R0013762.jpg
    年末(12月27日)以来のダイコンの記事です(^^;
    これは一番大きかった打木源助大根(1月19日に収穫)

    3つのプランターで12本の伊吹大根を栽培するつもりでしたが、発芽しなかった所に
    打木源助大根を播き直して、伊吹大根8本と打木源助大根4本を栽培。源助大根は
    全て収穫し終わってます。

    R0013837.jpg R0013836.jpg
    ダイコンの自家採種なんて非効率なのは解っているんだけど・・・、伊吹大根は自家
    採種するつもりで、他のプランターからも移植して1つのプランターで3本残してます。
    既にトウ立ちして花も咲きだしてますが、ネットで頭打ち状態でグニャグニャ(笑)

    R0013835.jpg R0013838.jpg
    もうネットを外した方が良いかなぁ?
    (たぶん)カラスにネットを汚されてるし・・・汚ねぇ。
    ネット越しで判りにくいけど、淡い紫に縁取られた十字花。
    R0013735.jpg
    3つのプランターに伊吹大根8本と打木源助大根4本

    R0013741.jpg
    左のプランターには伊吹大根と源助大根が2本ずつ

    R0013739.jpg
    右のプランターにも2本ずつ
    葉っぱの軸が赤いのが伊吹大根

    R0013740.jpg
    真ん中のプランターは伊吹大根が4本

    R0013745.jpg
    伊吹大根は播種(8月27日)からちょうど4ヶ月ってことで1本収穫
    ホントは一番奥のを収穫したかったんだけど・・・、結局収穫し易い手前から。
    それにしても収穫跡の穴が浅い(笑)

    R0013743.jpg R0013744.jpg
    土中には5cmくらいしか入って無かった(笑)
    他のも触ったらグラグラするので余り深くは入ってなさそう(^^;
    本来の伊吹大根は20cmくらいなのでチョット小さめ。

    R0013746.jpg R0013747.jpg
    伊吹大根と言えばやっぱり蕎麦。年越し蕎麦にはまだ早いけど(笑)
    通常の辛味大根よりは水分多め。
    辛みが一番強いお尻からおろしたのでヒリヒリ、食べてたら鼻水出た(笑)
    写真は撮り忘れたけど、葉っぱはきざんでごま油で炒めてだし醤油で味付け。
    ご飯と混ぜて大根菜めし。
    R0013600.jpg
    3つの深型プランターは、今年は全て大根(3つとも微肥料土耕)
    左のは昨年ニンジンと山ごぼうを育てたプランターで土も同じ。今年も山ごぼうを
    育てるつもりで、7月にタネ播きをして本葉2枚くらいまで育っていたのに全滅。orz
    奇怪しいなぁと思ってチョット土を掘り起こしたら、たぶんコガネムシ?の幼虫が
    わんさか出てきたぁ(^^;
    で、3つともひっくり返して幼虫駆除をし、8月27日に伊吹大根のタネ播きました。

    R0013602.jpg R0013610.jpg
    まず真ん中のプランター
    このプランターは4箇所とも伊吹大根
    今のところ一番太くなっているのに500円玉を置いてみた。

    R0013601.jpg R0013607.jpg
    左右のプランターにもそれぞれ4箇所に5粒ずつ伊吹大根を播いたんだけど、どちらも
    2箇所しか発芽してくれず、9月12日に発芽しなかった箇所に再播種。でも伊吹大根は
    発芽率が低いので再播種は打木源助大根にしました。
    (葉っぱの軸が少し赤いのが伊吹大根で、完全に緑なのが打木源助大根)

    R0013609.jpg R0013611.jpg
    昨年は防虫ネット無しでイモムシ被害が酷かったので、今年はしっかり防除。
    でも、もう頭がつかえて窮屈に・・・。それに、ネットに葉っぱが当たっていると
    ネットの外から卵を産みつけられちゃう事もあって、シャクトリムシを1匹発見。
    他にもいるかも?(^^;
    DSC01160.jpg
    ダイコンの花が咲き始めました。でも1本だけ。
    しかも全体像は・・・

    DSC01161.jpg
    こんなん(笑)
    2本目に収穫したダイコンの首から上だけ
    最初の状態の写真がないけど、

    [参考写真]
    DSC00589.jpg
    これは全然別のダイコンで、今年の写真でもないけど、
    最初はだいたい同じ感じ。
    こんな状態からでも、ダイコンは花を咲かせます。

    DSC01162.jpg
    1本目に収穫したダイコンは、花が咲く寸前で折れちゃった。
    折角がんばって根っこに栄養分を貯めたのに、それを切られ
    ちゃったんだから、やっぱり軟弱ですねぇ。

    DSC01163.jpg
    3本目も苔立ちしてきてますが、花が咲くにはもうしばらく
    かかりそう。

    DSC01164.jpg
    自家不和合性のダイコンは1株ではタネが出来ないし、
    長く伸び過ぎて棚の天井にとどいちゃったので、咲いた花は
    切っちゃった。(笑)
    自家不和合性を打破する「蕾受粉」なんて手法もあるらしい
    けど、近交弱勢を考えるとどうなんだろう?
    3本目が咲くタイミングで、2本目の脇芽が咲いてたら授粉
    する予定だけど、上手く合いますかねぇ?

    自家不和合性や近交弱勢を考えると、10株以上で自家採種
    するのが理想だけど、そんなに栽培できません。
    それに、本来なら一旦収穫したダイコンの中から、形質の
    良い物を選抜して、そのままもう一度植えるんだけど、それだと
    少ない株数しか栽培できない環境では、タネを採る為だけの
    栽培になっちゃうので、首から下の部分と大きな葉っぱは食用
    にして、残した部分だけから無理やりタネを採ろうって訳です。
    こんなんでも少量のちゃんと発芽するタネが採れるんですよ。
    まあ、あまり元気なタネでは無いだろうけど・・・(^^;
    DSC01090.jpg
    12月6日の山田ねずみ大根

    DSC01136.jpg
    1ヶ月以上経っても余り太くなってないけど、土が溢れそうに
    なっているので、地下部では太くなっているかも?
    ってことで収穫しました。

    DSC01137.jpg
    う~ん、やっぱり微妙(笑)
    右が山田ねずみ大根です。
    細い首の辺りの太さが約3.5cmで、一番太い辺りで約6cm、
    長さは17cmくらい。やっぱり下の方が凸凹ですね。
    左は打木源助大根で、太さ約7cm、長さ14cmくらいです。

    どちらも根長25cmくらいになる品種だけど、畑栽培か、もっと
    深いプランターじゃないと、そこまでは育ってくれないですね。
    今年もそろそろ始動しなくては・・・。
    ホントは9日に今年最初の記事を書こうと思ったんだけど、
    いきなり撤収の記事じゃ縁起が悪いので、まずは収穫の
    記事からスタートにします。(笑)
    で、今日は「開門神事福男選び」で有名な西宮神社に
    参拝して、残り福を頂いて来ました。
    それにしても今日は風が台風並ですねぇ。それに寒い。

    DSC01130.jpg
    ダイコンがまあまあの太さになったので、1本抜いてみます。
    このまま抜いたら、土が大変な事になるので、

    DSC01131.jpg
    ビニール袋の中で収穫です。

    DSC01132.jpg
    う~ん・・・わざわざ記事を入れ替えたのに、微妙
    あまり縁起が良い記事になりませんでしたねぇ。(笑)
    太さが約6cm、長さ15cmくらいです。
    細い筒状の中で栽培したので、ダイコンが太くなっても土が
    横に逃げる余裕が無くて、しかも日向土を使っているので、
    ダイコンの表面がブツブツになってしまいました。
    もう少し工夫が必要ですねぇ。普通の土の方がいいとは
    思うんだけど、土の再利用がなぁ。

    DSC01134.jpg
    ダイコンが微妙なので、小かぶも収穫
    左の2本が直径5cmくらい。こちらも微妙?(笑)

    右のは葉っぱばっかり太くて大きくなって、他のと違うので
    抜いてみたら、根っこも全然違ってました。
    普通の小かぶは、先端の根っこが細くて簡単に抜けるのに、
    これは根っこが広がっていて、なかなか抜けませんでした。

    DSC01133.jpg
    残りの小かぶ達はまだまだ小さい

    DSC01135.jpg
    赤菜は寒いからか、ほとんど生長してません。
    それになんだか凄い色になって来ました。
    DSC01089.jpg
    9月16日の播種からもうすぐ3ヶ月のダイコン
    大きくなったら離せる様に、1本ずつ別々にしてあるのに、
    結局は置く場所も無く、そのままでゴチャゴチャ(^^;
    一度、シンクイムシに食害されたけど、まだ小さい内に気付き、
    ピンセットで全て取り除いたので、葉っぱを少し食べられただけ
    で済みました。

    DSC01090.jpg
    山田ねずみ大根は太さ3cmくらい

    DSC01091.jpg
    打木源助大根は太さ4.5cmくらい
    どちらも細い。まだ太くなるんだろうか?
    日向土に元肥無しで、時々液肥を与えるだけなので、
    肥料不足かな?

    DSC01092.jpg
    9月上旬にタネを播いたニンジン
    スイートキャロットラブリーキャロットが何本かなぁ・・・
    間引き後もちゃんと育たなかったのも有って、どれだけ
    残っているのか数えてない(笑)

    以前に三寸ニンジンを栽培したことがあるけど、ニンジンは
    栽培期間が長くて、しかもあまり大きくならなかったので、
    もうニンジンはやらないつもりでしたが、ミニニンジンなら
    どうかなぁ・・・と、でもミニでも期間が長いなぁ。

    DSC01093.jpg
    11月に一旦寒くなってから一時期また暖かくなった所為か、
    ラブリーキャロット1本が抽苔しちゃってました。根元は全然
    太くなってないんだけどなぁ。とりあえずこのまま放置で(笑)

    DSC01095.jpg
    スイートキャロットを1本だけ収穫してみたけど、やっぱり
    まだまだでした。円筒形にもなってないし、最太部で2cm弱、
    長さ7cm弱、ちっちゃ!
    洗ってそのまま、生で何も付けずにポリポリ。うっ?甘い。
    最近はスーパーで買ったニンジンを、生のまま何も付けずに
    食べる事がないので比較できないけど、甘いニンジンです。
    DSC01042.jpg
    タネ播きから約1ヶ月のダイコン。
    やっと1本ずつに間引きました。
    少し前から気にはしてたんだけど、放置してたので本葉が
    7~8枚になってました。チョット遅過ぎですね(^^;

    葉っぱにはアザミウマの食痕が目立ちます。
    まあ、害虫対策を何もしていないから仕方がないけど、
    アザミウマは1年中ベランダに居ついちゃってて、不織布
    などで覆っていても必ず入り込まれちゃうし・・・orz
    何とかならんかなぁ。

    DSC01043.jpg
    間引いたのがこれ
    まあまあいい感じに育ってるんじゃないかなぁ?
    遅播きだった昨年よりは順調でしょう(笑)

    それにしても間引きは苦手です。
    勿体ないとか、可哀相って事じゃ無いですよ。
    どっちを間引くかの判断がなかなか・・・。
    まあ迷うくらいであれば、どっちを残してもいいんだろうと
    思うんだけどね。

    DSC01044.jpg
    ついでに同じ根菜の、みやま小かぶも紹介。
    10月14日にタネを播いたのが発芽してきました。
    うわぁ、播き過ぎたぁ。間引き苦手なのに(笑)
    DSC01015.jpg
    9月16日にタネを播いた大根(24日撮影)
    真ん中の2つが山田ねずみ大根で、
    上下の4つが打木源助大根です。
    予想通り、ビヨ~ンと伸びてしまいました。
    播種の後に天気が悪い日が続いたから余計に・・・。

    DSC01016.jpg
    で、増し土をして徒長を隠蔽(24日撮影)
    えっ、隠しきれて無い(笑)

    DSC01018.jpg
    何とか倒れずに育ってます(27日撮影)
    もう少し増し土した方がいいかなぁ?
    この時は本葉が1枚くらいだけど、今は3枚くらいに
    なってます。そろそろ間引かないと。

    DSC01017.jpg
    横から写すとこんな感じ。
    いつもは50cmくらいのプランター(25Lくらい?)に6本植えて
    いたので、やっぱり密植し過ぎ?で大きくならなかった。
    今年はプランターじゃなくて、1本ずつにしてみました。
    これだと生長に合わせて株間をあけられるけど、1本当たりの
    土が3Lでは少な過ぎかな?

    ホントはもっと大きい10号くらいの鉢の方がいいんだろうけど、
    大きいと置き場所にも困るし、土もたくさんいるので・・・。
    深さ30cm、直径15cmくらいの鉢が欲しかったんだけど、
    良さそうな物が見つからないので、比較的側面が平行に近い
    菊鉢(5号)に防草シートの筒を入れて深さを確保しました。
    大根が生長してくると倒れそうな気もするけど・・・、
    上の防草シートだけが倒れると大変な事になるかも。

    とりあえず今年は試しの栽培なので6本だけ。
    上手くできそうだったら、来年は本数を増やそうと思います。
    土は再利用しやすい日向土の細粒です。
    DSC00602.jpg

    伊吹大根がとう立ちしちゃってました。

    DSC00603.jpg

    で、全部収穫、ちっちぇ~
    900mlのペットボトルで底面給水式の養液砂耕だったんだけど、
    やり方よりも播種が10月26日で遅過ぎたのが敗因だと自分に
    言い訳をして、再挑戦しようと思います。
    春播きできる「雪美人」のタネが有るんだけど、4年程前のタネ
    だからちゃんと発芽するかなぁ?
    秋播きは収穫が遅れるととう立ちしちゃうけど、春播きだと
    今度は芯食虫とかの害虫被害が・・・。

    おろし蕎麦で頂きましたが、適度な辛味で美味しかった。
    以前に栽培した事がある「辛吉」は私にはちょっと辛過ぎでした。

    DSC00601.jpg

    山田ねずみ大根(手前)と打木源助大根もとう立ちしちゃってた
    ので、こちらも全部収穫、やっぱりちっちぇ~