R0013934.jpg
    そろそろオクラを養液槽にセットしなくては・・・。と思いながら、
    ふとトマトのわき芽が気になって、わき芽掻きをした後にオクラを見たら・・・、あれっ!

    R0013935.jpg
    トマトのわき芽掻きをするために、しゃがんだ時にお尻が・・・。
    今年メインの白い丸莢オクラの葉っぱを2枚折っちゃいました。
    うぅ~、オクラの養液槽セットを先にやってたらこんな事には・・・。orz

    R0013936.jpg
    で、オクラを養液槽にセット(西ベランダのいつもの場所)
    草丈はまだ10cmほど

    R0013937.jpg
    4株とも小さなツボミが着いてますが、咲くのはまだまだですね。
    それよりも、既にピンクのアブラーが来てる(^^;

    R0013939.jpg
    楊貴妃(左)とエメラルド(右)は草丈17cmくらい

    R0013940.jpg R0013941.jpg
    楊貴妃(左写真)、エメラルド(右写真)
    こちらの方がツボミも大きくなってますが、それでも咲くのは6月になってから?

    R0013942.jpg
    置き場所が確保できていないので、とりあえずキュウリの予備苗と一緒に。
    もう5月になっちゃいましたね。
    いつもならもう夏野菜を養液槽にセットするんだけど・・・
    今年はサボってばかりで、トマト・ナス・トウガラシの苗を太陽に慣れさせるのを
    忘れてた。ベランダの準備(前作の片付け)も出来てない(^^;

    R0013900.jpg
    オクラも未だにこんな状態。
    4月2日スタートの楊貴妃(左)とエメラルド(右)。どちらも胚軸が10cm以上。
    胚軸切断をしようか迷っているうちにタイミングを逸してしまいました。

    R0013901.jpg
    同じく4月2日スタートの白い丸莢オクラ(左)は、結局1株だけ(^^;
    で、4月12日に10粒で再スタートしたら(写真では7株に見えるけど)8粒発芽。
    ってことで、やっぱり今年のメインは白い丸莢オクラに決定。

    R0013902.jpg
    メインの白い丸莢オクラは、いつもの様に1ポットに2株ずつで2ポット。
    生長度合いが違う株を1つのポットに植え付けると小さい方の育ちが悪くなりそうで、
    1株しかない4月2日スタートのは残念ながら不採用。4株とも4月12日スタートの株。
    楊貴妃とエメラルドはペットボトル栽培になるので1株ずつ。
    R0013847.jpg
    4月2日からオクラもスタート
    オクラはいつも少量の水(時々交換)に浸け、発根してから日向土(細粒)に埋めます。
    白オクラの楊貴妃とエメラルドはどちらも昨年に自家採種したタネ。
    どちらも発芽テストをしてませんでしたが、8粒ずつ催芽して全て発根。
    ただ、今年の本命オクラはこれでは無くて・・・。

    白い丸莢オクラA 白い丸莢オクラB
    またまたポチッっちゃいました(^^;
    楊貴妃も白くて丸莢で同じなんだけど何が違うの?って感じですが・・・(笑)

    楊貴妃のタネ袋には「肥大20cm以上になるが柔らかい」となっていますが、
    白い丸莢オクラは「莢の長さが15cmぐらいになっても固くならず」となっているので
    若干早めに収穫した方が良いのかも知れません。でも楊貴妃でも昨年は20cm近く
    だと筋っぽくなっていたので変わらないかなぁ?
    では、なぜ白い丸莢オクラをやろうと思ったのか?
    「一般的な丸莢品種と比べて草丈が低いので」この一文です(笑)
    まあホントに低めなのかどうか判りませんが、節間が短めだったらいいなぁ。
    ってくらいの感じです。どうですかねぇ(笑)
    ただ、この名前はどうも好きになれないんだけど・・・(^^;

    R0013848.jpg
    でも・・・、白い丸莢オクラはまだ全然発根してない(^^;
    楊貴妃とエメラルドは吸水して一回り大きくなっているのに、これはあまり膨らんだ
    感じがしないんだよなぁ。ちゃんと吸水してるんだろうか?
    まあこのままダメだったら今年も楊貴妃がメインになるかも?(笑)

    R0013844.jpg
    キュウリは昨日スタートで(写真では判りにくいが)既に全て発根。さすがに早い(笑)
    今年はミニキュートをやめて千成だけ。
    F7のタネは採種果でも10cmしかなくて小さかったので、F7だけだと心もとない。
    ってことでF6とF7を2株ずつ栽培する予定です。