R0013955.jpg
    賀茂ナスの1番花が咲きました。
    ナスの花は朝に開花して夕方には一旦萎み、翌朝また開くのを何度か繰り返します。
    写真は今日の撮影ですが、最初に咲いたのは左の株は一昨日で右の株は昨日。
    同じ日(3月9日)にタネを播いたとは言え、2ヶ月半後の開花が1日違っただけ。

    R0013957.jpg R0013958.jpg
    今年もナスは2本仕立て(主枝と1番花直下の側枝)にします。

    R0013959.jpg R0013960.jpg
    で、肝心の花は・・・
    左の株の1番花(左写真)は、なんとか花柱が雄しべよりも少しだけ長い。
    でも右の株の1番花(右写真)は雄しべよりも花柱の方が若干短い。

    R0013962.jpg
    微肥料土耕の泉州水ナスはまだまだ
    R0013934.jpg
    そろそろオクラを養液槽にセットしなくては・・・。と思いながら、
    ふとトマトのわき芽が気になって、わき芽掻きをした後にオクラを見たら・・・、あれっ!

    R0013935.jpg
    トマトのわき芽掻きをするために、しゃがんだ時にお尻が・・・。
    今年メインの白い丸莢オクラの葉っぱを2枚折っちゃいました。
    うぅ~、オクラの養液槽セットを先にやってたらこんな事には・・・。orz

    R0013936.jpg
    で、オクラを養液槽にセット(西ベランダのいつもの場所)
    草丈はまだ10cmほど

    R0013937.jpg
    4株とも小さなツボミが着いてますが、咲くのはまだまだですね。
    それよりも、既にピンクのアブラーが来てる(^^;

    R0013939.jpg
    楊貴妃(左)とエメラルド(右)は草丈17cmくらい

    R0013940.jpg R0013941.jpg
    楊貴妃(左写真)、エメラルド(右写真)
    こちらの方がツボミも大きくなってますが、それでも咲くのは6月になってから?

    R0013942.jpg
    置き場所が確保できていないので、とりあえずキュウリの予備苗と一緒に。
    R0013919.jpg
    養液槽セット時(5月8日)のキュウリ

    R0013928.jpg
    で、8日後の今日(5月16日)の状態(草丈45cmくらい)
    やっぱりキュウリは早いねぇ
    左の養液槽が千成F7、右の養液槽が千成F6

    R0013931.jpg R0013932.jpg
    千成F6は2株とも雌花が咲き始めました

    R0013933.jpg
    予備苗の千成F6は未だ咲いてませんが、たぶん明日の朝には咲くのでは・・・?

    R0013929.jpg R0013930.jpg
    千成F7も、片方の株(右写真)は明日の朝には咲きそうです
    もう片方の株(左写真)はもう少し先かな?

    今のところ(予備苗も含め)F6にもF7にも雄花のツボミはまだ確認できません
    R0013916.jpg
    西ベランダのいつもの場所に、万願寺トウガラシと賀茂茄子をセット。
    まだ太陽にあまり慣れていないので葉っぱがダラ~としてますが大丈夫でしょう。

    R0013917.jpg R0013918.jpg
    万願寺トウガラシは既に着果してます。
    賀茂茄子には小さなツボミを確認。

    R0013919.jpg
    南ベランダのキュウリもセット。
    今年のキュウリは全て千成で、F7(左)とF6(右)を2株ずつ。

    R0013920.jpg
    各節に雌花の赤ちゃん。
    採種するには雄花も必要ですが、どうですかねぇ?

    R0013923.jpg R0013926.jpg
    あじめコショウはまだ置き場所が確保できていないので、とりあえず室内窓際に。

    R0013924.jpg R0013925.jpg
    発芽テストの後に捨てきれなかった香川本鷹も、あじめとは別の部屋の窓際に。
    ちなみに、右端はプチぷよF5の予備苗。

    R0013927.jpg
    昨年の夏にスタートして今年3月に撤収した香川本鷹。
    冬の低温ではちゃんと赤くなってくれませんでしたが、
    ja_kagawa.jpg
    以前のJA香川県のHPに有った写真と、まあまあ同じ様な感じ?

    R0013922.jpg
    微肥料土耕の泉州水茄子はまだ本葉2枚目くらい。
    1箇所3株ずつ残してますが、そろそろ1株ずつに間引かなくては・・・。
    いつもより遅れて、やっとトマトを養液槽にセット

    R0013905.jpg
    後ろの果樹と重なって見づらい写真ですが・・・(^^;
    西ベランダのプラ舟にはリドルタ(左)とジャーマン・ジャイアント
    どちらも草丈50cmくらいのヒョロヒョロ

    R0013908.jpg
    南ベランダのRV-BOXには、
    左からプチぷよF5、ショコラ、プラムレモン、パープル・バンブル・ビー
    草丈は、同じく左から35cm、60cm、50cm、45cm
    やっぱりこちらもヒョロヒョロ

    R0013909.jpg
    微肥料土耕のアロイトマトの草丈は未だ15cmくらい
    もう5月になっちゃいましたね。
    いつもならもう夏野菜を養液槽にセットするんだけど・・・
    今年はサボってばかりで、トマト・ナス・トウガラシの苗を太陽に慣れさせるのを
    忘れてた。ベランダの準備(前作の片付け)も出来てない(^^;

    R0013900.jpg
    オクラも未だにこんな状態。
    4月2日スタートの楊貴妃(左)とエメラルド(右)。どちらも胚軸が10cm以上。
    胚軸切断をしようか迷っているうちにタイミングを逸してしまいました。

    R0013901.jpg
    同じく4月2日スタートの白い丸莢オクラ(左)は、結局1株だけ(^^;
    で、4月12日に10粒で再スタートしたら(写真では7株に見えるけど)8粒発芽。
    ってことで、やっぱり今年のメインは白い丸莢オクラに決定。

    R0013902.jpg
    メインの白い丸莢オクラは、いつもの様に1ポットに2株ずつで2ポット。
    生長度合いが違う株を1つのポットに植え付けると小さい方の育ちが悪くなりそうで、
    1株しかない4月2日スタートのは残念ながら不採用。4株とも4月12日スタートの株。
    楊貴妃とエメラルドはペットボトル栽培になるので1株ずつ。
    R0013889.jpg
    千成F6(左)と千成F7(右)
    いつものことですが・・・、小さなプリンカップのまま放置し過ぎ(^^;
    F6が4株とF7が3株なので予備苗も含めて3株ずつポット上げするつもりでしたが、

    R0013891.jpg
    F7は1株(右端)の本葉が奇怪しい。子葉も他より小さめ。

    R0013895.jpg
    で、F7は2株にしてF6を4株ポット上げ。
    どんな形質になりますかねぇ?それに雄花も咲いて採種もできますかねぇ?
    肝心の収量は年々減ってる様な気もするけど・・・(笑)
    R0013879.jpg
    イチゴの桃薫が花をたくさん咲かせてます。
    これは、右隣のペットボトル水耕の2株から伸びたランナーをプランターの土の上に
    適当に放置しておいただけで、太郎も二郎も三郎も全て混在で何株あるかも不明(笑)
    ちゃんと人工授粉をしないとダメかなぁ?めんどくさいなぁ(^^;

    R0013880.jpg
    ペットボトル水耕の方は・・・、手前の株は完全に枯れてます。
    奥の株は何とか生きてますが花は見当たりません。

    R0013881.jpg
    プランターハンガーでコンクリートフェンスに設置している日向土の3株は、
    左から、おおきみ、まんぷく2号、桃薫。
    日当たりは良いのですが風雨に曝される環境なので、こちらの方が低温になるかも?
    肥持ちも良くないだろうし、やっぱり日向土が良くない?(^^;

    R0013882.jpg
    おおきみには花が咲き終わった痕跡が・・・(^^;
    昨夏に子苗を取り損ねたのでこの1株しか無い。とりあえず今年は苗取りをしたい。

    R0013883.jpg
    まんぷく2号は花を咲かせてます。でも最初の写真の桃薫と比べると寂しい(笑)
    大粒品種のはずなのに花が小さい(^^;
    これも子苗を取り損ねてこの1株だけなので今年こそ・・・。

    R0013885.jpg
    こちらの桃薫は・・・、真ん中にツボミを着けているが・・・

    R0013886.jpg R0013888.jpg
    1株だけ残っている四季なりの優香。これもほとんど放置(笑)
    いつの間にか小さな実が・・・、でも既に萎びて食べる気もしない(^^;

    うちではイチゴが上手くできたことが無いんだけど・・・
    まあ、ほとんど放置したままなのでちゃんとは育たないよなぁ(^^;
    R0013877.jpg R0013878.jpg
    4月1日に微肥料プランターに直播きしたアロイトマトがいつのまにか発芽してた。
    2箇所に4粒くらいずつ播いたんだけど片方には1株しか芽を出してない。
    まあなんとか2箇所とも育ってくれるのでは・・・?
    (一緒に直播きした泉州水ナスの方は未だ全然)

    ついでに水耕トマトの今日の状態(ポット上げは4月6日)
    R0013874.jpg
    プチぷよF5は形質がどうなるか・・・?ってことで、これだけは2株ポット上げ

    R0013872.jpg R0013873.jpg
    芽を出した時に茎がクルンと1回転してたジャーマン・ジャイアントは、
    その名残なのか本葉1枚目の所でクイッと曲がってる。

    R0013870.jpg R0013871.jpg
    リドルタ(左写真)がなんかヒョロい?(^^;
    右写真はプラムレモン

    R0013868.jpg R0013869.jpg
    ショコラ(左写真)とパープル・バンブル・ビー(右写真)
    この2品種だけは3月下旬(だったと思う)にポット上げ。
    なので、他の品種よりチョット大きくなってる。

    R0013876.jpg
    賀茂茄子も4月6日にポット上げ
    R0013847.jpg
    4月2日からオクラもスタート
    オクラはいつも少量の水(時々交換)に浸け、発根してから日向土(細粒)に埋めます。
    白オクラの楊貴妃とエメラルドはどちらも昨年に自家採種したタネ。
    どちらも発芽テストをしてませんでしたが、8粒ずつ催芽して全て発根。
    ただ、今年の本命オクラはこれでは無くて・・・。

    白い丸莢オクラA 白い丸莢オクラB
    またまたポチッっちゃいました(^^;
    楊貴妃も白くて丸莢で同じなんだけど何が違うの?って感じですが・・・(笑)

    楊貴妃のタネ袋には「肥大20cm以上になるが柔らかい」となっていますが、
    白い丸莢オクラは「莢の長さが15cmぐらいになっても固くならず」となっているので
    若干早めに収穫した方が良いのかも知れません。でも楊貴妃でも昨年は20cm近く
    だと筋っぽくなっていたので変わらないかなぁ?
    では、なぜ白い丸莢オクラをやろうと思ったのか?
    「一般的な丸莢品種と比べて草丈が低いので」この一文です(笑)
    まあホントに低めなのかどうか判りませんが、節間が短めだったらいいなぁ。
    ってくらいの感じです。どうですかねぇ(笑)
    ただ、この名前はどうも好きになれないんだけど・・・(^^;

    R0013848.jpg
    でも・・・、白い丸莢オクラはまだ全然発根してない(^^;
    楊貴妃とエメラルドは吸水して一回り大きくなっているのに、これはあまり膨らんだ
    感じがしないんだよなぁ。ちゃんと吸水してるんだろうか?
    まあこのままダメだったら今年も楊貴妃がメインになるかも?(笑)

    R0013844.jpg
    キュウリは昨日スタートで(写真では判りにくいが)既に全て発根。さすがに早い(笑)
    今年はミニキュートをやめて千成だけ。
    F7のタネは採種果でも10cmしかなくて小さかったので、F7だけだと心もとない。
    ってことでF6とF7を2株ずつ栽培する予定です。