R0014615.jpg R0014616.jpg
    6月27日に人工授粉をしたマクワウリが落ちました。
    と言ってもネットでしっかり受け止めてます。

    R0014617.jpg
    他にも同じくらいの大きさのもの。

    R0014618.jpg
    もっと大きいの。
    まだネットで吊るほどではないが肥大中のもの。

    R0014619.jpg
    それに、新たに今週に人工授粉をしてちょっと肥大してきたもの。
    写真を撮ってないのもあって、なんとか10個くらい収穫できるかも?

    R0014621.jpg R0014622.jpg
    長さが12cmくらいで305g。
    最初にタネを採った購入したマクワウリは260gだったので、意外と重かった。

    R0014623.jpg
    人工授粉からまだ3週間ちょっとしか経ってない。いくらなんでも早すぎない?
    芳香もイマイチだが、でも私が切って収穫したんじゃなくて自分で落ちたんだし、
    マクワウリは追熟しないらしいし・・・。ってことで冷やして食べてみた。
    やっぱり早かった。かたい。味が薄い。orz
    次に期待しよう。

    R0014624.jpg
    タネも全く沈まない未熟なものばかり。
    いやぁ、ホントよく降りました。
    昨日までの3日間トータルが約450mm、72時間降水量で西宮の観測史上1位を更新。
    って言うか、月降水量が1位でも441.0mm(2015年7月)なので、3日間だけで1ヶ月間の
    記録も更新です。
    でも、2013年8月の1時間に78mmの豪雨でマンション前の道路が冠水し、エントランス
    やエレベーターホールも水浸しになり、1週間以上エレベーターが使えなかったときと
    比べれば、今回は1時間降水量だと最大でも27.5mmで特に被害はありませんでした。

    R0014603.jpg R0014604.jpg
    ただ、3日間ほとんど降り続いていたので、これだけ長時間ずっと茎が濡れたままだと
    トマト(左写真)もキュウリ(右写真)も根っこが・・・(笑)

    R0014605.jpg R0014612.jpg
    マクワウリなんて養液槽の天板と接していたところの根っこがメッチャ伸びてる。

    R0014606.jpg R0014607.jpg
    で、そのマクワウリですが、6月26日に人工授粉をしたのはダメでした。
    27日にも4輪ほど人工授粉をしたんだけど成功したのは1つだけ。でもその1つが結構
    大きくなってます。以前にメロン(カンタロープヘイルズベスト)を落っことした事が
    あるので、今回は失敗しない様に排水口の水切りネットでガード。

    R0014609.jpg R0014610.jpg
    他の日にも人工授粉をし、ボチボチ肥大してるのもあるけど失敗の方が多い。orz

    R0014611.jpg
    7月4日には雌花がたくさん咲いたんだけど雄花の数が足りなくて・・・、う~ん。

    1本の子蔓に3果ずつ。子蔓は1株に3本ずつ。2株あるので最大で18果(笑)
    まあ10個くらいはなんとか・・・とか思ってたんだけど全然ダメかも?(^^;
    R0014573.jpg
    マクワウリは親蔓を本葉6枚目の先で摘心し、3本ずつの子蔓も長くなってきました。

    R0014571.jpg
    子蔓には雄花だけで、雌花は孫蔓に着きます。その雌花が咲き始めました。
    人工授粉をし、いつもの様に日付をバッグ・クロージャー(食パンの袋の留め具)で。

    R0014572.jpg
    所々に白いものが・・・。とりあえずモレスタンを散布しときました。

    R0014574.jpg R0014575.jpg
    微肥料土耕の泉州水茄子も片方の株の一番花が咲きました。

    R0014576.jpg
    もう片方の株はまだツボミ
    R0014509.jpg
    この数年は、夏には大玉トマトを育てていた西ベランダのプラ舟の養液槽。
    今年はマクワウリをセットしました。

    R0014510.jpg R0014512.jpg
    以前に育てたときは南ベランダで1株に支柱1本だけだったが、今年は簡易温室の
    骨組みに縦に6本の紐を張って、どちらの株も子蔓を3本ずつ伸ばす予定です。
    R0014421.jpg
    毎度のことですが・・・、今年もプリンカップで窮屈状態(^^;

    R0014423.jpg
    千成のF6とF7を2株ずつポット上げ。面倒なので今年は予備苗無し。

    R0014422.jpg
    マクワウリも同じくゴチャゴチャ

    R0014424.jpg
    2株ポット上げ
    R0014386.jpg
    (写真は4月9日)
    昨年は千成F6から水に沈むタネを1粒だけ採種できたが、やっぱり発根せず(右端)
    2016年に自家採種したF7は、この3粒でF7のタネを使い果たしたので、今年こそは
    何とか次世代のタネを採りたい。F6は2015年の自家採種。

    R0014390.jpg
    4月9日に発根したタネを日向土に埋めて、今日(4月12日)、子葉が綺麗に開きました。

    R0014387.jpg
    (写真は4月9日)
    栽培場所の都合でどうなるか分かりませんが、2011年に1度だけやったマクワウリを
    久しぶりに再挑戦。

    R0014392.jpg
    こちらも今日(4月12日)の状態

    R0014393.jpg
    白い丸莢オクラ(昨年に自家採種)も4月7日に催芽スタートしてたんだけど、
    発根の兆しが全くないどころか、すぐに水が濁るようになってしまった。
    で、昨年購入したタネで催芽スタートしたら、昨年はなかなか発根しなかったのに
    今年は24時間以内に発根してくれた。

    R0014394.jpg
    もう一度、自家採種分の発芽テスト。ダメかなぁ?
    あぢぃ~
    今日は雷が凄かったぁ。うちは大丈夫だったけど、同じ西宮市内の一部では、
    落雷による停電があったみたいだし、高校野球も長時間中断してました。
    雷雨の所為で窓を締め切って、メッチャ暑かった。

    昨日はまだ芳香が全く無かったメロンが、今日は全体的に黄色みを帯びてきて、
    良い香りがしだしたので、あと少しかな?っと思いながら、隣の十六ササゲの
    収穫をしてたら、いきなりゴトン!と大きな音が・・・。
    メロンが果梗部から外れて落ちました。貴重な貴重な1個だったのに・・・。
    蔓に紐を掛けて吊るすだけじゃなくて、しっかりネットに入れて吊るさないと
    ダメだったのかなぁ?落差1mくらい。

    DSC01881.jpg
    落ちた衝撃で、根元付近で分枝した蔓が千切れてた。
    まあ実が落ちちゃったんだから、もう蔓がどうなろうとどうでもいいんだけど、
    落ちた所には水位計の塩ビ管が・・・。

    DSC01882.jpg
    ザックリ刺さって抉れました。orz
    落ちた時の衝撃で胎座部が破壊されたのか、軽く振ると中でチャプチャプ音が。
    外も傷ついちゃったし、中も何だか怪しいので、追熟して腐ってもイヤだし。
    って事で、追熟しないでそのまま冷やしてから切りました。

    DSC01884.jpg
    中身がダラッと出そうだったので、鍋の中で切ったら、やっぱり・・・。

    DSC01883.jpg
    普通は切ってからワタの部分を取るんだけど、切っただけでほぼ空っぽ(笑)
    でも空洞の大きさに比べて、胎座とかが少な過ぎでは?

    DSC01885.jpg
    タネも水に浮くのが結構有るし、やっぱり未熟なんだろうなぁ。

    で、お味の方は・・・、やっぱりチョット早かった?
    マクワよりは甘いけど、甘さ控えめ。
    まあまあ美味しかったけど・・・、チョット残念。
    (8月1日)
    DSC01844.jpg
    大きい方が7月13日に授粉、小さい方は14日に授粉

    DSC01876.jpg
    で、2週間経った今日の状態
    網目もだいぶ多くなって、チョット縦長だけどいい感じでしょ?
    でも90度横から見ると・・・

    DSC01877.jpg
    片側の肥大が思わしくなくて、網目も少なく、形が良くない。orz
    でも、これしか大きくなってくれなかったし・・・。
    この1果を大事に育ててあげます。

    DSC01878.jpg
    キッチンスケールで持ち上げてみたら約1kgでした。
    タネ袋には2~3kgと書かれているけど、そこまではムリ。
    開花後40日前後で収穫できるってことなので、あと1週間くらい?

    DSC01875.jpg
    小さい方を摘果して半分に切ったら、中がオレンジで美味しいそう(笑)
    4分の1をそのまま食べてみたら、芳香も甘味もないけど、「あぁ、メロン?」
    って感じが微かに有って、あとはキュウリと一緒に浅漬けにしました。
    浅漬けにしてもメロンっぽさが微かに残ってました。
    (7月14日)
    DSC01747.jpg
    孫蔓を伸ばしても雄花ばかりだったのが、13日・14日と雌花が
    咲きました。やっと咲いてくれたのに、今度は雄花が無い。
    13日は他の株に1つだけ雄花が有ったので、なんとか人工授粉。
    ただ、雌花に気付いたのが遅くて人工授粉したのは14時過ぎ。
    その後、殆ど大きくならないのでやっぱりダメかぁと思ってたら、

    (7月25日)
    DSC01790.jpg
    最近になって、やっと大きくなりだしたみたい

    (7月26日)
    DSC01793.jpg
    昨日と比べてもやっぱり大きくなってる
    どうせダメだろうと思い、今まで日付タグも付けて無かった(笑)

    (7月14日)
    DSC01748.jpg
    で、こちらは14日に咲いた雌花です。
    でもこの時はどこにも雄花が無い。
    仕方がないので、筆で同花受粉させました。
    昨年もマクワウリの記事で書きましたが、メロンの雌花は
    両性花なので、雄花が無くても人工授粉が可能です。
    まあ、昨年は上手く行かなかったけど(^^;

    (7月25日)
    DSC01791.jpg
    これも大きくなりだしてる

    (7月26日)
    DSC01795.jpg
    同花受粉、成功かなぁ?

    DSC01797.jpg
    久しぶりに雌花が咲きました。
    今日は雄花もたくさん咲いていたので、やっと普通に
    朝6時ころに人工授粉しました。(笑)

    3果とも全部同じ株なので、この後摘果しないとダメかなぁ?
    DSC01474.jpg
    1節には多くても2本なので、房成りと言うほどでは無いが、
    収穫サイズに近いキュウリがブラブラ。
    こんなのがずっ~と続く訳じゃ無いけど、期待ができそうです。
    昨年は2株で183本だったので、今年も目標は2株200本以上。

    DSC01475.jpg
    F2の方もがんばってます。
    22日に人工授粉したのも大きくなって来ました。
    あとはちゃんと受粉・受精が出来ているか?
    雄花を着けた方の株は、何故か大きくなってくれません。

    DSC01476.jpg
    もう上の横支柱に届きそうな高さなので、来週には
    蔓下ろしをします。

    DSC01480.jpg
    右の6本がF1で、左の果柄をつけたままの2本がF2です。
    重さは37~58g、8本合計でピッタリ400gでした。
    F1とF2を両手に持って、何も付けずにそのまま交互にポリポリ
    食べてみましたが、私の口では全く違いが判りませんでした。

    DSC01478.jpg
    網メロンのカンタロープヘイルズベストも、1株だけ養液槽に
    セットしてます。
    手前に雄花を咲かせているのが親蔓で、既に摘心してます。
    左上に伸びている2本が子蔓で、写真では葉っぱの陰になって
    見えないけど、子蔓がもう1本伸びてます。
    とりあえず1株に支柱1本しか割り当ててないので、このまま
    同じ支柱に子蔓を誘引するか?2株目をもうセットしないで、
    隣の支柱も使うか?どうしようかなぁ。

    DSC01479.jpg
    で、セットを待っている苗は・・・まだこんな状態。
    左が4月28日の再播種で、右が5月2日の再々播種です。
    ちなみに養液槽にセット済なのは4月6日の播種です。
    どちらも本葉4枚くらいで同じだけど、右が大きく見えるのは
    室内に置いていた期間が長かった所為で徒長気味だから(^^;
    さて、どちらをセットするか?どちらもセットしないか?

    捨てられない言い訳として、予備苗と称していた千成キュウリの
    F1:1株とF2:2株は、地這状態で邪魔になってきたので全て捨て
    ました。