上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    R0014698.jpg
    台風が通過して翌々日。万願寺とうがらしが昨日よりも更に落葉してます。

    R0014700.jpg
    赤く熟した万願寺は酸味があってあまり好きじゃないのに、ほとんどが赤くなって
    しまうほど収穫をサボっているくらいなので、まあ終了でもいいけど(笑)

    R0014696.jpg R0014697.jpg
    今年はほとんどブログに登場してませんが、香川本鷹も今日になって落葉。
    垂れ下がった枝には葉っぱがほとんど無い。
    こちらもほとんどが真っ赤になっているので終了かな。

    昨日よりも今日の方が何故こんなに状態が悪いのか?
    雨が降った翌日の晴天でグッタリすることはよくあるが落葉まではしない。
    昨日は晴天で、いつもだと2Lのペットボトル養液槽が1日でほぼ空になるのに
    今日の朝に給水しようと思ったらほとんど減ってなかった。
    原因はたぶん酸欠で根腐れ。基本的にうちはブクブク有りのドブ漬け水耕。
    それが22時間も停電していたのでエアレーションもストップ。
    雨が養液槽に入って満水状態でブクブクも22時間無し。

    で、トウガラシの耐水性について検索したら下記の資料がありました。
    広島県の農業資料「露地・施設野菜における湛水・冠水害について」の一部を抜粋
    kansui_hiroshima.jpg
    トウガラシはピーマンと同様だと思うので1日で被害。22時間はほぼ1日だよね。
    1日と言っても、同じ欄のトマトやキュウリは下記の別表だと7~8時間になって
    いるので、トウガラシ類も短いかも?

    熊本県の農業資料「長雨・豪雨に伴う農作物技術対策」の一部を抜粋
    kansui_kumamoto.jpg
    この表だとメロンが7~8時間なので、マクワウリも同じくらいだろうなぁ。

    R0014702.jpg R0014703.jpg
    白い丸莢オクラも昨日よりも更に、かなりの葉っぱが落ちてしまいました。
    オクラの資料はよくわからないのですが、酸欠に弱そうな感じです。

    台風による被害と言うか、台風が原因の停電による2次被害ですね。
    9月4日の日没前には既にほとんど雨も降っておらず、そのタイミングで養液槽の水を
    抜いて、半分くらいの根っこを水中から出してあげればよかったのかなぁ?
    でも水道が使えなかったので、ベランダの片付けとかも含めて、手が汚れる作業は
    極力したくなかったんだよなぁ(^^;

    R0014701.jpg
    山科ナスは台風の風の被害も少なかったし、その後の酸欠の影響もなさそうです。
    関連記事
    スポンサーサイト
    R0014355.jpg
    毎年のことだけど・・・、今年も小さなプリンカップのままでポット上げが遅すぎ(^^;

    R0014356.jpg
    で、やっとポット上げ(左の2株が万願寺トウガラシ、右の2株が香川本鷹)
    R0014320.jpg
    いつも通り、今年もトウガラシからスタートです。
    辛くない系はいつもの万願寺トウガラシ(JA)、辛い系は香川本鷹。
    2月5日に催芽をスタートし、2月12日に発根を確認。
    この時点で香川本鷹は8粒中7粒が発根してますが、万願寺の方は2粒だけ。
    でも、この翌日(13日)に1粒、14日にももう1粒発根し、最終的に6粒が発根。
    いつもの様に発根したタネを日向土に埋めて、

    R0014321.jpg R0014322.jpg
    今日(2月21日)、やっと双葉が顔を出しました。
    発根と同じ順番で、2つはしっかり展葉、1つはもうちょい、
    で、ボケボケ写真になっちゃいましたが、もう1つは明日には展葉してくれるのでは?

    R0014323.jpg
    香川本鷹は6つがしっかり展葉、1つは上手く展葉できないみたい。
    発根してないまま埋めたタネは、掘ってみたらまだ発根してなかったので捨て。
    R0014005.jpg
    万願寺トウガラシ(JA)
    ほとんど放置していたのでゴチャゴチャ。
    いつもの様に勢いの良い1本を柵の上まで伸ばす予定ですが、
    なんだか今年は腋芽の発生は旺盛なのに上への伸びは鈍い。

    R0014009.jpg
    で、腋芽を摘芯したり間引いたり・・・

    R0014010.jpg
    あまり変わっていない?まだゴチャゴチャ(笑)

    R0014011.jpg
    まだ細いのが多い

    R0014000.jpg R0014001.jpg
    あじめこしょう

    R0014002.jpg R0014003.jpg
    香川本鷹
    R0013916.jpg
    西ベランダのいつもの場所に、万願寺トウガラシと賀茂茄子をセット。
    まだ太陽にあまり慣れていないので葉っぱがダラ~としてますが大丈夫でしょう。

    R0013917.jpg R0013918.jpg
    万願寺トウガラシは既に着果してます。
    賀茂茄子には小さなツボミを確認。

    R0013919.jpg
    南ベランダのキュウリもセット。
    今年のキュウリは全て千成で、F7(左)とF6(右)を2株ずつ。

    R0013920.jpg
    各節に雌花の赤ちゃん。
    採種するには雄花も必要ですが、どうですかねぇ?

    R0013923.jpg R0013926.jpg
    あじめコショウはまだ置き場所が確保できていないので、とりあえず室内窓際に。

    R0013924.jpg R0013925.jpg
    発芽テストの後に捨てきれなかった香川本鷹も、あじめとは別の部屋の窓際に。
    ちなみに、右端はプチぷよF5の予備苗。

    R0013927.jpg
    昨年の夏にスタートして今年3月に撤収した香川本鷹。
    冬の低温ではちゃんと赤くなってくれませんでしたが、
    ja_kagawa.jpg
    以前のJA香川県のHPに有った写真と、まあまあ同じ様な感じ?

    R0013922.jpg
    微肥料土耕の泉州水茄子はまだ本葉2枚目くらい。
    1箇所3株ずつ残してますが、そろそろ1株ずつに間引かなくては・・・。
    R0013821.jpg
    ブログ更新をすっかりサボっている間に、明後日にはもう春分の日だよ(笑)
    サボっているのはブログ更新だけじゃなくて、トウガラシのポット上げも未だ(^^;
    小さなプリンカップに、既に本葉が2枚以上になった苗が6株ずつ。
    左から、万願寺トウガラシ・あじめこしょう・香川本鷹

    R0013822.jpg
    万願寺のプリンカップに、万願寺6株とは別に何か判らない芽が・・・。
    日向土はもちろん使い回しだけど、発芽しなかった古いタネやこぼれタネが混入して
    いたとしても、使い終わった日向土は鍋で数分は煮ているのでタネも煮えちゃってる
    と思うんだけど・・・何で?

    R0013823.jpg
    で、やっとポット上げ
    あじめがグッタリしているのがチョット気になるけど、まあ大丈夫でしょう。
    いつもは予備も含めて4株ずつポット上げしてましたが、面倒なので今年は2株ずつ。

    R0013824.jpg
    辛い系は育苗に失敗して1株になっちゃったとしてもまあいいんだけど・・・、
    万願寺はやっぱり2株は欲しいので、念のためプリンカップに1株だけ残してます(笑)

    R0013817.jpg R0013819.jpg
    昨年の夏スタートの香川本鷹
    屋外(左写真)のは寒さに負けて枯れたまま放置。まだ赤じゃなくてオレンジ色。
    室内窓際(右写真)のは水切れのまま放置。もう真っ赤。

    R0013820.jpg
    で、室内窓際のを収穫・撤収。比較用に屋外のも1果だけ(右端)
    どちらも同じ莢から採ったタネで育てたんだけど大きさが全然違う。
    やっぱり環境(RV-BOXとペットボトル)の違いの所為ですかねぇ?
    R0013801.jpg
    今年の夏野菜もトウガラシ類からスタート
    辛くない系はいつもの万願寺トウガラシ(JA) 最後の(JA)は「JAにのくに」から
    お取り寄せした万願寺甘とう(秀品)を追熟して採種したタネの子孫の意味。
    2012年にお取り寄せ品から採種し、2013年から毎年自家採種をして今年で5代目。
    辛い系は、そろそろタネ更新の為に2012年以来のあじめこしょう。

    R0013802.jpg
    じつは香川本鷹も催芽してました(^^;
    2月11日に未乾燥状態で収穫したばかりのタネを数時間乾燥させただけで播種(笑)
    さすがに早すぎてダメかなぁ?とあまり期待してなかったんだけどあっさり発根。
    休眠も全く無いし、しっかり乾燥してなくても意外と大丈夫なんだね。
    保存するタネはちゃんと乾燥させてからじゃないとダメだけど。

    香川本鷹は万願寺とあじめより半日以上遅れての催芽スタートでしたが最初に発根。
    一番遅く発根しだしたのはあじめでした。やっぱり新しいタネの方が早い?
    結局、3品種とも8粒中6粒ずつ発根。

    R0013803.jpg
    発根したタネは、いつもの様に日向土に埋めて芽が出るのを待ちます。
    1つのカップに6粒播きは多すぎ?(笑) でもカップを増やすと邪魔だし・・・(^^;
    R0013768.jpg R0013795.jpg
    左写真(1月21日)の頃はまだちょっとダラ~ンとしたり復活したりでしたが、
    右写真は今日(2月11日)の状態。水切れさせてないけど葉っぱがチリチリ。
    今日も雪がチラチラしてたし、ベランダの香川本鷹はさすがにもうダメですねぇ。
    果実はまだ赤くなってないけど、もう少し暖かくなってベランダで作業をする気に
    なれたら撤収ですね(笑)

    R0013791.jpg
    室内窓際のペットボトルの香川本鷹の方は、もうしっかり赤くなってます。
    これも葉っぱチリチリですが、こちらはもう水切れしたまま放置しているから。
    で、左上の一番大きいのを1本収穫

    R0013792.jpg R0013793.jpg
    果長は7cm(ベランダの香川本鷹の方がもう少し大きめ)

    R0013794.jpg
    まだ乾燥してないけど、とりあえず採種
    胎座と隔壁も一緒に取り除いてしまうと辛さ激減なのでちゃんと残してます(笑)

    で、どうやって食べようかなぁ?やっぱり(パスタの)ペペロンチーノ?
    と思ったんだけどアーリオ(ニンニク)が無い。買いに行くのも面倒なので・・・、
    結局、刻んでインスタントラーメンに(笑)
    乾燥トウガラシじゃないので爽やかなお味。そしてほど良いピリ辛。

    R0013800.jpg R0013798.jpg
    プチぷよF4は・・・、とうとうヒヨドリに見つかっちゃいました

    R0013797.jpg R0013799.jpg
    コンクリートフェンスの上もベランダの床面も汚ねぇ(^^;
    少し前に見たときには食べかけが散らかってたのに、いつの間にか無くなってた(笑)
    プチぷよは春まで粘ろうと思ってたんだけど、これも撤収かなぁ?
    R0013763.jpg
    12月18日に室内窓際に移してから約1ヶ月。
    香川本鷹がやっと赤くなってきました。

    R0013766.jpg R0013768.jpg
    ベランダの香川本鷹にも赤みを帯びて来たのがチラホラ。
    でも、(水切れはさせてないが)全体的に葉っぱがダラ~ン。
    まあ夏野菜に今の気温はツライよなぁ(笑)

    R0013769.jpg R0013770.jpg
    プチぷよF4は色付き始めてもう1ヶ月以上だが、まだ赤色にはほど遠いオレンジ色。
    触ってみてもまだぷよぷよした感じがあまり無い。
    とりあえずサンプル収穫しようかと思ったら、床の隅っこに転がってた(笑)
    たぶん、昨夜の強風で落果した?

    R0013771.jpg R0013772.jpg
    2つ合わせても11g(5gと6g)。ちっちぇ(笑)
    皮が薄くて食感はプチぷよっぽい。酸味は全く無く結構甘い。
    R0013698.jpg
    寒くても頑張っている夏野菜(プチぷよF4と香川本鷹)

    R0013702.jpg R0013701.jpg
    プチぷよF4がやっと色付き始めました。
    寒いからなのかF4だから形質が違うのか、F1と比べて小さいなぁ。
    ぷよぷよ感は未だ判りませんがツヤツヤの表面はプチぷよっぽいですねぇ。
    まだまだ新しい花も咲いてますし新たに着果もしている様です。

    R0013703.jpg R0013704.jpg
    香川本鷹は7cm以上の物も。大きいのは重いからか直立できず横向き。
    まだ新しい花も咲いてますが、数はかなり少なくなりました。

    R0013705.jpg R0013707.jpg
    ペットボトルの香川本鷹は、2ヶ月前くらいには既に新しい枝の伸長も花も無し。
    下の方の葉っぱも落ちました。
    果実は徐々に黒くなってきて色付き始めたのかと思ったら、こんな状態になって
    もう1ヶ月近い(^^; 低温に因るアントシアニン着色ですかねぇ?
    RV-BOXの方では見られないんですけど・・・。

    R0013708.jpg
    で、寒い屋外から室内窓際に移動。赤くなってくれるかなぁ?