamu [ 編集]
    【osamuさん】
    やっぱり致死率とかちゃんとしっかり観察しないとダメですねぇ。
    私はもう適当だから(^^;
    特に夏は暑くて収穫すらササッと終わらせたくて、ゆっくり観察なんてしてないから
    蔓延してから慌てて・・・、もう後手後手です(笑)
    ハダニとアザミウマもうイヤ、居なくなってくれ~!
    2018/08/27(月) | hiro [ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://oyasai00831.blog.fc2.com/tb.php/849-aed7555d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック