R0012403.jpg
    フィレンツェ(VIOLETTA DI FIRENZE)

    R0012354.jpg R0012404.jpg
    19日に、左の株の1番果の肥大が進まない。と書きましたが、大きくなってきました。
    たぶんここからは早いのでは・・・?

    R0012352.jpg R0012405.jpg
    右の株の1番果は、19日(左写真)から6日後の今日(25日)にはこの大きさ。
    一気にデカくなりました。

    R0012406.jpg
    柵の隙間は10.5cm、もう余裕がありません(笑)

    R0012407.jpg
    2・3番果もたぶん着果しているのでは?
    右が主枝、左が1番果直下の側枝(第2主枝)で2本仕立てのつもりだけど、立性が強くて
    ゴチャゴチャになりそう。無理にY字に広げようとすると折っちゃいそうで・・・(^^;

    R0012415.jpg R0012418.jpg
    体重362g、ウエスト35cm、1番果なのに・・・(^^;

    R0012417.jpg
    4日間の肥大量が判るグラデーション(笑)
    まだまだ同じ調子で肥大しているので、もっと大きくなれるんでしょうね。
    今後、採種果を残したらどんな大きさになるんだろう?
    一昨年のロッサビアンコの採種果は492gだったけど、もっと大きくなりそう(笑)

    R0012409.jpg
    たまごナス(PIANT DELLE UOVA)
    まぁ、これはお遊び栽培の様なものだし、支柱なしではこの草丈でそろそろ限界?
    3~4段目の上で摘芯して、コンパクトに育てます。

    R0012412.jpg R0012413.jpg
    実物を見ればまだ小さいんだけど、写真だと大きさが判りづらいので、
    鶏卵がいっぱいぶら下がっている様に見えますね(笑)

    R0012414.jpg
    じつは・・・、たまごナスは(開花中も、今までに咲いた花も)良くて中花柱花で、
    ほとんどが短花柱花ばかり。
    ペットボトル内のチェックをするのは面倒なのでECもpHも測定してないけど、
    補給時に少し濃いめにしたりしてますが、改善の兆しが無い。
    それでも、指で軽く花の先端に触れて揺すると花粉が指に付くので、そのまま雄しべを
    かき分けて雌しべに触れ授粉することを、複数の花で行ったり来たりしているお陰か、
    今のところはまだ落花がありません。

    R0012408.jpg
    微肥料土耕の泉州水ナス
    だいぶ育ってきてツボミも確認できました。
    マルチ代わりのクローバーが伸びすぎてナスが埋もれていたので適当に刈り取り、
    その後はまた伸びてくるんだろうと思ってたら、全て枯れた(笑)

    ちなみに、写真の左上角に写っているのはアロイトマト
    関連記事
    この記事へのコメント
    ナスも人工授粉できるんですね。
    hiroさんの好調にあやかりたい、うちのコにもやってみました。
    ほとんど手についただけのような気がしたので、トマトトーンもやりましたが、こういうのって早いもの勝ちなのでしょうか?
    トマトトーンしても種のあるプチぷよが多かったので、先に自然受粉していれば、そちらの勝ちと思っているのですが。

    2015/06/26(金) | いずみ [ 編集]
    柵に挟まっている姿が可愛い("▽"*)
    でも無傷なんですね。
    つやつやで綺麗♪

    たまごナスもホントに卵がぶら下がってるように見えます。
    1節1果ですか?節生り?
    うちのFAIRY TALEもこんなふうにぶら下がってる筈だったのにー(笑)
    2015/06/26(金) | semirey [ 編集]
    【いずみさん】
    開花に気付いた時には長花柱花でも、それに、ナスだけじゃなくてトマト・トウガラシでも
    花の先端を指でチョコチョコと触れてやった方が着果率が良い様に思います。
    トマト・トウガラシは花の数が増えてくるとイチイチやってられないので、そうすると
    やっぱり着果率が悪くなってくる様に感じています。

    いつも、人指し指か中指の腹で軽く触って揺らしています。
    ただ、花に触れた指で他品種の花にも触れると交雑してしまうので、1つは右手だけ、
    次は左手だけ、その次は手を洗ってから。って感じでやってます(笑)
    ナスの後にトウガラシとか、他種類の花ならそのまま続けて同じ指で触れてます。

    受精に成功すると子房内のオーキシンが増加して、茎・葉よりもオーキシン濃度が
    高くなることで養分が流入して肥大する。人為的に外部からオーキシンを与えて濃度を
    高めてやれば、受精していなくても肥大する。ってことらしい。
    トマトトーンをすれば受精が無くても肥大するが、それが受精阻止につながるのか?
    植物でも当然、受精に成功したらもう他の花粉では受精しない、多精を阻止する機能を
    持っている様ですが、そのメカニズムがイマイチよく判らない(^^;
    トマトトーンをする前に受精に成功していればちゃんとタネもできるはずです。
    ただ、オーキシン過多で奇形果になる可能性も・・・。

    【semireyさん】
    柵とはもうギリギリで、あと1・2mmくらい。もう1日待ったらたぶん完全に挟まってた。
    あまり風にも揺らされなかったのか、無傷でした。ホントべっぴんさんでしょ(笑)
    持った感じでは皮も柔らかそうで期待できます。食レポはまた後日(^^;

    たまごナスは基本的には1節1果みたいですが、2・3果だったり。
    左の株は主枝が2段目で芯止まりして房成り(6果)になってます。

    ナスは開花後2日くらいは受精能力があるみたいなので、その間にsemireyさんも
    指でチョコチョコっとしてみては?
    2015/06/26(金) | hiro [ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://oyasai00831.blog.fc2.com/tb.php/626-98517760
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック