1年前に作りかけていた循環式の栽培槽。その時の記事は、
     循環式装置の作成、その1
     循環式装置の作成、その2
    RV-BOXの770Fと770Dを2年以上前に購入して、やっと稼動させました(^^;

    R0013671.jpg
    (12月1日の状態)
    左からハンサムレッド、フリルアイス、ハンサムグリーン、サニーレタスを3株ずつ。
    それと、紅法師(ミズナ)と小松菜は6株ずつ。全部で24株。
    株間7cmはチョット狭い?

    R0013672.jpg
    根っこ側はこんな感じ。

    R0013674.jpg
    で、防虫ネットと保温ビニール(穴あき)を被せてます。

    R0013677.jpg R0013678.jpg
    RV-BOXのフタは周りが2~3mm高くなっているので、雨が降ったら雨が溜まります。
    そのまま穴を開けただけだと中に雨水が入ってしまうので、苗をセットする箇所には
    呼び径16のバルブソケット(雄ねじ)と水栓ソケット(雌ねじ)を使って水が入らない様に
    してます。間に挟むOリングは内径19.8mmを使用。
    バルブソケットは1cmほど短くしています。

    R0013679.jpg
    バルブソケットは途中で細くなっているので、スポンジ培地が落ちてしまうことは
    ありません。ただ、そのままだと右端の様にチョット奥に入り過ぎ?ってことで
    1cmほど切断したのが真ん中の状態。

    R0013657.jpg
    エアリフト3段上げの給水側
    まあエアリフトなのでドバドバ流れ出る様な流量では無い。

    R0013658.jpg R0013659.jpg
    排水側には根っこが流れ込まない様に防草シートを巻いてますがどうでしょう?
    輪切りのペットボトルは、水面の水が直接排水されるんじゃなくてペットボトル内に
    底から流れ込んで排水される様にする為です。

    R0013692.jpg R0013693.jpg
    下の養液タンクの水位確認は、排水側からチューブを入れてサイホン式
    (赤矢印が今の水位)
    床面から約15cmの高さで25L、約12cmの高さで20L、約6cmより低くなるともう上の
    栽培槽には送水できなくなるレベルです。
    ブレブレですが・・・、普段は右写真の様にしてます。

    R0013684.jpg
    今日(12月4日)の状態。11月30日にセットしたレタス類は大丈夫そうですが、

    R0013683.jpg
    でも、12月1日にセットしたミズナとコマツナの昨日(12月3日)の状態。ヤバい(^^;
    11月30日と12月1日は曇天で、レタスはセット翌日が曇天でした。
    でも12月2日と3日はメッチャ晴天で、ミズナとコマツナにはきつかった様です。

    R0013685.jpg
    今日(12月4日)の状態。(今日は午後から雨)
    昨日よりは少し回復しているのでは・・・?

    R0013661.jpg
    LED栽培棚の11月29日の状態。ゴチャゴチャ。

    R0013676.jpg
    で、一部の苗を屋外に出した事と、ミズナとコマツナの大きな葉っぱを収穫して、

    R0013680.jpg
    LED栽培棚の12月1日の状態。スッキリ。
    関連記事
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://oyasai00831.blog.fc2.com/tb.php/747-1f75d7aa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック