R0014385.jpg
    微肥料土耕のプランター
    根菜類の記事を全然書いてませんでしたが、2月には伊吹大根の収穫が全て終わり、
    3月中旬にはアロイトマトと泉州水茄子を直播き(保温無し)してました。

    R0014382.jpg
    手前(左)のプランターは、カテ違いなんですが・・・、山ごぼう(モリアザミ)
    大根は簡単に収穫できるけど、山ごぼうの収穫は面倒でほったらかしてました(^^;
    冬には地上部が完全に枯れてしまいましたが、3月にまた芽吹いて来ました。
    で、花を咲かせるか?でもかなり背が高くなりそうだし・・・。

    R0014377.jpg R0014378.jpg
    真ん中のプランターはアロイトマト
    3月末には芽が出てきて、いまは小さな本葉が確認できる状態。

    R0014381.jpg R0014379.jpg
    奥(右)のプランターは泉州水茄子
    こちらはアロイよりチョット遅れて、昨日やっと芽が出ていることに気付きました。
    いっぱい播きすぎ?(笑)
    伊吹大根を育てている時に芽を出したパセリ(こぼれタネ)もそのまま残してます。

    R0014383.jpg R0014384.jpg
    屋外で育苗中のベルナーロゼ(左写真)と山科茄子(右写真)
    トマト・ナスはいつも、催芽→プリンカップで芽出し→ポット上げ、その後4月下旬まで
    室内で育苗しているんだけど、チョット実験。
    プリンカップには発根したタネを4粒ほど播くので、余った発根タネをポットに直播きし、
    屋外日向(保温無し)に置いてました。山科茄子もやっと芽を出してくれました。
    R0014369.jpg
    3月10日に催芽をスタートした今年のトマトとナス

    R0014370.jpg
    左から、ブラッシュ・タイガー、スプライト、ベルナーロゼ、リドルタ
    ブラッシュ・タイガーは、いずみさん(いずみのベランダ水耕覚書)に頂いた品種で、
    うちでは初めての栽培。
    それに久しぶりの品種、スプライトは2011年以来、ベルナーロゼは2014年以来。
    リドルタはサンマルツアーノ系品種で調理用。昨年に自家採種したタネの発芽率が
    悪くて発根も遅かったのでまだ小さい。

    R0014371.jpg
    左2株は、これも久しぶり(2010年以来)のワイルド・チェリーじゃなくて偽物の方(笑)
    右2株はプチぷよF7。
    プチぷよは固定種じゃないし、偽ワイルド・チェリーも交雑かもしれないので2株ずつ。

    R0014372.jpg
    今年のナスは山科茄子

    R0014373.jpg
    ポット上げされなかった苗達。
    毎年のことだけど・・・、もったいないけど場所も無いので仕方がない。ゴメン。
    R0014355.jpg
    毎年のことだけど・・・、今年も小さなプリンカップのままでポット上げが遅すぎ(^^;

    R0014356.jpg
    で、やっとポット上げ(左の2株が万願寺トウガラシ、右の2株が香川本鷹)
    R0014320.jpg
    いつも通り、今年もトウガラシからスタートです。
    辛くない系はいつもの万願寺トウガラシ(JA)、辛い系は香川本鷹。
    2月5日に催芽をスタートし、2月12日に発根を確認。
    この時点で香川本鷹は8粒中7粒が発根してますが、万願寺の方は2粒だけ。
    でも、この翌日(13日)に1粒、14日にももう1粒発根し、最終的に6粒が発根。
    いつもの様に発根したタネを日向土に埋めて、

    R0014321.jpg R0014322.jpg
    今日(2月21日)、やっと双葉が顔を出しました。
    発根と同じ順番で、2つはしっかり展葉、1つはもうちょい、
    で、ボケボケ写真になっちゃいましたが、もう1つは明日には展葉してくれるのでは?

    R0014323.jpg
    香川本鷹は6つがしっかり展葉、1つは上手く展葉できないみたい。
    発根してないまま埋めたタネは、掘ってみたらまだ発根してなかったので捨て。
    R0014312.jpg
    10月の台風で壊れたパーティションが一昨日にやっと直った。
    なんで3ヶ月以上も直せなかったんだろう?

    それはそうと、今日は立春。もう春です。まだまだ寒いけど。
    で、そろそろ夏野菜の準備を・・・と思ったら、

    R0014313.jpg
    サボっているのはブログだけじゃなくて実作業まで(^^;
    昨年の夏に採果し、採種しないままほったらかしだった採種果。
    白い丸莢オクラと万願寺トウガラシ。もう追熟なんてもんじゃない。

    R0014314.jpg
    賀茂茄子もそのまま

    R0014315.jpg
    まずは万願寺トウガラシは・・・、果肉が厚いので乾燥する前に中がカビた?(^^;
    これの採種はやめて今年は2016年採種のタネを使おう。

    R0014316.jpg
    白い丸莢オクラは、見た目は大丈夫?

    R0014318.jpg
    賀茂茄子は片方が腐ってるって言うのとはチョット違うと思うんだけど・・・。
    グジュグジュの方が少し大きくて、こっちから採種するつもりだったんだけどなぁ。

    R0014319.jpg
    とりあえず両方から採種して、もう少し暖かくなってから発芽テストをして
    どうするか決めよう。
    R0014307.jpg R0014306.jpg
    屋外のプチぷよF6がほんのり色付き始めてたんだけど、
    このところの連日の低温の所為で、さすがにもうダメ。

    R0014308.jpg R0014309.jpg
    じつは室内窓際にももう1株。
    元々、屋外の株よりも小さい株で開花も着果もかなり遅かったんだけど、

    R0014311.jpg
    こちらはだいぶ赤くなってます。でも、触っても硬いので収穫はまだ。
    それにしても小さい(^^;
    今年に自家採種したトマトの発芽テスト(トマト、発芽テスト)を8月にして、
    その内のプチぷよF6だけは捨てずに育ててました。

    R0014258.jpg
    10月12日の状態

    R0014259.jpg R0014260.jpg
    催芽スタート(8月20日)から2ヶ月弱、どちらの株も花が咲き始めてます。

    R0014297.jpg R0014300.jpg
    で、今日(11月30日)の状態
    側枝も伸び放題(左写真)だったので整枝(右写真)

    R0014298.jpg R0014299.jpg
    何個かは着果してますが着果率が・・・(^^;
    R0014280.jpg
    最近はあまり台風被害が無かったんだけど、今回は・・・、
    南ベランダではほとんど被害が無かったのですが西ベランダでは、
    久しぶりにパーティションが壊れました。ここが壊れるのは今回で4回目。
    以前の上下2分割だった時は3年毎くらいで壊されていたけど、2009年にアルミの
    枠ごと壊されて4分割になってからは壊れてなかったのに・・・。
    ここは北風をまともに受けるんだよねぇ(^^;
    で、横に置いてある果樹、もう12月みたいな姿に・・・(笑)

    R0014279.jpg
    常緑樹のユズ(左)も葉っぱが(果実も)無くなってしまいました。(右は柿)
    う~ん、来年の生育にも影響が有るよなぁ?

    R0014272.jpg
    白い丸莢オクラ、万願寺トウガラシ、賀茂ナスは・・・、無惨 orz
    今までにも台風被害は有ったけど、これまでで一番酷い状態。
    もう全て撤収します。

    R0014276.jpg
    カテ違いですが、博多白菜は葉っぱも結構大きくなってて期待してたのに・・・。
    ほとんどの葉っぱが千切れてどっかに飛んでっちゃいました。
    これからはもう寒くなるし、今から復活は無理だろうなぁ。
    のらぼうが8株あるので、ここにものらぼうをセットかな?
    R0014248.jpg R0014249.jpg
    白い丸莢オクラは、丸莢にしては草丈が低めって事ですが今年もやっぱり背が高く
    なり過ぎました(笑) でも、いつもはもっと早くこの高さになっている様な・・・?
    いつもは適当なところで摘心して、天辺の収穫が終わってから切り戻すんだけど、
    今年は摘心し忘れていたので、未だ花が咲いてますがもう切り戻します。

    R0014252.jpg R0014256.jpg
    側枝を2本残して、株元から約10cmの高さで切り戻し。
    で、先端の花・蕾部が約5cm

    R0014253.jpg R0014255.jpg
    主枝を50cm毎に切断(株元から約10cmで切り戻しているので、一番下(左端)は40cm)
    天辺(右端)は55cmですが、いつもの様に摘心をしていたら先端の5cmは無いので、
    草丈はちょうど200cmですね。
    収穫開始は(たぶん)株元から7節目?各高さの節数と収穫数を数えると、
    株元の10cmが(たぶん)4節?(収穫0本)、10~50cmに8節(収穫6本)、
    50~100cmに16節(収穫8本)、
    100~150cmに22節(収穫20本)、
    150~200cmに23節(収穫21本)。
    この1株で55本収穫しましたが、途中の落蕾が無ければ60本くらい収穫できたかも?

    で、左写真の左から2本目を更に半分に切断したのが右写真(赤線は節の位置)
    主枝の高さで言うと50~75cmに5節、75~100cmには11節あります。
    高さ75cmくらいを境にして節間の長さが半分くらいに狭くなってます。
    草丈2mまで育てるのはチョット高すぎるけど1.5mくらいまでで摘心したとしても
    30~40本くらいは収穫できるのでは・・・?
    R0014218.jpg
    蔓下ろしをしつつドンドン伸ばしていたキュウリも、もう果実が肥大しない。
    ってことで終了。
    今年の収穫本数は、F7がどちらの株も70本ずつ、F6はどちらの株も75本ずつ。
    偶然にも、F7もF6も2株が同じ収穫本数になりました(笑)
    この数年の中ではなかなか良い結果でした。

    R0014219.jpg
    F7の親蔓の長さは、7.15mと6.65mくらい

    R0014220.jpg
    F6の親蔓の長さは6.70mと6.90mくらい

    R0014226.jpg
    で、採種果ですが・・・
    ホントは1株に1果ずつにしたかったんだけど、F6の1株だけ3果も(笑)
    7月21日に人工授粉をして、その後なかなか肥大しないので7月29日にも人工授粉。
    それも肥大しないので8月4日にも人工授粉。結局3果ともあまり大きくなってない(^^;
    いつもは採果後に追熟をするんだけど、今年は既にフニャフニャになっているので、
    もう中身を確認します。

    R0014227.jpg R0014228.jpg
    まずはF7から・・・、う~ん、ダメだなぁ。小さい未受精タネばかり。

    R0014229.jpg
    F6(右端の株)も・・・、全然ダメ。

    R0014230.jpg R0014232.jpg
    1株に3果着けたF6も・・・全滅?と思ったら、

    R0014231.jpg R0014233.jpg
    7月29日に人工授粉した1果から1粒だけ水に沈むタネが・・・(笑)
    でも何か凹んでるし、ちゃんと発芽するか怪しい(^^;

    R0014234.jpg R0014235.jpg
    ついでに、8月24日に採果して室内で追熟していた泉州水ナスの採種も。
    う~ん、いつものナスと全然違う。泉州水ナスは水分が多いからかなぁ?
    でも、泉州水ナスは2015年にも採種しているけどこんなんじゃ無かった。
    まあ若干の発酵臭が有るけど腐ったって感じではない(笑)

    R0014236.jpg
    これだけあれば十分なんだけど、ナスにしてはタネ数があまり多くない。