R0014136.jpg R0014137.jpg
    7月12日にリドルタを収穫
    もっと大きくなれるはずなんだけど・・・

    R0014149.jpg
    7月17日にジャーマン・ジャイアントを収穫
    こちらももっと・・・、ジャーマン・ジャイアントは750~1500gのはず(^^;

    R0014150.jpg
    で、今日(7月19日)もジャーマン・ジャイアントを収穫
    ギリギリ1lb(ポンド)=453.592gオーバー。
    大台(1kg)への道は遠い(笑)
    R0014138.jpg
    プラムレモンが黄色くなりました。

    R0014142.jpg
    今日の収穫
    カテ違いですが、十六ササゲも収穫が始まってます。

    R0014145.jpg
    上段左から、53g,52g,51g,49g
    下段左から、47g,44g,43g,23g

    R0014143.jpg R0014147.jpg
    子室内に空洞が有りますが、ゼリー部の発達が悪かった場合等に発生する、所謂
    生理障害の空洞果と言うよりはこの品種の形質みたい?
    それともやっぱり生理障害で、空洞果になりやすい品種だが上手く育てれば空洞果
    を無くすことも可能なのかなぁ?

    R0014140.jpg R0014141.jpg
    微肥料土耕の泉州水ナスは、1果(右写真)は完全に採り遅れ。で、採種果にします。
    採種果も含めて手前の株に2果、奥の株には1果だけ着果してますが、どちらの株にも
    もう花は無い。プランターでの微肥料土耕では、肥料食いと言われるナスはやっぱり
    難しいなぁ。毎年タネ採りを続ければ、そのうち環境に適応してくるのかなぁ?

    R0014144.jpg R0014146.jpg
    小さめですがこれ以上待つとタネが・・・

    R0014148.jpg
    チョット採り遅れたかなぁ?と思ったが、まだギリギリ大丈夫でした(^^;
    R0014086.jpg R0014091.jpg
    南ベランダのトマトが・・・、葉っぱが黄色くなってかなりヤバい(^^;
    それとショコラの第1果房の2つが落果してたので、ついでにもう1つも収穫。
    でも、これショコラじゃないよねぇ(^^;

    R0014087.jpg R0014088.jpg
    プチぷよF5(左写真)とパープル・バンブル・ビー(右写真)も色付き始めました。

    R0014089.jpg R0014090.jpg
    プラムレモンはまだ色付き始めてません。
    それよりも、この茎の斑点は確実に病気ですね。
    本来ならすぐ撤去なんだけど・・・、感染するなら既にうつっているだろうし、
    蔓延したところで元々数株しかないので、まっいっか(笑)
    でも感染した株から採種するとタネも感染してるのかなぁ?

    R0014093.jpg
    写真ではよく判らないですが、アロイトマトも若干色付いてきてる様な気が・・・

    R0014094.jpg
    西ベランダのトマトも黄色い葉っぱが目立つ(^^;

    R0014095.jpg R0014096.jpg
    ジャーマン・ジャイアントは1果房1果に制限したんだけどあまり大きくなってない。
    しかも、残したその1果が窓あき&尻腐れになったり、全て落花しちゃった花房もあり、
    あまり収穫できそうに無い。

    R0014097.jpg
    リドルタは、いつもはもっと落花してた様に記憶してるんだけど、
    今年は意外とたくさん着果してる。

    R0014098.jpg
    今日の収穫(トマト・ナス・キュウリ・オクラ、それに万願寺トウガラシ)
    いろいろ収穫できる様になりました。
    あとは十六ササゲの収穫も始まれば夏本番です。

    R0014099.jpg R0014100.jpg
    パープル・バンブル・ビーは収穫タイミングがよく判らないのですが・・・。
    とりあえず1個だけ収穫してみた。何かタネがメッチャ多い(笑)
    お味は・・・、まだチョット早かったかも?(^^;

    R0014101.jpg R0014104.jpg
    で、これはショコラのはずだったんだけど・・・、普通に赤いトマト(笑)
    他品種のタネが混入しちゃったのか他品種のタネを取り違えたのか?
    1株しか栽培していないので判りません。
    頂いたタネがあと4粒残ってますが、来年また再挑戦するか・・・、どうしよう?
    一番大きいのが206g(他の2果は170gと144g)
    まあまあ普通に美味しいトマトなんだけど・・・、品種不明なので採種せず(^^;
    R0014050.jpg R0014048.jpg
    アロイトマトが奇怪しい。どちらの株も芯止まり?

    左写真の株は、真っ直ぐ上に伸びているのが第4花房。その第4花房に途中まで
    張りついた状態で右上に伸びているのは第3花房。左に伸びているのは葉。
    第4花房と葉の間の腋芽は一度摘んでしまい、また小さいのが伸びてきた。

    右写真の株は、(花の陰になっているけど)下の方から右に伸びているのが第4花房。
    その上の左に伸びているのは葉。その上は左が葉で右が第5花房。
    で、真ん中の生長点はどう見ても普通の生長点じゃなくて腋芽ですよねぇ。これも
    危うく摘んでしまうところでした(笑)

    肥料分が少ないので自分で調整しているのかなぁ?
    その割には上の方の花数が多すぎじゃないか?

    R0014046.jpg
    第1果房には、左の株に3果と右の株に2果。でもお尻が・・・

    R0014051.jpg
    他のトマトにはしているカルクロン散布を微肥料土耕のアロイにはしてないけど、
    でもアロイの尻腐れってあまり経験が無いんだけどなぁ。

    R0014054.jpg
    プチぷよF5は、花を指で軽く弾いて受粉の手助けをしていればまあまあの着果率
    なんだけど、チョットさぼるとこの通り落花しまくり(^^;

    R0014052.jpg R0014053.jpg
    ちゃんと着果している果房は・・・、あれっ!
    何これ?何で?誰の仕業?この2果以外は大丈夫そう。

    R0014056.jpg
    とりあえず切ってみましたが、別に何も潜んでいませんでした。

    R0014057.jpg
    ジャーマン・ジャイアントの第1果房は既に1果だけ残して他は摘果済み。

    R0014058.jpg R0014060.jpg
    第2果房も1果だけ残して摘果しました。
    どれを残すか迷ったのですが、一番大きいのは窓あき果ぽい感じだったので摘果。

    R0014059.jpg R0014061.jpg
    側枝の第1果房も同様に摘果しました。

    今年は1果房に1果だけを徹底するつもり。さぁ~て、大きくなってくれますかねぇ?
    R0013993.jpg R0013997.jpg
    西ベランダのリドルタとジャーマン・ジャイアント
    いつもは連続摘芯(風)にしようとしながら結局はゴチャゴチャになってしまうので、
    今年は主枝と第1果房直下の側枝だけ残して2本仕立てにするつもり。
    右写真はジャーマン・ジャイアントですが、リドルタも似た様な感じ。

    R0013996.jpg
    リドルタはポツポツ結実してます。相変わらずガクが長い。

    R0013995.jpg
    ジャーマン・ジャイアントは未だ結実は確認できません。
    デカい花が期待させてくれますが・・・、どうでしょうねぇ?
    結実したら1果房1果に摘果するつもり。

    R0013981.jpg
    南ベランダのプチぷよF5、ショコラ、プラムレモン、パープル・バンブル・ビー
    こちらもいつもは連続摘芯紛いにしてましたが、今年は1本仕立てのつもり。
    左端のプチぷよF5だけは左にもう1本支柱があるので2本仕立てです。

    R0013983.jpg R0013985.jpg
    プチぷよF5の第1果房と第2果房
    トマトトーン不使用ですが結実してます。

    R0013986.jpg
    今年のトマトで最初に花が咲き始めたのが確かショコラだったと思う。
    なので一番大きくなってます。お尻がチョット黒いですがたぶん大丈夫でしょう。
    とりあえず5月の上旬に1度だけカルクロン散布をしました。

    R0013988.jpg R0013989.jpg
    プラムレモン(左写真)も何個か結実。先端が尖ってます。
    パープル・バンブル・ビー(右写真)はバイカラーなので縞模様があります。

    R0013999.jpg R0013992.jpg
    微肥料土耕のアロイトマトも花を咲かせてますが、結実はまだ確認できません。
    いつもより遅れて、やっとトマトを養液槽にセット

    R0013905.jpg
    後ろの果樹と重なって見づらい写真ですが・・・(^^;
    西ベランダのプラ舟にはリドルタ(左)とジャーマン・ジャイアント
    どちらも草丈50cmくらいのヒョロヒョロ

    R0013908.jpg
    南ベランダのRV-BOXには、
    左からプチぷよF5、ショコラ、プラムレモン、パープル・バンブル・ビー
    草丈は、同じく左から35cm、60cm、50cm、45cm
    やっぱりこちらもヒョロヒョロ

    R0013909.jpg
    微肥料土耕のアロイトマトの草丈は未だ15cmくらい
    R0013877.jpg R0013878.jpg
    4月1日に微肥料プランターに直播きしたアロイトマトがいつのまにか発芽してた。
    2箇所に4粒くらいずつ播いたんだけど片方には1株しか芽を出してない。
    まあなんとか2箇所とも育ってくれるのでは・・・?
    (一緒に直播きした泉州水ナスの方は未だ全然)

    ついでに水耕トマトの今日の状態(ポット上げは4月6日)
    R0013874.jpg
    プチぷよF5は形質がどうなるか・・・?ってことで、これだけは2株ポット上げ

    R0013872.jpg R0013873.jpg
    芽を出した時に茎がクルンと1回転してたジャーマン・ジャイアントは、
    その名残なのか本葉1枚目の所でクイッと曲がってる。

    R0013870.jpg R0013871.jpg
    リドルタ(左写真)がなんかヒョロい?(^^;
    右写真はプラムレモン

    R0013868.jpg R0013869.jpg
    ショコラ(左写真)とパープル・バンブル・ビー(右写真)
    この2品種だけは3月下旬(だったと思う)にポット上げ。
    なので、他の品種よりチョット大きくなってる。

    R0013876.jpg
    賀茂茄子も4月6日にポット上げ
    R0013825.jpg
    今年のトマトとナスのナインナップです(トマト6品種、ナス1品種)
    全て3月9日スタートなのでちょうど半月の状態
    (この他に、微肥料土耕のアロイトマトと泉州水ナスを4月に直播きする予定)

    R0013826.jpg
    プラムレモンは、2011年に二年生さん(当時)にタネを分けて頂いて、
    今まで一度も栽培していませんでした(^^;
    ちゃんと発芽してくれて良かったぁ。

    R0013828.jpg
    パープル・バンブル・ビーは、2014年に いずみのベランダ水耕覚書
    いずみさんにタネを分けて頂きました。

    R0013827.jpg
    ショコラは、時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培 のsemireyさんに
    (たぶんsemireyさんが2014年に自家採種されたタネを)分けて頂きました。

    ここまでの3品種(プラムレモン、パープル・バンブル・ビー、ショコラ)が
    うちでは初栽培の品種です。

    R0013829.jpg
    リドルタは2014年に自家採種
    サンマルツァーノ系なので加熱調理用です

    R0013830.jpg
    ジャーマン・ジャイアントは2015年に自家採種
    750~1500gになるポテンシャルがあるはずなんだけど・・・。
    2015年には最大でも450gにしかならなかったので、大台超えに再挑戦です(笑)
    ただ、8粒催芽して発根してくれたのは1粒だけ。しかもその1粒が、なんか双葉が
    引っ掛かってたみたいで真っ直ぐ伸びないでクルンとなってるし・・・。orz
    ダメだったら播き直すかなぁ?

    R0013832.jpg
    プチぷよは先月(2017年2月)に自家採種したF5
    F4は小さめの果実しか収穫できなかったけど、それは冬栽培だった所為か・・・?
    F5はどんな形質になるんでしょうね?

    R0013833.jpg
    今年のナスは2012年以来の賀茂茄子
    R0013768.jpg R0013795.jpg
    左写真(1月21日)の頃はまだちょっとダラ~ンとしたり復活したりでしたが、
    右写真は今日(2月11日)の状態。水切れさせてないけど葉っぱがチリチリ。
    今日も雪がチラチラしてたし、ベランダの香川本鷹はさすがにもうダメですねぇ。
    果実はまだ赤くなってないけど、もう少し暖かくなってベランダで作業をする気に
    なれたら撤収ですね(笑)

    R0013791.jpg
    室内窓際のペットボトルの香川本鷹の方は、もうしっかり赤くなってます。
    これも葉っぱチリチリですが、こちらはもう水切れしたまま放置しているから。
    で、左上の一番大きいのを1本収穫

    R0013792.jpg R0013793.jpg
    果長は7cm(ベランダの香川本鷹の方がもう少し大きめ)

    R0013794.jpg
    まだ乾燥してないけど、とりあえず採種
    胎座と隔壁も一緒に取り除いてしまうと辛さ激減なのでちゃんと残してます(笑)

    で、どうやって食べようかなぁ?やっぱり(パスタの)ペペロンチーノ?
    と思ったんだけどアーリオ(ニンニク)が無い。買いに行くのも面倒なので・・・、
    結局、刻んでインスタントラーメンに(笑)
    乾燥トウガラシじゃないので爽やかなお味。そしてほど良いピリ辛。

    R0013800.jpg R0013798.jpg
    プチぷよF4は・・・、とうとうヒヨドリに見つかっちゃいました

    R0013797.jpg R0013799.jpg
    コンクリートフェンスの上もベランダの床面も汚ねぇ(^^;
    少し前に見たときには食べかけが散らかってたのに、いつの間にか無くなってた(笑)
    プチぷよは春まで粘ろうと思ってたんだけど、これも撤収かなぁ?
    R0013763.jpg
    12月18日に室内窓際に移してから約1ヶ月。
    香川本鷹がやっと赤くなってきました。

    R0013766.jpg R0013768.jpg
    ベランダの香川本鷹にも赤みを帯びて来たのがチラホラ。
    でも、(水切れはさせてないが)全体的に葉っぱがダラ~ン。
    まあ夏野菜に今の気温はツライよなぁ(笑)

    R0013769.jpg R0013770.jpg
    プチぷよF4は色付き始めてもう1ヶ月以上だが、まだ赤色にはほど遠いオレンジ色。
    触ってみてもまだぷよぷよした感じがあまり無い。
    とりあえずサンプル収穫しようかと思ったら、床の隅っこに転がってた(笑)
    たぶん、昨夜の強風で落果した?

    R0013771.jpg R0013772.jpg
    2つ合わせても11g(5gと6g)。ちっちぇ(笑)
    皮が薄くて食感はプチぷよっぽい。酸味は全く無く結構甘い。