R0014201.jpg
    8月27日にポットに直播きしたエンドウ
    左の2ポットがあずみ野、右の2ポットが豊姫

    R0014202.jpg
    あずみ野は既に直立できずに寝てしまってます。
    台風が近づいていて、このままでは強風に耐えられないのでは・・・?

    R0014203.jpg
    ってことで養液槽にセットして支柱に・・・

    R0014205.jpg
    あずみ野は草丈25cmくらいなので何とか茎止めクリップを使って支柱に固定。

    R0014204.jpg
    豊姫の草丈は未だ15cmくらいなので支柱に届かない(1株だけギリギリ固定)
    なので紐で誘引、何とかこれで台風に耐えてくれ。
    R0014198.jpg R0014199.jpg
    もう十六ササゲがボロボロ。
    葉っぱがいっぱい落ちるので早く撤収しなくては(^^;

    R0014200.jpg
    今年もエンドウを夏播き(8月27日にポットに直播き)
    あずみ野(30日豌豆)は昨年も栽培。今年のスナップエンドウは大莢の豊姫。
    R0014177.jpg R0014178.jpg
    十六ササゲは7月12日から収穫をしてますが、初収穫の記事も書かないまま
    既に最盛期をチョット過ぎたかも?(^^;

    R0014174.jpg
    最近はあまり長くならないまま莢の中の豆が膨らんで来ちゃってます。
    既に採種用の完熟莢も。

    R0014175.jpg
    採種は60cmくらいの長い莢から。
    R0014128.jpg
    いつもなら既に収穫が始まっていてもおかしくない十六ササゲ。
    少し前からやっと花が咲き始めました。

    R0014129.jpg R0014130.jpg
    上はモジャモジャ下はスカスカ、はいつものこと(笑)

    R0014131.jpg
    現在20cmほどで未だかなり細い。
    収穫できるのは数日後ですかねぇ?

    R0014132.jpg R0014133.jpg
    微肥料土耕のアロイトマトと泉州水ナスのプランターに植え付けたエダマメの濃姫は、
    植え付け時には既に花芽ができていて、全く育たないまま終了(笑)
    播種が遅すぎました。せめてもう10日ほど早く3月末~4月初旬には播くべきでした。
    R0014063.jpg R0014062.jpg
    十六ササゲが天辺に到達しました。
    昨年はちょうど今頃にヨトウ騒ぎがありましたが、今のところ大丈夫そう。
    でも、葉っぱは相変わらずチリチリ(^^;

    R0014065.jpg R0014069.jpg
    で、天辺を摘心(左の1株だけはあともう少し)
    摘心前から既に各節に側枝が出ているので、これから一気にモジャモジャになりそう。

    R0014066.jpg R0014067.jpg
    エダマメの濃姫は植え付け時に既に花芽が有ったので株がほとんど育たない。
    こんな小さい株で着莢して、たぶんこれ以上は大きくならないのでは・・・?
    R0013951.jpg R0013952.jpg
    ちょうど3週間前(5月2日)にポットに直播きし、屋外日向に置いていた十六ササゲ。
    うちで使っている日向土は小粒サイズと細粒サイズの2種類ですが、トマトなどの
    果菜類はポット上げ時に小粒、ブロッコリー・ナバナは何となく細粒にしてました。
    で、ササゲとエンドウは直播きなのでやっぱり細粒?と思っていたのですが、今年は
    小粒にしてみました。いつもと変わらずちゃんと発芽してくれました。
    昨年はポット内にヨトウムシが潜んでましたが、小粒の方が居心地が悪いのでは?

    R0013953.jpg
    いつものことですが・・・、初生葉は綺麗なのですが本葉はちょっとチリチリ(^^;

    R0013954.jpg
    養液槽にセットしましたが、支柱・誘引紐にはまだ届かない状態。

    これでトマト・ナス・万願寺トウガラシ・キュウリ・オクラ、それと十六ササゲ、
    毎年の主要メンバーが出揃いました。
    R0013896.jpg R0013897.jpg
    4月12日に播種した黒大豆の農姫(4月23日の状態)
    ビヨ~ン、胚軸が長すぎ(笑)

    R0013898.jpg R0013899.jpg
    で、摘芯断根挿し木育苗
    下胚軸の切断と、子葉のすぐ上で上胚軸も摘心して砂に挿し木

    R0013910.jpg
    5月6日の状態
    挿し木から10日くらいでポット上げするつもりでしたが、結局2週間後(^^;

    R0013913.jpg
    根っこはちゃんと伸びてますが、子葉の上の側枝のバランスが悪い

    R0013915.jpg
    微肥料土耕の、アロイと水ナスのプランターから土を取ってポット上げ

    R0013943.jpg
    今日(5月20日)の状態
    ポット上げ10日くらいで移植するつもりが・・・、またまた2週間後(笑)

    R0013944.jpg
    もしかして既に花芽?

    R0013945.jpg R0013946.jpg
    微肥料土耕のプランターに植え付け
    アロイ(左写真)と水ナス(右写真)と混植
    R0013757.jpg R0012926.jpg
    エンドウは10月中旬以降に播いてまだ大きくなる前の状態で越冬させ、春からの収穫
    が多いと思いますが、うちではいつも8月末頃に播いて年内から収穫してます。
    ホルンスナックが収穫できたのは12月になってからですが、30日エンドウのあずみ野
    なんて10月から収穫できてます。
    来シーズンと言うか今年の8月は、大莢スナップ豌豆の豊姫をやってみるかなぁ?
    たぶんホルンスナックよりも早く収穫できるのでは・・・?(希望)

    年内収穫は良いのだが・・・、昨年は1月の寒波で凍っちゃった。右写真(2016.1.25)
    で、今年も明日からもう一段寒くなり氷点下になるかもしれないのでその前に収穫。

    R0013760.jpg
    ホルンスナックとあずみ野がごちゃまぜですが、見た目でだいたい判る(笑)
    右下の白いのは収穫タイミングを逸して太らせ過ぎてしまい、採種の為に完熟させた
    あずみ野の莢(1莢に7粒ずつ)

    R0013758.jpg R0013759.jpg
    いつものことだけど、ホルンスナック(左写真)は下の方から枯れてきた。
    あずみ野(右写真)は11月に親蔓を株元近くで切り戻したので・・・、でも徐々に(^^;
    やっぱりチラホラうどんこが・・・。お薬散布は今日は風が強くて断念しました。
    R0013651.jpg R0013694.jpg
    ホルンスナックとあずみ野30日絹莢
    左写真が11月11日で、右写真が今日(12月9日)
    ホルンも支柱の天辺に届き、あずみ野も株元近くで親蔓を切り戻してから
    約1ヶ月で再び天辺を摘芯しました。
    昨シーズンは1月の寒波で莢が凍っちゃったけど今年はどうですかねぇ?

    R0013696.jpg
    で、ホルンスナック(左)も収穫開始
    あずみ野(右)はチョット採り遅れて膨らみ過ぎ?

    R0013697.jpg
    エンドウは筋取りが面倒くさい(笑)
    でも、エンドウ独特の風味はエンドウでしか味わえない。
    茹でて、マヨネーズを少しつけて、うん美味い。
    R0013640.jpg
    背が低い方がホルンスナック、高い方があずみ野30日絹莢
    あずみ野は既に10月中旬からチョコチョコ収穫してますが、

    R0013644.jpg R0013645.jpg
    ホルンスナックにも花芽を見つけました。すぐにでも咲きそう?
    過去記事を確認したら一昨年は11月8日、昨年は11月4日には花が咲いているので、
    今年はチョット遅れてる?でも、何とか年内収穫ができそうです。

    R0013647.jpg R0013646.jpg
    あずみ野の方は親蔓を株元近くで切り戻しちゃいました。
    ただ、エンドウは親蔓にはたくさん花をつけるが、子蔓、孫蔓になるにしたがって
    花が少なくなるらしい(^^; でも親蔓の下の方はいつも枯れて汚らしいんだもん。
    エンドウもキュウリみたいに親蔓1本で蔓下ろしした方が良いのかなぁ?

    R0013648.jpg R0013651.jpg
    チョットもったいないけど花が咲いている側枝もバッサリ。
    だいぶスッキリしました。

    R0013650.jpg
    最初の頃は莢が1つでしたが、やっと双なり莢が多くなってきました。

    R0013652.jpg
    莢の大きさも10cm近くある大きいのが増えてきた。