R0014581.jpg
    ベルナーロゼの茎を潰しすぎて・・・、成長点がグッタリ。
    ちょっと様子を見てたんだけど復活してくれず。

    R0014579.jpg R0014578.jpg
    折れ曲がって水が吸えないなら折れた部分も含めてバケツの中に入れて1昼夜(笑)
    そもそもトマトは耐湿性が弱くて、ブクブク無しでどっぷり浸水させたら根腐れするよね。
    根っこはまだ真っ白だけど、でもやっぱりダメなので撤収。

    R0014582.jpg R0014583.jpg
    ベルナーロゼを撤収した跡地には、2Lペットボトルで育てていたスプライトをセット
    しました。でも、既に葉っぱを茂らせている株の間に1m以上に育った株を無理矢理
    押し込んだので何枚か葉柄が折れたところも・・・。

    R0014584.jpg
    左から、プチぷよF7の主枝と側枝、ブラッシュタイガー、偽ワイルド・チェリー、
    そして右端がスプライト。今年の水耕トマトはこの4品種だけになりました。

    R0014585.jpg
    で、結局ベルナーロゼは、第1果房4個、第2果房2個、第3果房2個だけ。
    緑のは追熟で食べられるかなぁ?

    R0014586.jpg
    左がベルナーロゼ、右はアロイトマト。見た目は似た感じ?
    でも・・・、ベルナーロゼは味がちょっと薄くて、塩を振りたくなる。
    確実にアロイの方が甘い。
    R0014548.jpg
    トマトも背が高くなりました。

    R0014549.jpg R0014550.jpg
    プチぷよF7は2本仕立てで、左写真の左側に伸びている方が主枝で第1~第3果房。
    右端を真上に伸びている方が側枝で、右写真が側枝の第1~第2果房。

    R0014551.jpg R0014552.jpg
    左写真はブラッシュ・タイガーの第1~第2果房。
    右写真は偽ワイルド・チェリーの第1~第2果房。

    R0014553.jpg R0014554.jpg
    ベルナーロゼの第1果房。
    他の品種もそうだが果房の位置がやけに低いのは、草丈が高くなりすぎたので
    茎を軽く潰して少しずつずり下ろそうと思ったのだが・・・、ベルナーロゼはちょっと
    潰しすぎたのと、果実の重みもあってガッツリ折れ曲がってしまった。

    R0014555.jpg
    2Lペットボトルのスプライト。う~ん、落花が多い。

    R0014556.jpg R0014557.jpg
    微肥料土耕のアロイトマト

    R0014563.jpg
    今年のトマト、初収穫

    R0014561.jpg
    白い丸莢オクラ

    R0014560.jpg R0014559.jpg
    やっとオクラの花が咲き始めました。
    左写真の右の株は2日前の開花なので、莢が少し大きくなってます。
    左写真の左の株と右写真の株は今日の開花ですが、写真は夕刻なので・・・。
    テントウムシの幼虫が仕事をしてくれてます。

    --- 6月25日 追記 --------
    R0014564.jpg
    プチぷよF7

    R0014565.jpg
    ブラッシュ・タイガー

    R0014566.jpg
    偽ワイルド・チェリー

    R0014567.jpg
    スプライト

    R0014568.jpg
    アロイトマト
    R0014448.jpg
    左からプチぷよF7とブラッシュ・タイガー、偽ワイルド・チェリーとベルナーロゼ。
    プチぷよF7だけ2本仕立てで、他は1本仕立て。

    R0014449.jpg R0014450.jpg
    一番に咲き始めたプチぷよF7(左写真)は2段目も咲き始めてますが、1段目は落花も。
    右写真はブラッシュ・タイガーの第1花房。

    R0014451.jpg R0014452.jpg
    左写真が偽ワイルド・チェリーの第1花房、右写真はベルナーロゼの第1花房。
    ベルナーロゼは最初に鬼花が咲いたけど落花。

    R0014456.jpg R0014458.jpg
    スプライトは背が高くなりすぎちゃったので切断。
    先端部は水挿しし、花が咲く前にポット上げをしたかったんだけど、発根する前に
    咲いちゃった(^^;

    R0014459.jpg R0014460.jpg
    なかなか発根してくれなかったんだけど、茎にブツブツができてきたと思ったら
    一気に根が伸びだした。で、ポット上げ。

    R0014457.jpg
    元が交配種のプチぷよF7と、素性がよく分からないが偽ワイルド・チェリーは
    とりあえず予備苗を残してますが、大きいと邪魔なので切断してコンパクトに。

    R0014453.jpg R0014455.jpg
    微肥料土耕のアロイトマトも2株とも咲き始めました。
    アロイは他のトマトよりもタネまきも遅く、しかも保温無しの屋外育苗でしたが、
    それほど遅れずに開花。

    サンマルツァーノ系のリドルタも栽培予定でしたが、ポット上げをした苗が異常苗で、
    とりあえず未だ育苗棚には置いてありますが、育ってくれそうにありません。
    ってことで、今年のトマトは全て花が咲き始めました。
    R0014434.jpg
    トマト4品種を養液槽にセット
    左からプチぷよF7とブラッシュ・タイガー、偽ワイルド・チェリーとベルナーロゼ
    ベルナーロゼは屋外で育苗した方をセット

    R0014436.jpg R0014437.jpg
    プチぷよF7(左写真)が一番早く咲きはじめました。
    右写真はブラッシュ・タイガー

    R0014438.jpg R0014439.jpg
    左写真が偽ワイルド・チェリー、右写真はベルナーロゼ

    R0014435.jpg R0014440.jpg
    養液槽にセットしなかったスプライト(左写真の左端)は、2Lペットボトル栽培の予定。
    その隣は室内育苗のベルナーロゼ(たぶんサヨナラ・・・)並んでいるのはキュウリ達。
    右写真はスプライトの花房。

    R0014442.jpg
    万願寺トウガラシと山科茄子もいつもの場所で。

    R0014443.jpg R0014444.jpg
    万願寺は既に着果。花は第4分枝まで咲いてます。
    ナスのツボミは・・・、まだよく分からない。
    R0014401.jpg
    左からブラッシュ・タイガー、スプライト、ベルナーロゼ
    ブラッシュ・タイガーとベルナーロゼは草丈40cmくらい、スプライトは50cm弱。
    いつものことながらヒョロヒョロ苗。
    今年はチョット早めに屋外日陰に出していて、この3品種は今日から日向に仮置き。

    R0014398.jpg R0014399.jpg
    ベルナーロゼは室内で育てた苗と、発根後にポットに埋めて保温無しで屋外日向に
    置いていた苗があり、屋外育ちの苗は15cmくらいのガッチリ苗。
    背が低くても花芽もあって、やっぱり太陽の下で育てた方がいいよなぁ。

    R0014402.jpg R0014403.jpg
    偽ワイルド・チェリーとプチぷよF7は2株ずつあるが、4株を一緒に屋外に出して全部が
    風で折れたりしても困るので、とりあえず1株ずつを屋外日陰に出しました。
    プチぷよF7には花芽がついてますが・・・、か細い(^^;

    R0014406.jpg R0014407.jpg
    一番問題なのはこれ、リドルタは・・・、何これ?
    子葉が3枚なのも変だけど、真っ直ぐ伸びているのは茎なのか葉柄なのか?
    本葉1枚だけで芯止まりしちゃってる。

    R0014408.jpg R0014409.jpg
    全く変化が無いので、子葉の所から腋芽が伸びてくるかも?ってことで摘心。

    R0014413.jpg
    山科なすも葉っぱが大きくなって、育苗棚では邪魔になってきたので屋外日陰に。

    R0014411.jpg
    山科なすも発根後にポットに埋めて屋外に置いていた苗があるけど、こちらはほとんど
    育ってなくて、やっと本葉が出てきたばかりの状態。
    う~ん、ナスは室内で育苗するか、屋外だとちゃんと保温してやらないとダメかな?
    R0014385.jpg
    微肥料土耕のプランター
    根菜類の記事を全然書いてませんでしたが、2月には伊吹大根の収穫が全て終わり、
    3月中旬にはアロイトマトと泉州水茄子を直播き(保温無し)してました。

    R0014382.jpg
    手前(左)のプランターは、カテ違いなんですが・・・、山ごぼう(モリアザミ)
    大根は簡単に収穫できるけど、山ごぼうの収穫は面倒でほったらかしてました(^^;
    冬には地上部が完全に枯れてしまいましたが、3月にまた芽吹いて来ました。
    で、花を咲かせるか?でもかなり背が高くなりそうだし・・・。

    R0014377.jpg R0014378.jpg
    真ん中のプランターはアロイトマト
    3月末には芽が出てきて、いまは小さな本葉が確認できる状態。

    R0014381.jpg R0014379.jpg
    奥(右)のプランターは泉州水茄子
    こちらはアロイよりチョット遅れて、昨日やっと芽が出ていることに気付きました。
    いっぱい播きすぎ?(笑)
    伊吹大根を育てている時に芽を出したパセリ(こぼれタネ)もそのまま残してます。

    R0014383.jpg R0014384.jpg
    屋外で育苗中のベルナーロゼ(左写真)と山科茄子(右写真)
    トマト・ナスはいつも、催芽→プリンカップで芽出し→ポット上げ、その後4月下旬まで
    室内で育苗しているんだけど、チョット実験。
    プリンカップには発根したタネを4粒ほど播くので、余った発根タネをポットに直播きし、
    屋外日向(保温無し)に置いてました。山科茄子もやっと芽を出してくれました。
    R0014369.jpg
    3月10日に催芽をスタートした今年のトマトとナス

    R0014370.jpg
    左から、ブラッシュ・タイガー、スプライト、ベルナーロゼ、リドルタ
    ブラッシュ・タイガーは、いずみさん(いずみのベランダ水耕覚書)に頂いた品種で、
    うちでは初めての栽培。
    それに久しぶりの品種、スプライトは2011年以来、ベルナーロゼは2014年以来。
    リドルタはサンマルツアーノ系品種で調理用。昨年に自家採種したタネの発芽率が
    悪くて発根も遅かったのでまだ小さい。

    R0014371.jpg
    左2株は、これも久しぶり(2010年以来)のワイルド・チェリーじゃなくて偽物の方(笑)
    右2株はプチぷよF7。
    プチぷよは固定種じゃないし、偽ワイルド・チェリーも交雑かもしれないので2株ずつ。

    R0014372.jpg
    今年のナスは山科茄子

    R0014373.jpg
    ポット上げされなかった苗達。
    毎年のことだけど・・・、もったいないけど場所も無いので仕方がない。ゴメン。
    R0014307.jpg R0014306.jpg
    屋外のプチぷよF6がほんのり色付き始めてたんだけど、
    このところの連日の低温の所為で、さすがにもうダメ。

    R0014308.jpg R0014309.jpg
    じつは室内窓際にももう1株。
    元々、屋外の株よりも小さい株で開花も着果もかなり遅かったんだけど、

    R0014311.jpg
    こちらはだいぶ赤くなってます。でも、触っても硬いので収穫はまだ。
    それにしても小さい(^^;
    今年に自家採種したトマトの発芽テスト(トマト、発芽テスト)を8月にして、
    その内のプチぷよF6だけは捨てずに育ててました。

    R0014258.jpg
    10月12日の状態

    R0014259.jpg R0014260.jpg
    催芽スタート(8月20日)から2ヶ月弱、どちらの株も花が咲き始めてます。

    R0014297.jpg R0014300.jpg
    で、今日(11月30日)の状態
    側枝も伸び放題(左写真)だったので整枝(右写真)

    R0014298.jpg R0014299.jpg
    何個かは着果してますが着果率が・・・(^^;
    (9月3日 追記有り)

    トマトは全て撤収しちゃいました。微肥料土耕の泉州水ナスも撤収。

    R0014189.jpg R0014190.jpg
    で、トマトの発芽テスト
    今年は7品種のトマトを栽培しましたが、ショコラは形質が違っていたので採種せず。
    他の6品種のタネを8粒ずつ、8月20日に催芽スタート
    上の写真は昨日(8月23日)の撮影
    アロイは5粒、プチぷよF6は8粒全て発根

    R0014191.jpg
    これも昨日(8月23日)の撮影
    ジャーマン・ジャイアントが3粒、パープル・バンブル・ビーが1粒だけ発根

    R0014192.jpg
    今日(8月24日)の撮影
    ジャーマン・ジャイアントが4粒、パープル・バンブル・ビーは6粒が発根してます。
    でも、リドルタとプラムレモンが全く発根してません。

    --- 9月3日 追記 --------
    催芽スタートから2週間、最終的に
    アロイ、プチぷよF6、パープル・バンブル・ビーは8粒全て発根
    ジャーマン・ジャイアントは7粒、リドルタは3粒だけ発根
    プラムレモンは全く発根しませんでした。また後日テストしよう。
    ---追記ここまで----------

    R0014185.jpg
    ついでに、ナスの採種果

    R0014186.jpg R0014187.jpg
    賀茂ナスの採種果は1果だけで良かったのですが、ついつい採り遅れてしまったのを
    残して各株から1果ずつ。でも、タネを残すのは大きいだけかな?

    R0014188.jpg
    泉州水ナスは微肥料土耕2代目の採種果

    ナスはもうしばらく室内で追熟してから採種します。