R0014218.jpg
    蔓下ろしをしつつドンドン伸ばしていたキュウリも、もう果実が肥大しない。
    ってことで終了。
    今年の収穫本数は、F7がどちらの株も70本ずつ、F6はどちらの株も75本ずつ。
    偶然にも、F7もF6も2株が同じ収穫本数になりました(笑)
    この数年の中ではなかなか良い結果でした。

    R0014219.jpg
    F7の親蔓の長さは、7.15mと6.65mくらい

    R0014220.jpg
    F6の親蔓の長さは6.70mと6.90mくらい

    R0014226.jpg
    で、採種果ですが・・・
    ホントは1株に1果ずつにしたかったんだけど、F6の1株だけ3果も(笑)
    7月21日に人工授粉をして、その後なかなか肥大しないので7月29日にも人工授粉。
    それも肥大しないので8月4日にも人工授粉。結局3果ともあまり大きくなってない(^^;
    いつもは採果後に追熟をするんだけど、今年は既にフニャフニャになっているので、
    もう中身を確認します。

    R0014227.jpg R0014228.jpg
    まずはF7から・・・、う~ん、ダメだなぁ。小さい未受精タネばかり。

    R0014229.jpg
    F6(右端の株)も・・・、全然ダメ。

    R0014230.jpg R0014232.jpg
    1株に3果着けたF6も・・・全滅?と思ったら、

    R0014231.jpg R0014233.jpg
    7月29日に人工授粉した1果から1粒だけ水に沈むタネが・・・(笑)
    でも何か凹んでるし、ちゃんと発芽するか怪しい(^^;

    R0014234.jpg R0014235.jpg
    ついでに、8月24日に採果して室内で追熟していた泉州水ナスの採種も。
    う~ん、いつものナスと全然違う。泉州水ナスは水分が多いからかなぁ?
    でも、泉州水ナスは2015年にも採種しているけどこんなんじゃ無かった。
    まあ若干の発酵臭が有るけど腐ったって感じではない(笑)

    R0014236.jpg
    これだけあれば十分なんだけど、ナスにしてはタネ数があまり多くない。
    R0014109.jpg
    もう6月も終わり。今年の半分が過ぎてしまった。
    でも夏本番はこれから。と言いたいところだけど・・・
    今日は千成F7を2本と千成F6を1本収穫。
    これまでに千成F7は24本+28本、千成F6は29本+35本、4株合わせて116本収穫。
    (ミニキュウリなので普通サイズのキュウリで言ったら30本程度だけどね)
    今年は調子いい?6月中に100本以上だったら最終的に何本収穫できるんだろう?
    なんて思っていたら・・・

    R0014105.jpg R0014106.jpg
    ハダニが酷くなってきて葉っぱが黄色い(^^;

    R0014107.jpg
    それに、もう肥大してるのが無い。次の収穫はいつになることやら?orz

    そう言えば養液チェックを全然してなかった(^^; で、ECとpHを測ったら、
    千成F7はEC1.47のpH6.74、千成F6はEC1.73のpH6.97でした。pHがチョット高め。
    キュウリでSA処方にするとpHの上昇傾向があって、今年はキュウリにはA処方だけに
    しているんだけど・・・、う~ん。
    R0014028.jpg R0014031.jpg
    キュウリが上の横支柱に届いちゃいました(左写真)
    (養液槽の天板から上の横支柱まで160cm)
    で、いつもの様に20cmほど蔓下ろし(右写真)

    R0014030.jpg
    株元はまだ1回転ですが、今後いつもの様にトグロを巻いていきます。

    R0014029.jpg
    今のところ順調に肥大してくれてます。

    R0014032.jpg
    今日はF7を2本と1本、F6を3本と2本収穫。
    5月25日から収穫が始り、今日までに(株毎に)10本、11本、13本、15本を収穫。
    昨年のF6なんて1番少なかった株は17本しか収穫できなかったので、昨年よりは
    たくさん収穫できるでしょう。たぶん(笑)
    でも・・・、相変わらず雄花にはお目にかかれない。採種はできないかなぁ?
    R0013965.jpg
    左の養液槽が千成F7、右の養液槽が千成F6
    今日(5月25日)の草丈が約90cm(5月16日の草丈は45cmくらいでした)
    たぶん、6月上旬にはいつもの様に蔓下ろし開始ですかねぇ?

    R0013967.jpg R0013968.jpg
    千成F7
    左の株はまだもう少し。右の株はあと2~3日で収穫できそう?

    R0013969.jpg R0013971.jpg
    千成F6
    左の株は明日にでも1本収穫かなぁ?右の株は既に収穫サイズです。

    R0013972.jpg R0013973.jpg
    ってことで千成F6を2本収穫
    長さ10cm、果重2本で79g(36g+43g)
    片方はチョット早かった?でも明日まで待ったら大きくなり過ぎるんですよねぇ。
    で、肝心の食味は、瑞々しくてほんのり甘い。
    昨年の千成F6を食べたのは半年以上前だし、F1なんて数年前なので憶えてないけど、
    見た目も食味も、たぶんF1の千成と大差無いのでは・・・?

    この数年はイマイチ調子が良くないキュウリですが・・・、今年はどうですかねぇ?
    それと、雄花は咲いてくれますかねぇ?
    R0013919.jpg
    養液槽セット時(5月8日)のキュウリ

    R0013928.jpg
    で、8日後の今日(5月16日)の状態(草丈45cmくらい)
    やっぱりキュウリは早いねぇ
    左の養液槽が千成F7、右の養液槽が千成F6

    R0013931.jpg R0013932.jpg
    千成F6は2株とも雌花が咲き始めました

    R0013933.jpg
    予備苗の千成F6は未だ咲いてませんが、たぶん明日の朝には咲くのでは・・・?

    R0013929.jpg R0013930.jpg
    千成F7も、片方の株(右写真)は明日の朝には咲きそうです
    もう片方の株(左写真)はもう少し先かな?

    今のところ(予備苗も含め)F6にもF7にも雄花のツボミはまだ確認できません
    R0013916.jpg
    西ベランダのいつもの場所に、万願寺トウガラシと賀茂茄子をセット。
    まだ太陽にあまり慣れていないので葉っぱがダラ~としてますが大丈夫でしょう。

    R0013917.jpg R0013918.jpg
    万願寺トウガラシは既に着果してます。
    賀茂茄子には小さなツボミを確認。

    R0013919.jpg
    南ベランダのキュウリもセット。
    今年のキュウリは全て千成で、F7(左)とF6(右)を2株ずつ。

    R0013920.jpg
    各節に雌花の赤ちゃん。
    採種するには雄花も必要ですが、どうですかねぇ?

    R0013923.jpg R0013926.jpg
    あじめコショウはまだ置き場所が確保できていないので、とりあえず室内窓際に。

    R0013924.jpg R0013925.jpg
    発芽テストの後に捨てきれなかった香川本鷹も、あじめとは別の部屋の窓際に。
    ちなみに、右端はプチぷよF5の予備苗。

    R0013927.jpg
    昨年の夏にスタートして今年3月に撤収した香川本鷹。
    冬の低温ではちゃんと赤くなってくれませんでしたが、
    ja_kagawa.jpg
    以前のJA香川県のHPに有った写真と、まあまあ同じ様な感じ?

    R0013922.jpg
    微肥料土耕の泉州水茄子はまだ本葉2枚目くらい。
    1箇所3株ずつ残してますが、そろそろ1株ずつに間引かなくては・・・。
    R0013889.jpg
    千成F6(左)と千成F7(右)
    いつものことですが・・・、小さなプリンカップのまま放置し過ぎ(^^;
    F6が4株とF7が3株なので予備苗も含めて3株ずつポット上げするつもりでしたが、

    R0013891.jpg
    F7は1株(右端)の本葉が奇怪しい。子葉も他より小さめ。

    R0013895.jpg
    で、F7は2株にしてF6を4株ポット上げ。
    どんな形質になりますかねぇ?それに雄花も咲いて採種もできますかねぇ?
    肝心の収量は年々減ってる様な気もするけど・・・(笑)
    R0013847.jpg
    4月2日からオクラもスタート
    オクラはいつも少量の水(時々交換)に浸け、発根してから日向土(細粒)に埋めます。
    白オクラの楊貴妃とエメラルドはどちらも昨年に自家採種したタネ。
    どちらも発芽テストをしてませんでしたが、8粒ずつ催芽して全て発根。
    ただ、今年の本命オクラはこれでは無くて・・・。

    白い丸莢オクラA 白い丸莢オクラB
    またまたポチッっちゃいました(^^;
    楊貴妃も白くて丸莢で同じなんだけど何が違うの?って感じですが・・・(笑)

    楊貴妃のタネ袋には「肥大20cm以上になるが柔らかい」となっていますが、
    白い丸莢オクラは「莢の長さが15cmぐらいになっても固くならず」となっているので
    若干早めに収穫した方が良いのかも知れません。でも楊貴妃でも昨年は20cm近く
    だと筋っぽくなっていたので変わらないかなぁ?
    では、なぜ白い丸莢オクラをやろうと思ったのか?
    「一般的な丸莢品種と比べて草丈が低いので」この一文です(笑)
    まあホントに低めなのかどうか判りませんが、節間が短めだったらいいなぁ。
    ってくらいの感じです。どうですかねぇ(笑)
    ただ、この名前はどうも好きになれないんだけど・・・(^^;

    R0013848.jpg
    でも・・・、白い丸莢オクラはまだ全然発根してない(^^;
    楊貴妃とエメラルドは吸水して一回り大きくなっているのに、これはあまり膨らんだ
    感じがしないんだよなぁ。ちゃんと吸水してるんだろうか?
    まあこのままダメだったら今年も楊貴妃がメインになるかも?(笑)

    R0013844.jpg
    キュウリは昨日スタートで(写真では判りにくいが)既に全て発根。さすがに早い(笑)
    今年はミニキュートをやめて千成だけ。
    F7のタネは採種果でも10cmしかなくて小さかったので、F7だけだと心もとない。
    ってことでF6とF7を2株ずつ栽培する予定です。
    昨日まではまだ暑くて、日没後に半袖で外出したのに少し歩いただけで汗が・・・。
    それが、今日は急に涼しくなって、夜は薄着だとチョット寒い。

    R0013560.jpg
    7月30日・31日に人工授粉をした千成F6の採種果
    9月11日に採果して追熟中だったと言うか・・・忘れてた(笑)
    かなり軽くなってるし・・・(^^;

    R0013561.jpg R0013563.jpg
    で、切り開いて中身を確認。おっ、どちらにもちゃんとタネが・・・、
    と思ったら、ほとんど水に浮く不稔種子(しいな)ばかりだった。

    R0013562.jpg
    何とか30日分から水に沈む充実種子を6粒だけ採れました。(31日分は0粒)
    でも、完熟果なのに10cmしかない小さな採種果から採ったタネだからなぁ。
    来年の千成をこのタネ(F7)だけにするのは心もとないので、ミニキュートをやめて
    千成F7を2株と昨年採種の千成F6を2株にするかなぁ?
    R0013516.jpg
    左の2株が7月スタートの千成F6
    右の2株が4月スタートで、7月に親蔓から子蔓に切り換えた千成F6
    先日トマトにダニ類がぶり返してきたと書きましたが、当然トマトだけじゃなくて
    キュウリも同じでボロボロ。で、もう撤収。

    R0013517.jpg R0013518.jpg
    7月スタートの片方の株は花は咲いても全然肥大してくれず(右写真)
    もう片方の株には小さなのがブラブラ・・・、でも小さいのでもうちょい?
    と思っている内に採り遅れてしまって放置。既に少し黄色くなってる(^^;
    大きくならないのはこの株の形質なのか・・・?

    R0013519.jpg
    でも、子蔓に切り換え後も普通に収穫できていた4月スタートの株にも同じ様に
    小さいのが・・・。ってことは個別の株の形質じゃなくて季節的な所為かなぁ?

    R0013521.jpg
    全部でこんなにたくさん有った(笑)
    こんなのをぶら下げっぱなしにしてたら、その後まともに育つわけ無いよなぁ。
    とりあえず少しかじってみたけど皮が硬くて食べる気がしなかった。

    R0013520.jpg
    R0013522.jpg
    7月30日・31日に人工授粉をした採種果もあまり大きくなってない。
    ホントはまだチョット早いけど、授粉から40日以上経っているので後は追熟で
    たぶん大丈夫でしょう。まあ受精に成功していればだけど・・・(^^;

    結局、7月スタートの千成F6はまともな収穫は無し。
    4月スタートの千成F6も45本(親蔓20本+子蔓25本)と36本(親蔓17本+子蔓19本)で、
    今年もキュウリは惨敗。orz