上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    R0014434.jpg
    トマト4品種を養液槽にセット
    左からプチぷよF7とブラッシュ・タイガー、偽ワイルド・チェリーとベルナーロゼ
    ベルナーロゼは屋外で育苗した方をセット

    R0014436.jpg R0014437.jpg
    プチぷよF7(左写真)が一番早く咲きはじめました。
    右写真はブラッシュ・タイガー

    R0014438.jpg R0014439.jpg
    左写真が偽ワイルド・チェリー、右写真はベルナーロゼ

    R0014435.jpg R0014440.jpg
    養液槽にセットしなかったスプライト(左写真の左端)は、2Lペットボトル栽培の予定。
    その隣は室内育苗のベルナーロゼ(たぶんサヨナラ・・・)並んでいるのはキュウリ達。
    右写真はスプライトの花房。

    R0014442.jpg
    万願寺トウガラシと山科茄子もいつもの場所で。

    R0014443.jpg R0014444.jpg
    万願寺は既に着果。花は第4分枝まで咲いてます。
    ナスのツボミは・・・、まだよく分からない。
    関連記事
    スポンサーサイト
    今年のオクラはチョット遅れてます。
    昨年に自家採種した白い丸莢オクラは発根してくれず。
    昨年の購入タネでやり直したが、発根はしたけど日向土の中で腐ったり、
    展葉はしても子葉が緑にならなかったりでちゃんと育たず。

    R0014445.jpg
    で、もう一度購入タネでやり直し。
    前回の原因はよく分からないが、今回は煮沸消毒し直した日向土と、
    もう片方はハイドロコーンに、前回よりチョット浅めに埋めてみた。
    それぞれに発根したタネを5粒ずつ埋め、今回は全ての子葉がちゃんと開いて
    しっかり緑にもなってくれました。

    R0014447.jpg
    いつもの様に1ポットに2株ずつ。
    R0014448.jpg
    左からプチぷよF7とブラッシュ・タイガー、偽ワイルド・チェリーとベルナーロゼ。
    プチぷよF7だけ2本仕立てで、他は1本仕立て。

    R0014449.jpg R0014450.jpg
    一番に咲き始めたプチぷよF7(左写真)は2段目も咲き始めてますが、1段目は落花も。
    右写真はブラッシュ・タイガーの第1花房。

    R0014451.jpg R0014452.jpg
    左写真が偽ワイルド・チェリーの第1花房、右写真はベルナーロゼの第1花房。
    ベルナーロゼは最初に鬼花が咲いたけど落花。

    R0014456.jpg R0014458.jpg
    スプライトは背が高くなりすぎちゃったので切断。
    先端部は水挿しし、花が咲く前にポット上げをしたかったんだけど、発根する前に
    咲いちゃった(^^;

    R0014459.jpg R0014460.jpg
    なかなか発根してくれなかったんだけど、茎にブツブツができてきたと思ったら
    一気に根が伸びだした。で、ポット上げ。

    R0014457.jpg
    元が交配種のプチぷよF7と、素性がよく分からないが偽ワイルド・チェリーは
    とりあえず予備苗を残してますが、大きいと邪魔なので切断してコンパクトに。

    R0014453.jpg R0014455.jpg
    微肥料土耕のアロイトマトも2株とも咲き始めました。
    アロイは他のトマトよりもタネまきも遅く、しかも保温無しの屋外育苗でしたが、
    それほど遅れずに開花。

    サンマルツァーノ系のリドルタも栽培予定でしたが、ポット上げをした苗が異常苗で、
    とりあえず未だ育苗棚には置いてありますが、育ってくれそうにありません。
    ってことで、今年のトマトは全て花が咲き始めました。
    R0014461.jpg
    今年は未だキュウリを養液槽にセットできてない(^^;
    他の苗は、トマトの予備苗、マクワウリ、オクラ。

    R0014462.jpg
    例年よりも2週間ほど遅れてキュウリを養液槽にセット。
    左の養液槽が千成F7、右の養液槽が千成F6

    R0014463.jpg R0014464.jpg
    千成F7は未だ咲いてませんが、片方の株は明日か明後日には咲きそう?

    R0014465.jpg R0014466.jpg
    千成F6の方は2株とも雌花が咲き始めてます。
    F7にもF6にも、いまのところ雄花らしきツボミは確認できてません。
    今年は種採りできるかなぁ?

    R0014467.jpg
    白い丸莢オクラも養液槽にセット。
    R0014468.jpg
    毎年こぼれタネで育つうらべにしそが今年もモコモコ。

    R0014470.jpg R0014473.jpg
    昨年もそうでしたが、今年も既に花が・・・
    たぶん、もう日当たりが良くない場所に置いているからだと思います。
    で、バッサリ刈り取り。今年もしそジュースにします。

    R0014472.jpg
    背が高い株を刈り取っても、その下には未だ背が低い株がいっぱい。

    R0014476.jpg R0014477.jpg
    パセリも花が咲いてます。

    R0014478.jpg
    でも、花を咲かせているのは昨年に種採り後に株元近くで切った株から伸びた側枝。
    ってことで、この後に切除しました。だったらもっと早く摘み取れよ(笑)
    何株あるかよく分からないが、こぼれタネからいくつか育ってます。

    R0014479.jpg
    元々グランドは縮れが強い品種なんだけど、こぼれタネで育った中に1株だけ、
    何故かあまり縮れてないのが。突然変異?
    (写真がピンボケしちゃっているけど(^^;、右に写っているのが普通のグランド)

    R0014480.jpg
    微肥料土耕の泉州水茄子のプランターでもこぼれタネが育ってます。
    コンパニオンプランツとして残してますが、パセリが大きくなりすぎて、
    ナスは迷惑がっているかも?(^^;

    R0014481.jpg
    同じく微肥料土耕のアロイトマトのプランターにはコンパニオンプランツとして、
    いずみのベランダ水耕覚書のいずみさんに頂いた、バジル(マルセイユ)を植えてます。
    こちらはまだ小さい。

    R0014471.jpg R0014485.jpg
    何年前だったか忘れたが、スーパーで購入したセリをバケツ栽培。
    最初はペットボトル水耕でやっていたが、ハダニがひどくて刈り取ったり、水切れ
    させたりして数株あったのが1株だけになってしまいました。
    元々セリは水辺の植物だし、ペットボトルでは狭すぎて株が増えてくれないので、
    バケツで水ジャブジャブで育てたら1株からここまで増えました。

    R0014484.jpg R0014486.jpg
    全部刈り取ろうかとも思ったけど多すぎるかな?と思ってとりあえず半分だけ。
    これからの季節、あまり水ジャブジャブにしておくと蚊が・・・。

    R0014482.jpg R0014483.jpg
    いつもだとこの場所でもトマトをセットするので、とっくに明け渡しているんだけど、
    今年はリドルタがダメだったこともあり、まだのらぼう菜がこんな状態(^^;
    でも、そろそろペットボトルに移さなければ・・・。
    既に莢も膨らみ始めているので、たぶん採種もできそう?
    R0014491.jpg R0014492.jpg
    ナスの一番花が咲きました。今年は2株同日。
    とりあえずどちらも雌しべが出てる。って言うか、もしも一番花から短花柱花だったと
    したら今年の収穫はあまり期待できないけどね。

    R0014490.jpg
    一番花が咲くまでは根を育てるために脇芽も放任状態

    R0014495.jpg
    で、脇芽欠き
    一番果の結実を確認してからって意見もあるようだけど、どっちの方がいいの?

    R0014496.jpg
    ちょっとスッキリ?

    R0014493.jpg R0014494.jpg
    一番花直下とその下の側枝だけ残してます。
    通常だとこれで3本仕立てなんだけど、うちでは毎年、一番花直下を第2主枝として
    2本仕立てにしてます。じゃあその下の側枝は?第3主枝にはしないで結果枝です。

    R0014498.jpg
    催芽から発根してすぐポットの日向土に埋めて、屋外育苗していた山科なすは
    まだこんな状態。室内育苗+RV-BOX養液槽(ブクブク有り)とは大きな差が・・・。
    これを育てても数個収穫できるかどうか・・・?う~ん、ゴメンね、サヨナラ。
    R0014462.jpg
    養液槽セット時(5月19日)

    R0014499.jpg
    10日後の今日(5月29日)の状態。草丈70cmくらい。
    やっぱりキュウリは伸びるの早いねぇ。

    R0014500.jpg R0014501.jpg
    千成F7

    R0014502.jpg R0014503.jpg
    千成F6
    F6もF7も既に蔓が割れてますが、まぁいつものことなので気にしない(笑)

    R0014505.jpg R0014507.jpg
    今年の収穫第1号は千成F6。
    いつもよりちょっと遅い初収穫。しかも1本だけ。