R0014369.jpg
    3月10日に催芽をスタートした今年のトマトとナス

    R0014370.jpg
    左から、ブラッシュ・タイガー、スプライト、ベルナーロゼ、リドルタ
    ブラッシュ・タイガーは、いずみさん(いずみのベランダ水耕覚書)に頂いた品種で、
    うちでは初めての栽培。
    それに久しぶりの品種、スプライトは2011年以来、ベルナーロゼは2014年以来。
    リドルタはサンマルツアーノ系品種で調理用。昨年に自家採種したタネの発芽率が
    悪くて発根も遅かったのでまだ小さい。

    R0014371.jpg
    左2株は、これも久しぶり(2010年以来)のワイルド・チェリーじゃなくて偽物の方(笑)
    右2株はプチぷよF7。
    プチぷよは固定種じゃないし、偽ワイルド・チェリーも交雑かもしれないので2株ずつ。

    R0014372.jpg
    今年のナスは山科茄子

    R0014373.jpg
    ポット上げされなかった苗達。
    毎年のことだけど・・・、もったいないけど場所も無いので仕方がない。ゴメン。
    DSC01073.jpg
    秋トマトを収穫。明日はもう立冬なので、明日からは冬トマト?
    左からスプライトの初代と2代目、それにホワイト・カラント

    スプライトの大きさが全然違う~。
    初代も6月頃には、2代目と同じくらいの大きさがあったん
    だけどなぁ。
    2代目にも小さいのがあるけど、大きいのは3cm強の8gくらい。
    大きいのから、3代目になるタネを採ろうと思っていたのに、
    タネが全く無い。今日収穫した大小14個全てに1粒もタネが
    入ってませんでした。あれ~、トマトトーン処理してたっけ?
    収穫したのは1つの果房からだけじゃないし、複数の花房には
    トマトトーンしてないと思うんだけどなぁ。

    それと、ミニトマトって子室数が2つが普通だと思うんだけど、
    この大きさで3つのものがありました。それも大きいものだけ
    じゃなく、小さくても3子室のものもあって、本当はもっと大きな
    中玉くらいになれる素質がある品種なのかなぁ?
    それとも、もしかして交雑してる?
    う~ん、わからん。

    DSC01071.jpg
    今年1個しか収穫できなかったアロイトマトをそのまま放置
    してたら、また着果してました。
    まだ500円玉くらいの大きさしかないけど、2個目の収穫が
    できるかも?この他にも小さいのが数個着果しているので、
    冬アロイに期待していい?

    DSC01072.jpg
    同じく放置してあった養液土耕のブラックプリンスも、また着果
    してます。

    アロイもブラックプリンスも、ほとんどの葉っぱが枯れて、
    緑なのは生長点の近くだけだし、そろそろ片付けたいと
    思っていたのに・・・。
    DSC01032.jpg
    ホワイト・カラントがやっと色付いて来ました。
    実際は写真よりはもっと色が薄くてクリーム色って感じです。
    トマトトーン処理した第1花房は、大きくならずに枯れてしまった
    ので、9月末には収穫?って期待はハズレてしまったけど、
    もう少しで収穫できそうです。
    赤以外のトマトは収穫タイミングがよく判らない。(笑)

    DSC01034.jpg
    同じ養液槽にセットしている2代目スプライトも着果。

    DSC01035.jpg
    全体像は・・・下の方がスカスカ(^^;
    台風15号で枝を折られて、やっと復活してきた状態なので
    頭でっかちになっちゃいました。
    手前がホワイト・カラントで、奥が2代目スプライトです。

    DSC01038.jpg
    春播きの初代スプライトの方も、酷暑を乗り切って着果数が
    増えて来ました。でも、夏前に収穫した果実や、今着果して
    いる2代目と比べてちょっと小さい。

    DSC01036.jpg
    凄い勢いで花を咲かせています。
    主枝から分枝してしばらく伸びると、そこから節間が詰まって
    分枝と花房が多くなり、茎も細くて枝と花房が同じ様な太さ
    なので、もうゴチャゴチャです。
    葉っぱよりも花房の方が多い?って感じです(笑)

    DSC01040.jpg
    まだメッチャ小さいけど、ハスキィ・チェリー・レッドもやっと
    着果してくれました。
    トマトトーン処理をしていなかったし、先週まで900mlのペット
    ボトルのままで、液肥切れで度々グッタリさせていた所為で
    落花ばかりでした。

    DSC01041.jpg
    先週まで地這いみたいに横たわって伸びていたので、
    枝が曲がったり下を向いていたり(笑)
    台風の進路予想が昨夜よりもだいぶ西になり、今のところ
    直撃では無い様だけど、西を通過する方が風が強くなるよね。
    日本海に抜けてからも西よりを通って、東北地方への影響が
    少ないといいんだけど。

    DSC00990.jpg
    昨日、ゴールデン・サンレイの最後の1果を収穫。
    ヘタのところから裂果しまくりです。
    一部傷んでいるところを切り落として食べましたが、
    やっぱりフルーティなお味。結局14果で終了。

    他は今日の収穫です。
    ブラックプリンスもパックリ裂果してます。
    1つだけブラックプリンスらしいプラム形で裂果してません。
    ちょっと小さくて33gしかないけど、これのタネも残しておこう。
    ブラックプリンスも、もう着果しているのが無いので、これで
    終了かも?トータル37果

    左下はたぶん今年最初で最後?のアロイトマト、42gしかない。
    う~ん、プランターで微肥料は難しいなぁ。

    一番ちっちゃいのはスプライト
    春播きスプライトの主枝を切って、株元付近から出た側枝を
    残していたものです。
    花はたくさん咲いているんだけど、実が肥大してくれるのが
    少ない。かと言って落花もしない。どうなってるの?
    この台風で一気に落花しちゃうかも知れないけどね。

    DSC00986.jpg
    ゴールデン・サンレイを撤収した養液槽を清掃して、
    ホワイト・カラントと2代目スプライトをセットしました。
    スプライトにも、やっと花芽が着きました。
    台風大丈夫かなぁ?

    DSC00987.jpg
    もう一本のホワイト・カラント(左)は、コンクリートフェンスの
    手すりにビニール紐で誘引。
    右のはチベット・アップルを1本だけまだ残してました。

    DSC00989.jpg
    ハスキィ・チェリー・レッドともう1本のスプライトは
    まだあまり大きくないので、室内に退避。
    DSC00970.jpg
    第2弾のトマトがだいぶ大きくなりました。
    早く養液槽にセットしてあげたいんだけど、なかなか空きが
    無くて、ゴールデン・サンレイの最後の1果は、まだ色付く
    気配がありません。
    このままの状態で、もしも台風11号がやって来たらポキッ
    と折れてしまいそうです。

    DSC00971.jpg
    ホワイト・カラントの第1花房が咲きました。
    第1花房だし、まだ気温が高くて落花し易いと思うので、
    念の為トマトトーンを散布しておくかな?
    上には第2花房も確認できます。

    ミニトマトは開花から完熟までの積算温度が800日度と
    言われているので、1日の平均気温が25度の日が約1ヶ月
    (32日)続けば完熟です。
    これが何とか結実してくれれば、早ければ9月末には収穫が
    できるかも?9月の平均気温ってどのくらいだったかなぁ?

    DSC00972.jpg
    ハスキィ・チェリー・レッドも花芽が確認できました。
    ただ、生長点付近の葉っぱの色が薄いのがチョット気になる。

    DSC00973.jpg
    両端がスプライトで、真ん中がハスキィ・チェリー・レッド。
    相変わらずスプライトはヒョロヒョロで、太さが全然違います。
    スプライトはまだ花芽が確認できません。
    DSC00915.jpg
    (写真は7月23日)
    スプライト(2代目)(7月12日播種)
    ホワイト・カラント(7月15日播種)
    ハスキィ・チェリー・レッド(7月15日播種)

    DSC00940.jpg
    (写真は8月3日)
    7月27日にポット上げし、8月3日から屋外で日光浴開始。

    DSC00957.jpg
    で、播種から約1ヶ月の今日の状態です。
    一番手前のスプライトは、右側はヒョロヒョロだし、左側は
    何だか色がチョット薄い。
    真ん中のホワイト・カラントは、結構背が高くなっているけど、
    スプライトの様にヒョロッとした感じではありません。

    DSC00958.jpg
    向きを変えて、手前がハスキィ・チェリー・レッドです。
    高さの割りには太くてドッシリ感があります。

    3品種とも、まだ花芽らしきものは見当たりません。
    早く養液槽にセットしてやりたいんだけど・・・。
    特にホワイト・カラントは、今日の様に風が強いとチョット心配。

    DSC00964.jpg
    次が控えているのに、古株がしつこく粘ってます。
    ゴールデン・サンレイの残り3果の内2果が色付いてきました。
    新しい花も咲いているけど、今更着果しても困るので、整枝して
    液肥消費を抑えたいと思ってます。

    DSC00963.jpg
    最後の1果を反対側からアップで。
    これが色付いて収穫できれば撤収して次に引き継げるんだけど、
    今月中にはムリかなぁ?
    月末になっても粘っていたら、もう無理やり引退勧告ですね。
    DSC00939.jpg
    まだ真っ赤になってないのもあるけど、全部収穫しちゃいました。
    粒が小さいので、これだけで300個くらい有ります。
    結局トータルで964個の収穫で、1000個には届きませんでした。
    大きくても5g、平均で3-4gくらいだと思うので、個数は多くても
    大した量ではありません。
    途中でまた液肥切れさせちゃったから仕方がないですね。

    DSC00941.jpg
    小さいのを収穫するのも面倒だけど、1粒ずつ食べるのも
    面倒になって、全部潰してジュースにしちゃいました。
    粒が小さいって事は皮やタネの割合が多くて、そのままだと
    口当たりが凄く悪いので、キッチリ取り除いたら500mlの
    ペットボトルにこれだけの量のなりました。
    かなりドロッとしてて、カゴメや伊藤園の「1日分の・・・」
    とかって商品より粘度が高い感じになっちゃいました。

    DSC00938.jpg
    液肥切れのあと、ワイルド・チェリーは復活しませんでしたが、
    同じ養液槽のゴールデン・サンレイは復活して今は元気です。
    イメージ的には、原種に近い方が乾燥に強いんじゃないのって
    思ったけど、ワイルド・チェリーは乾燥に弱いのかな?
    ゴールデン・サンレイは今3個着果してて、まだ真っ青だけど
    それを収穫したら撤収して、次の若い苗に引き継ぎます。

    DSC00940.jpg
    引き継ぐ若い苗達は、手前からスプライト、ホワイト・カラント、
    ハスキィ・チェリー・レッドが2本ずつです。
    ゴールデン・サンレイ撤収後は、スプライトとホワイト・カラント
    を1本ずつセットする予定で、その他はまだ決めてません。
    スプライトはやっぱりなんだかヒョロッと感が・・・。
    ドワーフ品種のハスキィ・チェリー・レッドはスローペースです。
    DSC00914.jpg
    スプライトをほとんど収穫しちゃいました。
    これでトータル277個

    DSC00910.jpg
    この果房の他はポツポツ残っているだけだけど、30個くらいは
    有るので、なんとかトータル300個には届きそう。
    ペットボトルだし狭いスペースなので、まあこんなもんでしょう。

    DSC00915.jpg
    秋冬用トマトも準備中です。
    右が自家採種のスプライト2代目です。
    中がホワイト・カラント、ワイルド・チェリーに姿形がそっくりの
    色違い。ワイルド・チェリーより甘いらしい。
    左がハスキィ・チェリー・レッド、草丈75cmのドワーフ品種で
    冬に室内の窓際でも育てやすいんじゃないかな?

    昨日、天の橋立の方に行ってて、その帰り道に丹波市や
    篠山市の産直売場に寄ったんだけど、丹波黒の枝豆はまだ
    ありませんでした。道路沿いにも黒豆畑がたくさんあったけど
    まだまだ小さくて、たぶん草丈30cmくらいだったと思う。

    DSC00912.jpg
    枝豆は無かったけど、色とりどりのミニトマトの袋詰めを
    見つけ、アイコ以外は食べた事が無いので、思わず買って
    しまいました。結構トマト地獄の状態なのに・・・(^^;
    で、綺麗に並べてパチリ
    アイコ:4個
    イエローアイコ:3個
    トスカーナバイオレット:4個
    ピッコロカナリア:4個
    サンチェリープレミアム:2個
    ピンキー:1個
    だと思います。まだ食べてません。
    全部F1品種なので、タネ採りはしないと・・・思う。多分。(笑)
    DSC00890.jpg
    じつは7月11日にゴールデン・サンレイを初収穫してましたが
    更新さぼってました。152gと102gです。

    DSC00891.jpg
    大きい方の切断面、ゼリー部が少ないですね。
    第1果房はトマトトーンを使ったので、やっぱり大きくなった
    タネがほとんど無い。(その後に収穫した第2果房の実には
    ちゃんとタネが有ったので採種しました。)

    切った途端にフルーティな香り。
    昨年のイエロー・ブランディワインほどでは無いがゼリー部の
    酸味が強めです。やっぱりイエロー系は酸味が強いのかなぁ?

    それと皮がちょっと硬め。ただ、ブラックプリンスやチベット
    アップルも初収穫の頃と比べると最近は硬い様な気がするし、
    完熟に近いほど硬く感じるからなのか・・・?

    DSC00897.jpg
    今日の収穫のワイルド・チェリーとスプライトです。
    雨に当たっても、どちらもほとんど裂果しませんが、ワイルド
    チェリーの方は、収穫の時にヘタの部分から裂果する事が
    よく有ります。ガクの実離れが悪くて、裂果させないでガクを
    取り除くのがなかなか難しいので、食べるまでつけたまま。
    ガクの部分を持ってお口に運ぶと、ガクのトマト臭がなかなか
    強いです。

    スプライトの方は簡単にポロッと取れるので収穫も凄く楽。
    強風に煽られて熟した実が時々落果しているけど。(笑)

    DSC00893.jpg
    今年もやってしまった液肥切れ。orz
    気付くのが早かったのですぐに給水したら、数時間後には
    炎天下でもシャキッと復活してくれてました。
    ところが、その翌日にはちゃんと液肥が入っているのにまた
    グッタリしてしまいました。
    液肥をチェックしたり、全部抜いて水だけにしてみたり、
    だけど復活しそうにありません。
    昨年は赤い実も緑の実も全部落果しちゃったけど、今年は
    落果しないのがせめてもの救い。新しい花が咲かないので、
    いま着果しているのを収穫したら終了になりそうです。
    DSC00850.jpg
    今日の収穫
    右の4つが初収穫のスプライト
    真ん中はワイルド・チェリー
    千成キュウリはこれで46本目、なかなか順調です。

    DSC00851.jpg
    スプライトの切断面
    子室数は2つだけど、ゼリー部が少なくて肉厚です。
    最初に甘味が来て、あとから酸味が広がります。
    ただ、タネが大きくなってないので、収穫が早過ぎてまだ熟して
    ないのか?完熟したらもう少し酸味が少なくなるのか?
    それとも、第1果房はトマトトーンを散布したので、受粉しないで
    着果してタネが出来ていないのか?

    皮が薄くて食べやすいし、バランスが良くて美味しいトマトです。
    同じプラム型のアイコも栽培した事があるけど、アイコは皮が
    固くて、また栽培しようとは思わなかったけど、これならまた
    作りたいと思います。
    でも、私の育苗が下手くそだからなんだけど、ブッシュ・トマトの
    はずなのに、何故か徒長し易いんですよねぇ。
    今年ワイルド・チェリーを栽培している場所で、来年はスプライト
    を栽培して収量アップを狙おうかなぁ?

    DSC00848.jpg
    ブラックプリンスが、この2日間で急に色付いて来ました。
    黒系は初めてなので収穫タイミングが難しそうです。

    DSC00847.jpg
    チベット・アップルもお尻の方からほんのり赤くなって来ました。