まずはショックなことから…。

    DSC00450.jpg

    パセリが丸坊主です。
    手前の株の方が生長が遅くて、やっと大きくなってきたと
    思っていたのになぁ。
    虫のフンも少しはあるんだけど、鳥のフンも落ちているし、
    犯人は虫か鳥か?
    じっくり探したんだけど、イモムシの姿は見つけられず、
    もしかしたら土中に潜んでいるかも知れないので、
    水抜き穴に栓をして、30分ほど水攻めをしておきました。

    最近よくスズメがやって来て、シソのこぼれタネを食べて
    いるのは見たんだけど、パセリも食べるのかなぁ?

    DSC00451.jpg

    安納紅の収穫前の状態
    避難はしごが有るのに、ちょっと拙い状態です。(^^;

    DSC00452.jpg

    ひっくり返したら、底のスノコの下にも芋が…
    期待して土を崩しながら芋を探したんだけど…

    DSC00453.jpg

    まあまあの大きさの物は1つだけ。orz
    やっぱりもっと深さが必要かなぁ?

    DSC00454.jpg

    安納黄金はこんな状態なので、全然期待できません。
    待ってもどうせダメだろうから、こちらも一緒に収穫?
    って言うか撤去ですね。

    DSC00455.jpg

    小さい芋が数個、全く期待していなかった分ちょっと意外。
    こちらは日向土だったんだけど、ビニール袋にぶちまけるだけで
    手もほとんど汚れないし、やっぱり非常に楽です。

    結局、今年もサツマイモは失敗です。
    来年も懲りずに再挑戦するか?どうしようかなぁ…。
    サトイモも作りたいけど、たぶん風でひっくり返るだろうし…。
    とりあえず2週間ほど追熟して、味見してから考えよう。
    前回の安納芋の記事から1ヶ月以上が過ぎているのに、
    安納黄金がぜんぜん茂ってません。

    DSC00310.jpg

    植え付けた蔓が伸びるだけで脇芽がぜんぜん育たないので、
    1度生長点を摘芯したんだけど、摘芯箇所のすぐ横の脇芽が
    新しい生長点として伸びただけで、結局1本の蔓のまま。
    しかも葉っぱがどんどん枯れてしまい、こんな状態に。

    煮沸消毒した再生日向土に元肥なしで、週1回の液肥だけ
    だったので、あまりに肥料分が少な過ぎでしたね。
    最近は水代わりに液肥を与えていたら、やっと脇芽が少し
    伸びて来ました。
    今年の秋は遅くなりそうだけど、芋が太るのには間に合わ
    ないだろうなぁ。

    DSC00308.jpg

    安納紅の方は摘芯とかをしなくても脇芽が伸びて、まあまあ
    茂ってます。
    なんとか芋ができていると嬉しいのですが…。
    DSC00210.jpg

    安納黄金ですが、これも葉が黄色くなって来た。
    斑紋モザイク病?
    食用に購入した芋から蔓だしをしたものだから、
    殺菌がちゃんと出来て無かったかな?
    蔓がなかなか大きくなってくれなかったので、
    植え付けもちょっと遅くて6月中旬になってしまった。

    DSC00211.jpg

    こちらの安納紅にはハダニが…。
    のらぼう菜を撤去したあとのプランターなので、
    更に遅くて6月下旬に植え付け。
    こちらは昨年に食用芋から蔓だしして栽培したもので、
    撤去時に蔓の先端30cmくらいを数本水に挿して、
    室内窓際で越冬させたもの。
    昨年はピンポン玉くらいにしかならなくて、
    今年はリベンジできるか?やっぱり返り討ちか?