R0014218.jpg
    蔓下ろしをしつつドンドン伸ばしていたキュウリも、もう果実が肥大しない。
    ってことで終了。
    今年の収穫本数は、F7がどちらの株も70本ずつ、F6はどちらの株も75本ずつ。
    偶然にも、F7もF6も2株が同じ収穫本数になりました(笑)
    この数年の中ではなかなか良い結果でした。

    R0014219.jpg
    F7の親蔓の長さは、7.15mと6.65mくらい

    R0014220.jpg
    F6の親蔓の長さは6.70mと6.90mくらい

    R0014226.jpg
    で、採種果ですが・・・
    ホントは1株に1果ずつにしたかったんだけど、F6の1株だけ3果も(笑)
    7月21日に人工授粉をして、その後なかなか肥大しないので7月29日にも人工授粉。
    それも肥大しないので8月4日にも人工授粉。結局3果ともあまり大きくなってない(^^;
    いつもは採果後に追熟をするんだけど、今年は既にフニャフニャになっているので、
    もう中身を確認します。

    R0014227.jpg R0014228.jpg
    まずはF7から・・・、う~ん、ダメだなぁ。小さい未受精タネばかり。

    R0014229.jpg
    F6(右端の株)も・・・、全然ダメ。

    R0014230.jpg R0014232.jpg
    1株に3果着けたF6も・・・全滅?と思ったら、

    R0014231.jpg R0014233.jpg
    7月29日に人工授粉した1果から1粒だけ水に沈むタネが・・・(笑)
    でも何か凹んでるし、ちゃんと発芽するか怪しい(^^;

    R0014234.jpg R0014235.jpg
    ついでに、8月24日に採果して室内で追熟していた泉州水ナスの採種も。
    う~ん、いつものナスと全然違う。泉州水ナスは水分が多いからかなぁ?
    でも、泉州水ナスは2015年にも採種しているけどこんなんじゃ無かった。
    まあ若干の発酵臭が有るけど腐ったって感じではない(笑)

    R0014236.jpg
    これだけあれば十分なんだけど、ナスにしてはタネ数があまり多くない。
    R0014206.jpg
    微肥料土耕の根菜達

    R0014207.jpg
    山ごぼう(モリアザミ)
    間引きをしてないのでかなりゴチャゴチャですが、今のところ順調?

    R0014208.jpg R0014209.jpg
    伊吹大根の片方のプランターは既に1株ずつに間引き済み。
    初生皮層もパックリ。

    R0014210.jpg R0014212.jpg
    もう片方のプランターは4株ずつのまま未だ間引きしてませんでした。
    こちらも既に初生皮層が割れてます。

    R0014213.jpg R0014217.jpg
    で、1株ずつに間引き。
    もちろん間引き菜は美味しく頂きました。

    R0014214.jpg R0014215.jpg
    間引きを済ませた大根のプランターに雑草が・・・、と思ったが、
    ん?もしかしてパセリ?すぐ隣に置いていたパセリを見たら、

    カテ違いですが、パセリは8月に採種を済ませ、バッサリ切って葉っぱも何も無い状態
    で放置してあったのですが、いつの間にか新しい葉っぱがニョキニョキ。
    それに、こぼれタネもたくさん発芽してます。
    パセリとダイコンの相性は、まあまあ良い様なのでこのまま混植で様子を見ます。
    ナスとの相性も良いので、来春はパセリを残したまま泉州水ナスを播いてもいいかも?
    R0014201.jpg
    8月27日にポットに直播きしたエンドウ
    左の2ポットがあずみ野、右の2ポットが豊姫

    R0014202.jpg
    あずみ野は既に直立できずに寝てしまってます。
    台風が近づいていて、このままでは強風に耐えられないのでは・・・?

    R0014203.jpg
    ってことで養液槽にセットして支柱に・・・

    R0014205.jpg
    あずみ野は草丈25cmくらいなので何とか茎止めクリップを使って支柱に固定。

    R0014204.jpg
    豊姫の草丈は未だ15cmくらいなので支柱に届かない(1株だけギリギリ固定)
    なので紐で誘引、何とかこれで台風に耐えてくれ。
    R0014198.jpg R0014199.jpg
    もう十六ササゲがボロボロ。
    葉っぱがいっぱい落ちるので早く撤収しなくては(^^;

    R0014200.jpg
    今年もエンドウを夏播き(8月27日にポットに直播き)
    あずみ野(30日豌豆)は昨年も栽培。今年のスナップエンドウは大莢の豊姫。
    R0014193.jpg
    深型プランターは3つとも微肥料土耕
    左のプランターは採種の為に6月まで伊吹大根を栽培してました。
    真ん中はアロイ、右は泉州水ナスを8月中旬まで栽培していたプランター。

    R0014194.jpg
    昨年は発芽後にコガネムシの幼虫に全滅させられた山ごぼう(モリアザミ)
    今年は7月9日に播いてここまで育っているので、たぶん幼虫は居ないでしょう?
    かなりゴチャゴチャしてますが、あまり太くなって欲しくないので間引きません。

    R0014195.jpg R0014196.jpg
    6月に採種した伊吹大根を8月27日に播種(2つのプランターにそれぞれ4箇所4粒ずつ)
    1箇所は2粒しか発芽してませんが、他は4粒とも発芽してます。
    昨年は2009年に購入したタネで発芽率が悪かったのですが、やっぱり新しいタネは
    発芽率が良いですね。タネ更新ができて良かった。