R0014063.jpg R0014062.jpg
    十六ササゲが天辺に到達しました。
    昨年はちょうど今頃にヨトウ騒ぎがありましたが、今のところ大丈夫そう。
    でも、葉っぱは相変わらずチリチリ(^^;

    R0014065.jpg R0014069.jpg
    で、天辺を摘心(左の1株だけはあともう少し)
    摘心前から既に各節に側枝が出ているので、これから一気にモジャモジャになりそう。

    R0014066.jpg R0014067.jpg
    エダマメの濃姫は植え付け時に既に花芽が有ったので株がほとんど育たない。
    こんな小さい株で着莢して、たぶんこれ以上は大きくならないのでは・・・?
    R0013896.jpg R0013897.jpg
    4月12日に播種した黒大豆の農姫(4月23日の状態)
    ビヨ~ン、胚軸が長すぎ(笑)

    R0013898.jpg R0013899.jpg
    で、摘芯断根挿し木育苗
    下胚軸の切断と、子葉のすぐ上で上胚軸も摘心して砂に挿し木

    R0013910.jpg
    5月6日の状態
    挿し木から10日くらいでポット上げするつもりでしたが、結局2週間後(^^;

    R0013913.jpg
    根っこはちゃんと伸びてますが、子葉の上の側枝のバランスが悪い

    R0013915.jpg
    微肥料土耕の、アロイと水ナスのプランターから土を取ってポット上げ

    R0013943.jpg
    今日(5月20日)の状態
    ポット上げ10日くらいで移植するつもりが・・・、またまた2週間後(笑)

    R0013944.jpg
    もしかして既に花芽?

    R0013945.jpg R0013946.jpg
    微肥料土耕のプランターに植え付け
    アロイ(左写真)と水ナス(右写真)と混植
    DSC01980.jpg
    う~ん、どう見ても過繁茂だよなぁ・・・。
    強風よりも、雨に濡れた時の葉っぱの重さの方が辛そうにしてますが、
    何とか倒れずに頑張ってます。(笑)

    DSC01984.jpg
    花が咲き始めてから結構経つのに、なかなか着莢してくれなくて
    ヤキモキしてたんだけど、やっと少しずつ着莢しだしました。
    でも、やっぱり樹ボケ状態なのかなぁ?
    着莢数も少ないし、ちゃんと膨らんでくれるんだろうか?

    DSC01986.jpg
    天板の上に誰かさんの落とし物が・・・。
    この大きさから考えても、犯人はまあまあの大きさが有ると思うんだけど、

    DSC01987.jpg
    所々に齧られた痕跡が有るだけで、捜索しても犯人は見つかりませんでした。
    どこかにひっそりと隠れているのかなぁ?

    DSC01989.jpg
    時期外れの濃姫は、少な~い莢が膨らんできたので収穫しました。

    DSC01990.jpg
    少なっ!お通しでもこんなに少なく無いぞ(笑)
    たったこれだけを、わざわざ塩揉みしたり塩ゆでしたりなんて面倒なので、
    手抜きをして茹でた後に塩をふって食べました。
    うん、美味しいんだけど物足りな~い。丹波黒はもう少したくさん、お願い。
    (8月5日)
    DSC01856.jpg
    養液槽にセット時の根っこ

    DSC01901.jpg
    で、半月後の今日の根っこ
    天板を持ち上げるのが大変なので、ずらした状態で写していて見づらいけど、
    結構モジャモジャになってます。

    DSC01897.jpg
    昨日の記事では載せませんでしたが、丹波黒がもう1本。
    子葉の上で摘心して、2本の脇芽が伸びたけど、片方が育たなかったので、
    RV-BOXの養液槽にセットする選に漏れた株です。
    株元付近の太さは約6mm、ほとんど分枝してない。つるありエダマメって感じ(笑)

    DSC01898.jpg
    で、その根っこの状態
    1枚目のセット時の写真とは別株だけど、多分、半月前は同じくらい
    だったと思うので、若干増えたかな?って程度ですね。

    DSC01900.jpg
    濃姫の根っこも同じくらい。

    RV-BOXの養液槽にはブクブクも入れてますが、やっぱり根域の広さで
    根量が全然違います。根っこの違いがどの程度地上部の違いになって
    いるのか判らないけど、分枝数に影響してるかも?
    DSC01886.jpg
    丹波黒の花が咲き始めました。
    同じ黒豆でも、濃姫は真っ白な花でしたが、丹波黒は薄紫です。

    (8月5日)
    DSC01857.jpg DSC01887.jpg
    右の写真は今日
    2週間でかなり大きくなり、草丈50cmくらいになりました。
    分枝も結構しているので、期待大です。

    DSC01890.jpg DSC01891.jpg
    株元の太さは、片方が6mmと6.5mmでまあまあ同じくらい。
    もう片方は6.5mmと4mmで、細い方は分枝も少なめ。

    DSC01892.jpg DSC01893.jpg
    葉っぱも大きくなり、草丈も高くなって、さすがに支えが無いと倒れる様に
    なってきたので、養液槽の両脇に針金を立てて、

    DSC01894.jpg
    針金の間にビニール紐を張って支えてます。
    昨日の雷雨前の突風にも耐えた様なので、まあ大丈夫じゃないかな?
    台風の時はどうなるかわからないけどね(^^;

    DSC01895.jpg
    中早生品種の濃姫は時期外れの栽培なので、あまり大きくならずに花が咲き始め、
    莢が十数個しか着いてません。収穫にはまだチョット早いかな?
    (7月11日)
    DSC01740.jpg
    7月11日にポット上げしたエダマメ
    その時の記事はこちら

    DSC01854.jpg
    で、今日の状態(丹波黒)
    子葉の上で摘心し、生長点が2本になっているんだけど、
    右の株は、片方の生長があまり良くありません。

    DSC01855.jpg
    株元を見ても、左の株はほぼ同じ太さですが、右の株はだいぶ違います。

    DSC01856.jpg
    根っこの状態
    今まで900mLのペットボトルだから、まあこんなもんでしょう。(笑)

    DSC01857.jpg
    カボチャを撤収した跡地にセットしました。
    もちろん養液槽は洗浄して、ビニールも張り替えてますよ。

    DSC01852.jpg
    で、残りの2株は、
    右の丹波黒は、片方の生長点がほとんど育たず、黄色くなっちゃってるし。
    左の濃姫は、既に花が咲いて着莢してます。

    DSC01853.jpg
    濃姫の花
    ちっちゃいけど、豆科の花ってみんな同じ様な形ですね。(笑)

    DSC01858.jpg
    十六ササゲは、小休止状態
    7月下旬から急に着莢しなくなり、しばらく花も咲かなかったのが、
    最近やっとまた咲き始めてくれました。
    でも落莢が多くて、第2次収穫期にはなってくれません。
    ハダニが多くなってきたので、対策しなくては・・・。

    【追記】ポットについて質問を頂きましたので説明します。
    DSC01861.jpg
    使っているのはプレステラ90です。
    近所のHCで10個セットが98円で買えるので、百均より安いです。
    900mLのペットボトルにちょうど良いサイズです。
    育苗後もこのポットのまま養液槽にセット出来る様に天板を作ってます。

    左が加工前の新品。右が加工後(赤印部)
    (画像クリックで、赤印が無い写真が見れます)
    底面と側面底部にも、根が出やすい様に穴を開けてます。
    第一弾枝豆はヒョロヒョロのつるあり状態に・・・。
    第二弾は既に花芽が出来ているのに気付かず摘心してしまい、
    分枝もしてくれず惨敗。

    (6月30日)
    DSC01675.jpg
    で、第三弾は、丹波黒大粒大豆
    うっ、なんかこの写真、真ん中に吸い込まれそうな・・・
    長く見つめると気持ち悪くなりそう(笑)

    前の濃姫と比べると、やっぱり粒が大きいです。
    一応、土中緑化をして、この後もう一度、土をかぶせましたが、
    あまり深くかぶせてないので、土中緑化と言えるのか?

    DSC01738.jpg
    7月3日に断根・摘心して、砂に挿し木してました。
    (写真は今日の状態)

    DSC01739.jpg
    全て発根成功。右端の1本は濃姫です。
    丹波黒は大粒なので、もちろん子葉が大きいし、紫色の胚軸も
    太くてガッシリした感じ。

    DSC01740.jpg
    いつもの様にポット上げ(右端は濃姫)
    またしばらく晴天がなさそうだけど、今のうちに新しい環境に
    慣れて、梅雨明けしたら太陽の下で元気に育って欲しいな。

    DSC01734.jpg
    長~い莢がブラブラ~、十六ササゲはそろそろ本調子?
    栽培初期の頃は縮れた葉っぱばかりで、もうダメかと思い、
    播き直しもしてたんだけど、徐々に綺麗な葉っぱが繁り出して、
    何とか大丈夫そうなので、播き直し分は撤去(ゴメンね)
    今のところ、ハダニもカメムシもまだ居ない様だけど、
    すぐに見つかっちゃうんだろうなぁ・・・。

    DSC01735.jpg
    これくらいまとめて収穫できると嬉しい。
    1本は約60cm、やっぱり外側にあって見落としてた。
    40-50cmくらいがちょうど良いんじゃないかなぁ?
    まあ、収穫は長さより膨らみ具合が基準だけどね。


    【追記】900mLのペットボトルと豆乳パックの関係
    DSC01741.jpg
    今まで全然説明してなかったけど、セットしたばかりの時は
    液肥じゃなくて水だけなので、まだ遮光もしてなくてペットボトル
    がむき出しのままですが、液肥を入れる様になったら内側が
    アルミ処理されている豆乳の紙パックの中に、ペットボトルごと
    入れて遮光します。
    ペットボトルは角が斜めになっているので、少しは光が入って
    しまいますが、大したことは無い様です。

    豆乳パックは、ペットボトルより少し高くしているので、
    ペットボトルをそのまま豆乳パックに入れてしまうと、給水時の
    液肥量確認とか、ペットボトルを持ち上げるのが難しくなります。
    写真の様に15cmほどのOPPテープを5cm折り返した物を張り、
    持ち上げるためのタブにしています。(通常は透明テープ)

    雨水が入る場所に置く場合は、豆乳パックの底に排水穴を
    開けてます。
    DSC01440.jpg
    4月24日に播いた十六ササゲ。
    1ポットに2本ずつにしてます。
    初生葉までは綺麗なんだけど、本葉は縮れたのばっかり。
    病気?アザミウマとアブラムシの所為?
    暖かくなったからか、先週から急にツルが伸び始めたので、
    養液槽にセット、今年は十六ササゲも水耕で行きます。
    もうこのまま綺麗な本葉は出てくれないのかなぁ?
    とりあえず播き直ししとくか。

    DSC01441.jpg
    第一弾のエダマメはヒョロヒョロにしてしまい、着莢しても
    豆はほとんど大きくならず、数個だけ収穫して終了。
    で、第二弾、第三弾と播き直したけど、なかなか上手く発芽
    させられなくて、左と真ん中のはたぶん4月上旬の播種で、
    断根・摘心・挿し木して、ポット上げは4月下旬だと思う。
    右のは4月20日の播種で、5月16日までオクラと一緒に挿し木
    してたやつです。

    DSC01442.jpg
    分枝を促すために、本葉4枚で更に摘心したんだけど、
    いつの間にか着莢しちゃってるし・・・、もうあまり分枝
    してくれないかも?
    いや~、昨日は台風以上に凄かったですねぇ。
    熱帯低気圧の台風だったら、何日も前から進路予想とか
    暴風円とか、それなりに心構えが出来るけど、今回のは
    温帯低気圧が急速に発達した爆弾低気圧で、いきなりの
    暴風雨って感じだったし、北上しても台風みたいに衰える
    どころか更に発達して、日本全国に被害が及びました。

    DSC01241.jpg
    うちのマンションでは、台風でも破損した事が無かった
    南ベランダのパーティションが割れました。
    うちは南西角部屋で、昨日、東隣とのパーティションが
    割れたのは分かってたんだけど、今朝になって確認したら、
    一番東端の部屋のベランダまで見えてました。(笑)
    最上階7Fの南側のパーティションが全部無くなってて、
    6Fより下は大丈夫だった様です。

    DSC01242.jpg
    南ベランダのサヤエンドウ
    うどん粉にやられて葉っぱが上の方まで黄色くなってます。
    放置してたので、今回の強風で折れちゃいました。
    パーティションが無いので、お隣さんどころか、そのお隣の
    お隣からも汚いのが丸見えです。(笑)
    もう撤収するかな。

    DSC01243.jpg
    北隣りとのパーティションは無事でした。
    今はボードが4分割になっているけど、以前は上下だけの
    2分割で1枚の面積が大きかったので、こちらは逆に、
    過去10年間に3回、台風に壊されてます。(笑)
    1回目は上だけ、2回目は下だけが割れ、3回目は2009年に
    アルミの枠ごと壊されました。
    その時の修理で枠が4分割になり、その後は壊れてません。
    3回目の時に、手前に写っている簡易温室の骨組みも破損
    して、1段分低くなってしまいました。

    DSC01244.jpg
    で、タイトルの枝豆ですが、壁にもたれ掛けないと自立も
    出来ない酷い状態になってます。もうダメですね。
    枝豆なんて普通は支柱も無しに自立してるよね?

    とりあえず1日に再播種、今回は屋外のプランターの土に
    播いたので、まだ発芽してません。
    <3月6日>
    DSC01183.jpg
    2月21日に播いた黒エダマメの濃姫
    上手く発芽させられなくて、土中緑化も失敗して、
    徒長しまくりなのが、何とか1本だけ。
    これはもう外科手術をするしかない(笑)

    DSC01184.jpg
    って、別に徒長しなかったとしても、最初から断根・摘心を
    するつもりだったけど、徒長してなければ根っこの生え際辺り
    で切断するのが、胚軸がこんなに長くては・・・半分にカット。
    子葉の上で初生葉もカットし、

    DSC01187.jpg
    砂に挿し木

    <3月10日>
    DSC01194.jpg
    2月25日に追加で播いたのも同じ様に徒長させてしまい、
    同じく外科手術をして、手前が8日、奥が10日に挿し木。
    奥のはまだ子葉がちゃんと開いてないけど、初生葉も
    伸びてたし、既に徒長しちゃってたので無理やりカット。

    <3月20日>
    DSC01225.jpg
    で、ここから今日の状態
    子葉の付け根から2本の主茎が伸びてますが、かなり細い。
    こんなヒョロヒョロで大丈夫か?
    太陽に当ててなくてLED光だけなのでやっぱり日照不足?

    DSC01226.jpg
    左から3月6日、8日、10日に挿し木したもの
    全てちゃんと発根してました

    DSC01227.jpg
    とりあえずポット上げして、さあこの後どこでどうやって
    育てるかなぁ?たぶんペットボトルのままになりそう?