R0013757.jpg R0012926.jpg
    エンドウは10月中旬以降に播いてまだ大きくなる前の状態で越冬させ、春からの収穫
    が多いと思いますが、うちではいつも8月末頃に播いて年内から収穫してます。
    ホルンスナックが収穫できたのは12月になってからですが、30日エンドウのあずみ野
    なんて10月から収穫できてます。
    来シーズンと言うか今年の8月は、大莢スナップ豌豆の豊姫をやってみるかなぁ?
    たぶんホルンスナックよりも早く収穫できるのでは・・・?(希望)

    年内収穫は良いのだが・・・、昨年は1月の寒波で凍っちゃった。右写真(2016.1.25)
    で、今年も明日からもう一段寒くなり氷点下になるかもしれないのでその前に収穫。

    R0013760.jpg
    ホルンスナックとあずみ野がごちゃまぜですが、見た目でだいたい判る(笑)
    右下の白いのは収穫タイミングを逸して太らせ過ぎてしまい、採種の為に完熟させた
    あずみ野の莢(1莢に7粒ずつ)

    R0013758.jpg R0013759.jpg
    いつものことだけど、ホルンスナック(左写真)は下の方から枯れてきた。
    あずみ野(右写真)は11月に親蔓を株元近くで切り戻したので・・・、でも徐々に(^^;
    やっぱりチラホラうどんこが・・・。お薬散布は今日は風が強くて断念しました。
    R0013651.jpg R0013694.jpg
    ホルンスナックとあずみ野30日絹莢
    左写真が11月11日で、右写真が今日(12月9日)
    ホルンも支柱の天辺に届き、あずみ野も株元近くで親蔓を切り戻してから
    約1ヶ月で再び天辺を摘芯しました。
    昨シーズンは1月の寒波で莢が凍っちゃったけど今年はどうですかねぇ?

    R0013696.jpg
    で、ホルンスナック(左)も収穫開始
    あずみ野(右)はチョット採り遅れて膨らみ過ぎ?

    R0013697.jpg
    エンドウは筋取りが面倒くさい(笑)
    でも、エンドウ独特の風味はエンドウでしか味わえない。
    茹でて、マヨネーズを少しつけて、うん美味い。
    R0013640.jpg
    背が低い方がホルンスナック、高い方があずみ野30日絹莢
    あずみ野は既に10月中旬からチョコチョコ収穫してますが、

    R0013644.jpg R0013645.jpg
    ホルンスナックにも花芽を見つけました。すぐにでも咲きそう?
    過去記事を確認したら一昨年は11月8日、昨年は11月4日には花が咲いているので、
    今年はチョット遅れてる?でも、何とか年内収穫ができそうです。

    R0013647.jpg R0013646.jpg
    あずみ野の方は親蔓を株元近くで切り戻しちゃいました。
    ただ、エンドウは親蔓にはたくさん花をつけるが、子蔓、孫蔓になるにしたがって
    花が少なくなるらしい(^^; でも親蔓の下の方はいつも枯れて汚らしいんだもん。
    エンドウもキュウリみたいに親蔓1本で蔓下ろしした方が良いのかなぁ?

    R0013648.jpg R0013651.jpg
    チョットもったいないけど花が咲いている側枝もバッサリ。
    だいぶスッキリしました。

    R0013650.jpg
    最初の頃は莢が1つでしたが、やっと双なり莢が多くなってきました。

    R0013652.jpg
    莢の大きさも10cm近くある大きいのが増えてきた。
    R0013577.jpg R0013578.jpg
    8月29日にタネを播いたエンドウ(ホルンスナックとあずみ野)
    あずみ野の花が咲き始めたのが10月3日。今日(10日16日)で開花から約2週間。
    タネ播きからだと48日後。右写真はピンぼけになっちゃった(笑)

    R0013580.jpg R0013581.jpg
    いつものことだが、既に下の方が枯れ始めた。
    原因はたぶんハダニ?うどんこは今のところ未だ無い。

    R0013579.jpg R0013583.jpg
    ハダニ(左写真)は上の方にも広がっていて、仕方がないのでコロマイトしました。
    それにアザミウマ(右写真)も・・・。

    R0013586.jpg R0013587.jpg
    少しだけだけど初収穫
    左端はマメが大きくなり過ぎ?収穫がチョット遅かったかな?
    右端は小さいけどハダニにたかられていたので収穫。
    拡大すると表面がブツブツ。たぶんハダニの吸汁痕?
    R0013557.jpg R0013554.jpg
    9月25日に養液槽にセットしたエンドウ。日当たりを考えて今年も木箱で下駄あげ。
    8月29日にタネを播いて、35日後の今日(10月3日)あずみ野が咲きました。
    30日絹莢って上手く育てれば30日で花が咲くってこと?でも、エンドウは花を愛でる
    ための作物じゃないのに花が咲くまでの日数を名前にするのは変。45日絹莢なら
    収穫までの日数で納得できるんだけどなぁ(笑)

    R0013555.jpg R0013556.jpg
    ホルンスナックはまだまだ
    結局、片方のポットは1本立ち(もう片方は2本立ち)

    R0013551.jpg R0013552.jpg
    カテ違いですが、同じく9月25日に養液槽にセットしたプチぷよF4と香川本鷹。
    香川本鷹が咲き始めました。現在、2株とも第2次分枝の2・3番花が咲いてます。
    第1次分枝の1番花は先月28日に咲いたけど落花。
    プチぷよF4はまだ咲いてません。
    R0013514.jpg R0013515.jpg
    十六ササゲは8月に入ってやっぱり食べ飽きてしまい、じゃあ採種用にしようと
    少し収穫をサボったら、若莢には熟しすぎなのと丁度良いのが混在状態になって、
    今度は収穫するのが凄く面倒になり、で、完熟莢だらけに(笑)
    葉っぱもかなり少なくなって、もう撤収しようとしたら・・・

    R0013513.jpg
    もうかなり前から花なんて咲いてなかったのに、なぜか今日は10輪ほどの花が(笑)
    しかも既に小さな新しい莢が有るので数日前から咲いてたみたい。
    って事で、少しだけ待って最後にもう一度味わってから撤収することにします。

    R0013510.jpg
    年内収穫を目指して8月29日にポットに直播きしたエンドウ
    左の2ポットがホルンスナック、右の2ポットがあずみ野30日絹莢。
    あずみ野はいずみのベランダ水耕覚書のいずみさんがに譲って頂きました。
    それにしても、あずみ野は伸びるの早ぇ(笑)
    ところで、30日絹莢の30日って何?「あずみ野」の他にも「電光」「松島」「子宝」とか
    「三十日絹莢」ってだけの品種もあるが、どれの説明や作型表を見ても何が30日か
    全く分からない。播種から収穫まで30日はさすがに短すぎるし・・・。

    R0013511.jpg
    4粒ずつ播いて、あずみ野はどちらも全て発芽したんたけど、ホルンの方はイマイチ。
    片方のポットは2粒がちゃんと発芽してくれたけど、もう片方はちゃんと発芽したのは
    1粒だけで、1粒はチョロッと顔を出した状態で止まっちゃった。
    R0012523.jpg R0012524.jpg
    <参考写真>昨年7月14日の十六ササゲ
    毎年だいたい同じ様な感じで、上はモジャモジャ下はスカスカ

    R0013433.jpg R0013434.jpg
    それが、今年(7月27日)の状態
    上がいつもほどにはモジャモジャじゃなくて、逆に下はスカスカじゃない。
    今年は6月にヨトウ被害があっていつもより生長が遅れたので、上はこれからもっと
    モジャモジャになるんだろうけど、下の方の子蔓発生が多いのは何故なんだろう?

    R0013435.jpg
    いつもだとこの時期には連日10本・20本の収穫が続くのですが、
    今年は2・3日に数本のペース。(これまでに50本ほど収穫)
    でも、ゆっくりペースのお陰で今年はまだ食べ飽きてない(笑)
    いつもは毎日なので7月中には食べ飽きちゃうんですよねぇ(^^;

    いつもこんな感じで全体的に繁ってくれて、収穫ペースも
    ゆっくり長くだと有り難いんだけどねぇ。
    R0013376.jpg R0013375.jpg
    1ポット2株ずつの十六ササゲ。
    1株だけはまだまだ支柱の天辺に届きそうに無いけど、3株は天辺で摘心したので
    下の方からも側枝が伸び始めてます。

    R0013374.jpg R0013377.jpg
    花が咲き始めてから10日くらい。長~い莢が何本かぶら下がってます。
    とりあえず5本だけだけど初収穫。
    写真は全て6月24日の撮影です(^^;

    R0013336.jpg R0013337.jpg
    十六ササゲの紫の綺麗な花が咲き始めました。
    右写真のは23日の開花。翌日には花びらが落ちて中から小さな莢が出てきます。
    ただ、この数時間後に見たら左側のは花びらだけじゃなくて落花?落莢?してた。

    R0013338.jpg
    今年はヨトウ被害の所為でいつもより10日ほど遅れてやっと支柱の天辺に到達。
    でも天辺に到達したのは片方のポットの2株だけ。もう片方のポットは、1株はあと
    20cmくらいだけど、1株はまだ半分くらいの高さ。たぶん生長点を食べられた?

    R0013339.jpg R0013340.jpg
    ヨトウを捕殺した後に伸びた上の方はまあまあ綺麗な葉っぱ(左写真)
    食害されてた下の方はボロボロのスカスカ(笑)
    この記事にはイモムシなどの写真が含まれております(笑)

    とりあえず昨日(6月13日)の撮影
    R0013244.jpg R0013242.jpg
    十六ササゲは、いつもなら6月10日~中旬頃には支柱の天辺に届いているのに、
    今年はまだ2/3くらいの高さ(片方は半分ほど)だし、葉っぱも少ない。
    養液槽の天板の上には落とし物が・・・。落とし物の大きさから考えても結構な大物
    だと思うんだけど、蔓や葉っぱを丹念に探してもどこにも居ない。
    で、ポットの日向土(細粒)を少しほじったら、

    R0013243.jpg
    各ポットに1匹ずつ潜んでました。やっぱりデカいのが居ました。
    たぶんハスモンヨトウ。

    ここから今日(6月14日)の撮影
    R0013247.jpg
    もう居ないよねぇ?と思いつつ今日もポットをほじってみたら・・・、
    また各ポットに1匹ずつ潜んでました。昨日のはとうぜん捕殺してますので別個体。
    昨日の見落としなのか、それとも隣に置いてあるプランターからやって来たのか?
    明日もまた確認しなくては(^^;

    R0013252.jpg R0013251.jpg
    カテ違いですが・・・(^^;
    パセリは2箇所に3株ずつ植えているので、そろそろ間引かなくては、と思ったら、
    まだまだ小さい葉っぱが食べられてる。orz
    右写真の右端に居ました。

    キュウリ・オクラ・トウガラシにもアオムシが居るし、シソもメイガの幼虫が居て、
    なんだか今年はアオムシ・イモムシが多い様な・・・(^^;

    R0013250.jpg
    写真を撮ろうとしたらそそくさと葉裏に隠れたので逆さ状態(笑)
    この子達は歓迎なんですけどねぇ。
    卵を見かけた事は全然ないんだけど南ベランダにも西ベランダにも居るし、
    毎年どこから来るんだろう?こんな子供でも飛べるんだろうか?