上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    R0014659.jpg R0014660.jpg
    微肥料土耕のアロイと泉州水茄子を片付けた8月19日に、山ごぼう(モリアザミ)も
    一緒に撤収するか迷ったのですが、もうすぐ花が咲きそうなので残してました。

    R0014675.jpg
    でも・・・、台風20号に先端を折られてツボミが無くなっちゃいました(^^;

    R0014677.jpg
    で、山ごぼうも撤収(収穫)。みじかっ!
    右端がツボミを付けてた株だけど意外と小さかった。それより地表付近の根が凄い。

    R0014678.jpg
    葉っぱを取って土を洗ったら・・・、たったこれだけ(笑)
    少ないけどみそ漬けにします。
    関連記事
    スポンサーサイト
    R0014385.jpg
    微肥料土耕のプランター
    根菜類の記事を全然書いてませんでしたが、2月には伊吹大根の収穫が全て終わり、
    3月中旬にはアロイトマトと泉州水茄子を直播き(保温無し)してました。

    R0014382.jpg
    手前(左)のプランターは、カテ違いなんですが・・・、山ごぼう(モリアザミ)
    大根は簡単に収穫できるけど、山ごぼうの収穫は面倒でほったらかしてました(^^;
    冬には地上部が完全に枯れてしまいましたが、3月にまた芽吹いて来ました。
    で、花を咲かせるか?でもかなり背が高くなりそうだし・・・。

    R0014377.jpg R0014378.jpg
    真ん中のプランターはアロイトマト
    3月末には芽が出てきて、いまは小さな本葉が確認できる状態。

    R0014381.jpg R0014379.jpg
    奥(右)のプランターは泉州水茄子
    こちらはアロイよりチョット遅れて、昨日やっと芽が出ていることに気付きました。
    いっぱい播きすぎ?(笑)
    伊吹大根を育てている時に芽を出したパセリ(こぼれタネ)もそのまま残してます。

    R0014383.jpg R0014384.jpg
    屋外で育苗中のベルナーロゼ(左写真)と山科茄子(右写真)
    トマト・ナスはいつも、催芽→プリンカップで芽出し→ポット上げ、その後4月下旬まで
    室内で育苗しているんだけど、チョット実験。
    プリンカップには発根したタネを4粒ほど播くので、余った発根タネをポットに直播きし、
    屋外日向(保温無し)に置いてました。山科茄子もやっと芽を出してくれました。
    R0014206.jpg
    微肥料土耕の根菜達

    R0014207.jpg
    山ごぼう(モリアザミ)
    間引きをしてないのでかなりゴチャゴチャですが、今のところ順調?

    R0014208.jpg R0014209.jpg
    伊吹大根の片方のプランターは既に1株ずつに間引き済み。
    初生皮層もパックリ。

    R0014210.jpg R0014212.jpg
    もう片方のプランターは4株ずつのまま未だ間引きしてませんでした。
    こちらも既に初生皮層が割れてます。

    R0014213.jpg R0014217.jpg
    で、1株ずつに間引き。
    もちろん間引き菜は美味しく頂きました。

    R0014214.jpg R0014215.jpg
    間引きを済ませた大根のプランターに雑草が・・・、と思ったが、
    ん?もしかしてパセリ?すぐ隣に置いていたパセリを見たら、

    カテ違いですが、パセリは8月に採種を済ませ、バッサリ切って葉っぱも何も無い状態
    で放置してあったのですが、いつの間にか新しい葉っぱがニョキニョキ。
    それに、こぼれタネもたくさん発芽してます。
    パセリとダイコンの相性は、まあまあ良い様なのでこのまま混植で様子を見ます。
    ナスとの相性も良いので、来春はパセリを残したまま泉州水ナスを播いてもいいかも?
    R0014193.jpg
    深型プランターは3つとも微肥料土耕
    左のプランターは採種の為に6月まで伊吹大根を栽培してました。
    真ん中はアロイ、右は泉州水ナスを8月中旬まで栽培していたプランター。

    R0014194.jpg
    昨年は発芽後にコガネムシの幼虫に全滅させられた山ごぼう(モリアザミ)
    今年は7月9日に播いてここまで育っているので、たぶん幼虫は居ないでしょう?
    かなりゴチャゴチャしてますが、あまり太くなって欲しくないので間引きません。

    R0014195.jpg R0014196.jpg
    6月に採種した伊吹大根を8月27日に播種(2つのプランターにそれぞれ4箇所4粒ずつ)
    1箇所は2粒しか発芽してませんが、他は4粒とも発芽してます。
    昨年は2009年に購入したタネで発芽率が悪かったのですが、やっぱり新しいタネは
    発芽率が良いですね。タネ更新ができて良かった。
    根菜を全て収穫しました。でも今日じゃなくて10日前の2月8日(^^;
    収穫して写真だけ撮って記事にしてませんでした。

    R0012943.jpg
    左端の1本が伊吹大根で、他は山田ねずみ大根
    アオムシに葉っぱを丸裸にされた事と、微肥料だからですかねぇ?
    もう少しちゃんと育ってくれていたらタネ採りするつもりだったんだけどなぁ。
    特に伊吹大根はタネを採りたかったのに。

    R0012944.jpg
    本紅金時人参
    チョット細めだけど長さはこんなもんですかねぇ?
    この写真では色がよく判らないけど、

    R0012946.jpg
    土を洗って、スーパーで購入した普通の洋ニンジンと比べると、赤いのがよく判る。
    日に当たっていた部分は紫になってる。

    R0012945.jpg
    山ごぼう(モリアザミ)
    これはチョット太過ぎ。右端の株は二股になっているけど、食べるにはこれくらい
    細い方がいい。次回は太くならない様にもっと密植させてみよう。

    地上部が残っていたのは左端の1本だけ。
    収穫しないでそのままにしておいたら、地上部が無くなった株も暖かくなったらまた
    葉っぱが伸びてきたのかなぁ?
    あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
    今日まで松の内(関西では15日まで?)なので、新年の挨拶もギリギリOK?(笑)
    で、1月7日と言えば春の七草ですが・・・

    R0012917.jpg
    まずは「すずな」(蕪)

    R0012918.jpg
    でも全然太ってない(笑)
    たぶん筋っぽくなっていると思うので、食べるのは葉っぱだけかなぁ?

    R0012912.jpg
    もう一つは「すずしろ」(大根)、うちに有るのはこの2つだけ。
    1本だけ太いふりをしているけど、じつは・・・(^^;
    11月に、アオムシに葉っぱを食べ尽くされてしまい、だいぶ復活したのも有れば、

    R0012913.jpg
    生長点を平らにされちゃったのは全然ダメ

    R0012914.jpg R0012915.jpg
    山ごぼうとニンジンは、微肥料の所為か?葉が枯れて来て、山ごぼうなんて6株有った
    はずなのに・・・、地上部がちゃんと残っているのは1株だけ(^^;
    土の中はどうなっているんだろう?

    R0012916.jpg
    ニンジンも葉っぱが少ないし、根っこもまだ細い。とりあえず1本だけ抜いてみた。

    R0012919.jpg
    ニンジンはなかなか抜けず、引っ張ったら葉が千切れた。太さ3cm、長さ20cmくらい。
    太いふりをしていた大根は、土の上に出ていたのが全てで、土の中は・・・(笑)
    大根は今年も大失敗。う~ん・・・、とりあえず次回は防虫をちゃんとしよう(^^;
    このところブログ更新をサボってますが、サボっているのはブログだけじゃなくて
    野菜の世話も・・・(笑)

    R0012838.jpg
    何日も前からダイコンにアオムシが何匹か居るのには気付いていたんだけど、
    放置してたらこんなことに・・・。葉っぱを食べ尽くされてしまいました。
    気付いていたのならちゃんと駆除しろよってことなんだけどね(^^;

    R0012840.jpg
    生長点も食べ尽くされてます。
    でも、まだこれは新葉が伸びようとしてます。

    R0012839.jpg
    小さいのなんて生長点が平らにされちゃってるし・・・(笑)

    R0012841.jpg
    食べられる葉っぱが無くなったら、次に食べるのはダイコン本体かよ?(笑)
    ところで、何匹か居たはずなんだけど、何故か1匹だけになってた。
    他のは何処に行っちゃったんだろう?

    R0012842.jpg R0012843.jpg
    山ごぼうとニンジンの葉っぱは健在です。
    でも、山ごぼうの葉っぱにはトゲトゲ君が何匹か・・・何者ですかねぇ?
    ちゃんと駆除しました(笑)
    昨年はやらなかった根菜、今年は深型プランターで普通に土耕で(笑)

    R0012754.jpg R0012757.jpg
    7月28日播種の、手前が山ごぼう(モリアザミ)、奥が本紅金時人参
    微肥料だからか、もう2ヶ月以上になるのに大して育ってない。
    ニンジンなんて間引きもしないで放置してたし・・・、で、やっと間引き(^^;

    R0012755.jpg R0012758.jpg
    9月11日播種の伊吹大根
    これはアロイトマトを栽培していたプランター
    アロイ撤収後に少しだけボカシを入れてから、と思っていたのに、そのままタネを
    播いてからボカシを入れ忘れたのを思い出した。その後も追肥はしてません。
    4箇所に5粒ずつ播いたけど、発芽率が悪くてほとんど間引きの必要無し(笑)
    奥の2箇所が2株ずつになっていただけ。

    R0012756.jpg R0012759.jpg
    9月11日播種の山田ねずみ大根
    これは泉州水ナスを栽培していたプランター
    同じくボカシを入れ忘れたままタネ播きし、その後の追肥も無し。
    こちらは発芽率が良かった(笑)

    R0012753.jpg
    9月11日播種の、みやま小かぶ

    R0012761.jpg
    播き過ぎだし徒長しまくり。もう間引くのも大変(笑)

    R0012762.jpg
    なんとか間引きはしましたが・・・、ちゃんと育つと思えない(^^;
    記事にもしないでひっそり撤収しちゃうかも?(笑)

    それにしても、相変わらず間引きは苦手です。
    もったいないとかは思わないけど、どれを間引いてどれを残すかの判断が・・・(^^;

    R0012763.jpg
    で、間引き菜(左から、ニンジン、ダイコン、コカブ)
    ニンジンとダイコンの葉っぱは、刻んでごま油で炒めて、味付けは醤油のみ。
    コカブの葉っぱはそのまま汁に入れただけ。どちらも美味しく頂きました。
    食べ終わってから、そう言えば間引き菜って食べても良かったのか・・・?(^^;
    タネ袋を確認したら、ニンジン以外は種子消毒も種子加工も無し。
    でもニンジンのタネ袋には種子消毒についての記載無し。まあ、着色もされてないし、
    記載が無いって事は消毒してないと思っていいのかなぁ?