R0013889.jpg
    千成F6(左)と千成F7(右)
    いつものことですが・・・、小さなプリンカップのまま放置し過ぎ(^^;
    F6が4株とF7が3株なので予備苗も含めて3株ずつポット上げするつもりでしたが、

    R0013891.jpg
    F7は1株(右端)の本葉が奇怪しい。子葉も他より小さめ。

    R0013895.jpg
    で、F7は2株にしてF6を4株ポット上げ。
    どんな形質になりますかねぇ?それに雄花も咲いて採種もできますかねぇ?
    肝心の収量は年々減ってる様な気もするけど・・・(笑)
    R0013879.jpg
    イチゴの桃薫が花をたくさん咲かせてます。
    これは、右隣のペットボトル水耕の2株から伸びたランナーをプランターの土の上に
    適当に放置しておいただけで、太郎も二郎も三郎も全て混在で何株あるかも不明(笑)
    ちゃんと人工授粉をしないとダメかなぁ?めんどくさいなぁ(^^;

    R0013880.jpg
    ペットボトル水耕の方は・・・、手前の株は完全に枯れてます。
    奥の株は何とか生きてますが花は見当たりません。

    R0013881.jpg
    プランターハンガーでコンクリートフェンスに設置している日向土の3株は、
    左から、おおきみ、まんぷく2号、桃薫。
    日当たりは良いのですが風雨に曝される環境なので、こちらの方が低温になるかも?
    肥持ちも良くないだろうし、やっぱり日向土が良くない?(^^;

    R0013882.jpg
    おおきみには花が咲き終わった痕跡が・・・(^^;
    昨夏に子苗を取り損ねたのでこの1株しか無い。とりあえず今年は苗取りをしたい。

    R0013883.jpg
    まんぷく2号は花を咲かせてます。でも最初の写真の桃薫と比べると寂しい(笑)
    大粒品種のはずなのに花が小さい(^^;
    これも子苗を取り損ねてこの1株だけなので今年こそ・・・。

    R0013885.jpg
    こちらの桃薫は・・・、真ん中にツボミを着けているが・・・

    R0013886.jpg R0013888.jpg
    1株だけ残っている四季なりの優香。これもほとんど放置(笑)
    いつの間にか小さな実が・・・、でも既に萎びて食べる気もしない(^^;

    うちではイチゴが上手くできたことが無いんだけど・・・
    まあ、ほとんど放置したままなのでちゃんとは育たないよなぁ(^^;
    R0013877.jpg R0013878.jpg
    4月1日に微肥料プランターに直播きしたアロイトマトがいつのまにか発芽してた。
    2箇所に4粒くらいずつ播いたんだけど片方には1株しか芽を出してない。
    まあなんとか2箇所とも育ってくれるのでは・・・?
    (一緒に直播きした泉州水ナスの方は未だ全然)

    ついでに水耕トマトの今日の状態(ポット上げは4月6日)
    R0013874.jpg
    プチぷよF5は形質がどうなるか・・・?ってことで、これだけは2株ポット上げ

    R0013872.jpg R0013873.jpg
    芽を出した時に茎がクルンと1回転してたジャーマン・ジャイアントは、
    その名残なのか本葉1枚目の所でクイッと曲がってる。

    R0013870.jpg R0013871.jpg
    リドルタ(左写真)がなんかヒョロい?(^^;
    右写真はプラムレモン

    R0013868.jpg R0013869.jpg
    ショコラ(左写真)とパープル・バンブル・ビー(右写真)
    この2品種だけは3月下旬(だったと思う)にポット上げ。
    なので、他の品種よりチョット大きくなってる。

    R0013876.jpg
    賀茂茄子も4月6日にポット上げ
    R0013847.jpg
    4月2日からオクラもスタート
    オクラはいつも少量の水(時々交換)に浸け、発根してから日向土(細粒)に埋めます。
    白オクラの楊貴妃とエメラルドはどちらも昨年に自家採種したタネ。
    どちらも発芽テストをしてませんでしたが、8粒ずつ催芽して全て発根。
    ただ、今年の本命オクラはこれでは無くて・・・。

    白い丸莢オクラA 白い丸莢オクラB
    またまたポチッっちゃいました(^^;
    楊貴妃も白くて丸莢で同じなんだけど何が違うの?って感じですが・・・(笑)

    楊貴妃のタネ袋には「肥大20cm以上になるが柔らかい」となっていますが、
    白い丸莢オクラは「莢の長さが15cmぐらいになっても固くならず」となっているので
    若干早めに収穫した方が良いのかも知れません。でも楊貴妃でも昨年は20cm近く
    だと筋っぽくなっていたので変わらないかなぁ?
    では、なぜ白い丸莢オクラをやろうと思ったのか?
    「一般的な丸莢品種と比べて草丈が低いので」この一文です(笑)
    まあホントに低めなのかどうか判りませんが、節間が短めだったらいいなぁ。
    ってくらいの感じです。どうですかねぇ(笑)
    ただ、この名前はどうも好きになれないんだけど・・・(^^;

    R0013848.jpg
    でも・・・、白い丸莢オクラはまだ全然発根してない(^^;
    楊貴妃とエメラルドは吸水して一回り大きくなっているのに、これはあまり膨らんだ
    感じがしないんだよなぁ。ちゃんと吸水してるんだろうか?
    まあこのままダメだったら今年も楊貴妃がメインになるかも?(笑)

    R0013844.jpg
    キュウリは昨日スタートで(写真では判りにくいが)既に全て発根。さすがに早い(笑)
    今年はミニキュートをやめて千成だけ。
    F7のタネは採種果でも10cmしかなくて小さかったので、F7だけだと心もとない。
    ってことでF6とF7を2株ずつ栽培する予定です。
    2008年9月に購入したアミノハウス1号と大塚ハウス2号が残り僅か。
    アミノハウス1号の粉末はもう無し。残りは濃厚原液の粉末換算で100g分くらい。
    大塚ハウス2号は粉末が400gと、原液の粉末換算で200g分くらい。ってことで、

    R0013841.jpg
    2013年8月購入のS1号(残り半分くらい)も含めて1号は3袋目、2号は2袋目を購入。
    私か購入した豊田肥料さんだと、アミノハウス1号(5,700円)とOATハウス1号(4,536円)
    の価格差は1,200円ほど。で、アミノハウスの利点は・・・よく判らない(笑)
    OATハウス1号でもいいかなぁ?とも思ったのですが、今の使い方(A処方1/2濃度)だと
    粉末10kgは13,333Lの養液になるので、養液1L当りに換算すると0.1円以下。1年間の
    使用量でも200~250円ほどなので、結局アミノハウス1号を買っちゃいました。
    なんかせこい計算してるなぁ(笑)

    今までと同じペースなら(OATハウスS1号も含め)全部使い切るのに8~9年?
    これでまたしばらくは野菜作りに飽きる訳にはいかなくなりました(笑)
    まためんどくさい小分け作業をしなくては・・・。